中日新聞杯2018レース後騎手コメント | Cデムの確変スタートか!?

重賞・レース後コメント

中日新聞杯2018が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントと個人的な感想を掲載しています。

スポンサーリンク

2018中日新聞杯結果・感想

  • 1着:ギベオン(1番人気)
  • 2着:ショウナンバッハ(12番人気)
  • 3着:ストロングタイタン(7番人気)
  • 4着:レイホーロマンス(8番人気)
  • 5着:メートルダール(3番人気)
  • 8着:マイスタイル(2番人気)

前走大敗したギベオンがきっちり巻き返して優勝。

最後はかわされたと思いましたが差し返してきましたね。

今年は重賞だとパッとしなかったデム弟が反撃ののろしをあげました。

中央でもローカルでも吹き荒れる3歳馬旋風。

 

忘れた頃にやってくるショウナンバッハが2着。

前走3番人気で惨敗→12番人気で激走。

生粋の穴馬ですね。

勝ったかと思いましたが惜しくも2着。

次に買うのは二桁人気になるまで待っておけばいいかな。

 

ストロングタイタンが3着。

ショウナンバッハよりレイホーロマンスより何よりこの馬の好走が一番ビックリしました。

心房細動空けでプラス36キロの馬買えないよ…。

 

前に行った馬が全滅しましたね。

マイスタイルはそこそこのペースで行って粘るタイプだと思ったいたのですが。

前走厳しいレースした反動もあったのかも。

ドレッドノータスも展開的に厳しかった。

差しが決まる展開になると来るかなぁと思っていたハクサンルドルフは不発。

同じく上がりかかるようになればチャンスかと思っていたグレイルも不発。

競馬って難しいねホント…。

2018中日新聞杯後コメント

1着 ギベオン(C.デムーロ騎手)
「良いポジションが取れて折り合ってレースが出来ました。良い感じで上がって行けました。直線も良い脚でよく走ってくれました」

2着 ショウナンバッハ(鮫島克駿騎手)
「なるべく風の影響を受けない位置でレースをしました。この馬の持ち味はしっかり出してくれたと思います」

3着 ストロングタイタン(B.アヴドゥラ騎手)
「スタートが良く、良いポジションでレースが出来ました。かわされた時に怯むところがありましたが、そこからまた伸びました。夏に乗った時は心房細動で力を出せませんでした。今日は本来の力の片鱗を見せてくれました」

4着 レイホーロマンス(丸山元気騎手)
「トモが入らずスタートで後ろの位置になりました。最後は51キロもあって良い脚で伸びました」

5着 メートルダール(福永祐一騎手)
「勝ち馬の後ろにつけていたけど、先にショウナンバッハに行かれてしまいました。馬の出来は良かったです」

6着 エンジニア(北村宏司騎手)
「直線に向いて手応えが苦しくなりました」

8着 マイスタイル(田中勝春騎手)
「1コーナーの入りは良かったのですが、今日は上手くハミが抜けませんでした」

10着 ドレッドノータス(中谷雄太騎手)
「レースの流れが速く、脚をためることができなかったです」

11着 ハクサンルドルフ(藤岡康太騎手)
「大外に出して、という指示でした。流れが向くかと思ったのですが…」

12着 エテルナミノル(四位洋文騎手)
「全体的にペースが速く、1コーナーで窮屈になりました。最後は止まってしまいました」

13着 グレイル(津村明秀騎手)
「いい位置で競馬ができたけど、スペースが空きませんでした。左回りはこなせそうな感じです」

http://keiba.radionikkei.jp

↓ポチっとしてくれるとやる気が漲ります!ありがとう!


中央競馬ランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ