天皇賞秋2018レース後コメント | 確変ルメールの前では展開予想など無駄無駄無駄ァーッ!!!

重賞・レース後コメント

天皇賞秋2018が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントと個人的な感想を掲載しています。

 

2018天皇賞・秋 結果

  • 1着:レイデオロ(2番人気)
  • 2着:サングレーザー(4番人気)
  • 3着:キセキ(6番人気)
  • 4着:アルアイン(5番人気)
  • 5着:ミッキーロケット(8番人気)
  • 10着:スワーヴリチャード(1番人気)

 

勝ったのはルメール騎手騎乗レイデオロ。

ルメールはこれで3週連続GⅠ制覇。

2年連続でGⅠ3連勝達成。

 

能力の抜けていたアーモンドアイはともかく、菊花賞のフィエールマンと今回のレイデオロはルメールの凄さを目の当たりにした感じです。

菊花賞も天皇賞も戦前の予想とは違う、ルメールの乗っている馬にとって良い流れになるあたり神がかっているとしか言いようがないかと。

このメンバーならスローはないだろう、逃げ馬いないしまずスローだろう、とか考えるだけ無駄でした。

スーパールメールモード中は展開すら向いてしまう。

 

際どい2着争いを制したのはサングレーザー。

マイナス12キロでちょっとパドックでも細く見えた気がしました。

手応えもそんなによく見えなかったので、鞍上が凄かったのかなーと思ってます。

早い走破時計の反動も考えられますし、もし次マイルCSに別の騎手で出てきたら思い切って軽視しようかと。

 

逃げたキセキが3着。

毎日王冠、天皇賞と前に行って粘り込む形で結果出てますが、次走以降どうするんでしょうかね。

前に行く形だと勝ちきるのは難しいような気も。

 

皐月賞馬アルアインが4着、宝塚記念馬ミッキーロケットが5着。

6着のサクラアンプルールもそうですが、このあたりは自力のあるところを示した感じですね。

 

ダンビュライトは放馬して出走取り消し。

結果的にダンビュライト向きの展開だったのでちょっともったいなかったですね。

出てたら3着争いに顔出してたかも。

 

  • 7着:マカヒキ(3番人気)
  • 8着:ヴィブロス(7番人気)
  • 10着:スワーヴリチャード(1番人気)

この辺は期待を裏切った組。

 

マカヒキは武騎手のコメントにもありますが、ペースが流れるとダメなんでしょうね。

ゆったりしたペースで脚を溜めれる展開じゃないと厳しそう。

 

ヴィブロスはまた大魔神が福永乗せなくなりそう。

ゲートに頭ぶつけてたので大丈夫かな、と思ってみてたらロケットスタート決めてちょっとかかってましたね。

この馬も溜めてこそ、てタイプだと思うので、今回のペースだと中団から進めてても伸びたかはわからないですけど。

 

スワーヴは出負け+挟まれて最後方から。

直線でも伸びる気配無かったですし、最初から走る気なかったのかスタート直後に嫌になったのか…。

割と出遅れるデムーロですけど、これは想像してませんでした。

どっちかっていうとレイデオロの方がスタート心配されてたんですけど。

 

デムさんは土曜のロードクエストも出遅れてましたね。

あっちは出遅れてよかったまである内容でしたけど。

 

レイデオロは年内あと1戦とのことですけど、どこに行くんでしょうか。

ジャパンカップ行って欲しいですけど、ルメール・アーモンドアイとの兼ね合いもあるし、今回きついレースになったので藤沢さんが間隔あける判断しそうな気も。

個人的に香港はやめてほしいなぁ。

そこそこ位の馬が香港行くのはいいんですけどスターホースは有馬とか出て欲しいです。

スポンサーリンク

2018秋の天皇賞・レース後コメント

1着 レイデオロ(C・ルメール騎手)
「僕にとって天皇賞を勝つのは初めてで、今日は大きなチャンスでした。

レイデオロのコンディションが完璧でレースも完璧でした。ずっと気持ち良かったです。
ペースはちょうど良く、とてもリラックスして、外からのプレッシャーもなくスムーズでした。逃げたキセキを注意していました。直線に向いてレイデオロの反応が良く、長く良い脚で頑張ってくれました。

毎レース素晴らしい馬に乗り、良い競馬ができ素晴らしいです。まだこれからも大きなレースがありますから、集中してまた頑張ります」

1着 レイデオロ(藤沢和雄調教師)
「レース間隔を詰めて使いましたが、馬の状態、仕上がりがすごく良くて、力のある馬ですからやれるのではと思っていました。
スタートで遅れることもある馬ですが、今日は良い位置につけられたと思って見ていました。

ペースがあまり速くありませんでしたが、力のある馬ですし、大丈夫だろうと思っていました。
今日のレースを見ると、これくらいの距離が1番良さそうだと思います。

(秋の天皇賞6勝について)これまでもスピードのある馬を預からせてもらって、皆頑張ってくれたと思います。この秋はすでに2回使っていますし、来年も現役という話もありますから、年内はあと1戦になると思います。決まったら早めに発表します」

2着 サングレーザー(J・モレイラ騎手)
「馬にありがたい気持ちでいっぱいです。
スムーズな競馬で手応えが良くて、もしかしたら残り200mで差せると思いましたが、勝ったレイデオロが強かったですね。距離は問題ないです」

3着 キセキ(川田将雅騎手)
「前走より具合が良く、GIに向けて良い状態できてくれました。
最後までしっかり頑張ってくれました。前に行く馬がおらず、自分で組み立てる選択をしました。
勝ったのはダービー馬ですし、キセキも菊花賞馬としてのレースをしてくれました」

4着 アルアイン(北村友一騎手)
「瞬発力勝負で遅くなる競馬は嫌だなと思っていましたが、思いえがいていたイメージ通りのレースができました。

坂のあたりでかわされてから伸びあぐねていました。速いタイムで、相手も強かった中で、集中力を欠きながらも頑張ってくれました」

5着 ミッキーロケット(和田竜二騎手)
「ペースが流れましたし、一番いいところにつけられたと思うのですが…」

6着 サクラアンプルール(田辺裕信騎手)
「あまりペースが流れたレースの経験がなく、競馬がしにくかったです。状態が良かったですし、見切りをつけるのはまだ早いと思います」

7着 マカヒキ(武豊騎手)
「残念です。状態が良いと感じていました。ペースが緩む所がなかったです。脚をためられませんでした。ギアが入らないままだったでしょうか。流れ込んだだけです」

8着 ヴィブロス(福永祐一騎手)
「4コーナーで急に手応えがなくなってしまいました。残念です」

9着 ステファノス(オドノヒュー騎手)
「最後は苦しくなったが、この馬なりに頑張っている」

10着 スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手)
「スタートでぶつかりました。直線も1頭で全然伸びませんでした。今日は久々で気持ちがありませんでした」

10着 スワーヴリチャード(庄野靖志調教師)
「テンションが高かったです。出遅れて挟まれて気持ちも切れてしまったようです。この後はジャパンカップを目指してまた頑張ります」

11着 アクションスター(大野騎手)
「状態は上がっていた。時計が速かったなか、頑張って走っていたと思う」

※ダンビュライトは出走取り消し

http://keiba.radionikkei.jp

↓ポチっとしてくれるとやる気が漲ります!ありがとう!


中央競馬ランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ