ステイヤーズステークス2018レース後コメント | スウェプトオーヴァーボード凄いね

重賞・レース後コメント

ステイヤーズステークス2018が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントと個人的な感想を掲載しています。

スポンサーリンク

2018ステイヤーズステークス結果・感想

  • 1着:リッジマン(1番人気)
  • 2着:アドマイヤエイカン(2番人気)
  • 3着:モンドインテロ(4番人気)
  • 4着:マサハヤダイヤ(9番人気)
  • 5着:アルター(11番人気)

 

史上初の同一重賞4連覇を狙ったアルバートがまさかの回避(右足ハ行)。

その結果オッズが

  1. リッジマン3.9倍
  2. アドマイヤエイカン4.1倍
  3. ヴォージュ4.7倍
  4. モンドインテロ4.9倍

稀に見る割れ模様に。

そして結果は順当という変な感じの決着。

 

リッジマンは好位追走から抜け出して突き放す完勝劇。

距離が長かった、的なコメントを出す陣営がいくつかあるんですが、この馬の父はスウェプトオーヴァーボード。

 

これでスウェプトの子供は

スプリンターズステークス連覇したうえにステイヤーズステークスを制覇。

(スプリンターズSはレッドファルスクス)

ダートでもオメガパフューム出していますし、ある意味ディープより凄いぞ!

 

個人的にスウェプトオーヴァーボードの代表産駒はポトマックリバーだと思っているんですが話が逸れるのでまたの機会に。

ステイヤーズステークス2018レース後コメント

1着 リッジマン(蛯名正義騎手)
「馬が良くなって来ました。かなり力をつけて落ち着いてきました。厩舎の頑張りがこれにつながったかなと思います。逃げられそうなスタートを切ってくれましたが、逃げるタイプでもないので、他の速い馬について行ければと思っていました。(今日に関しては)好スタートを切って良い位置を取れたことが要因だと思います」

(庄野靖志調教師)
「若い頃と比べて芯が入って、口向きが良くなって来ました。頑張っていると思います。地方から移籍してきて、500万条件から始めて、GIIを勝てるくらいのところまで来ました。関係者のおかげと思っています。次走についてはまだ考えていません。馬を見てオーナーと相談して決めます」

2着 アドマイヤエイカン(田辺裕信騎手)
「距離と折り合いは平気でしたが、決め手の差で負けた感じです。ワンペースなので早めに動きましたが、今の上がりが速い馬場だとこの馬には厳しいです」

3着 モンドインテロ(W.ビュイック騎手)
「ゲートをうまく出て、道中はジッとしていました。しかしトップスピードになるまで時間が掛かりました。距離はギリギリですね」

4着 マサハヤダイヤ(大野拓弥騎手)
「格上挑戦でしたが、スタミナ十分でロスなく乗れました。最後までよく頑張ってくれました」

5着 アルター(石川裕紀人騎手)
「外から来られるとやる気をなくしてしまうので、外枠だったことがむしろプラスでした。よく頑張っています」

6着 ララエクラテール(戸崎圭太騎手)
「フットワークもバランスも良かった。道中はじっとして、最後は脚を使ってくれた」

7着 コウキチョウサン(北村宏司騎手)
「スタートは出て、リズム良く走ってくれた。4角手前で苦しいところがあったが、最後まで頑張ってくれた」

8着 メドウラーク(丸田恭介騎手)
「スタートが決まって、スムーズに立ち回れました。最後は苦しくなったので、さすがに3600mは長いですね」

9着 マイネルミラノ(柴田大知騎手)
「この長い距離でも、最後まで諦めずに頑張ってくれた」

10着 ネイチャーレット(野中悠太郎騎手)
「ロスなくレースはできたが、格上挑戦でよく頑張っています」

11着 ヴォージュ(丸山元気騎手)
「リズム良く行けましたが、さすがに苦しくなりました。距離が長かったかもしれません」

http://keiba.radionikkei.jp

https://www.hochi.co.jp

↓ポチっとしてくれるとやる気が漲ります!ありがとう!


中央競馬ランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ