京阪杯2018レース後騎手コメント | 2着に岩田のイン突き炸裂ナインテイルズ

重賞・レース後コメント

京阪杯2018が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントと個人的な感想を掲載しています。

スポンサーリンク

2018京阪杯結果・感想

  • 1着:ダノンスマッシュ(1番人気)
  • 2着:ナインテイルズ(12番人気)
  • 3着:ダイアナヘイロー(11番人気)
  • 4着:アンヴァル(5番人気)
  • 5着:エスティタート(8番人気)

 

荒れる重賞京阪杯は今年も荒れました。(3連単541,480円)

絶対荒れるだろうと意気込んでかなり大きい馬券狙いましたが不発に。

やっぱ荒れそうなレースの方が面白い!

 

ダノンスマッシュは好位追走から抜け出して熾烈な2着争いをしり目に悠々とゴール。

この日は東京でアーモンドアイ、京都でダノンスマッシュとロードカナロア産駒が同日に重賞制覇。

初年度から活躍馬出しまくりですね。

 

超が付くほど内有利なレースだったと思いますが、それを考慮してもダノンスマッシュは良い勝ち方だったかと。

同じロードカナロア産駒のアンヴァルが17番枠スタートで4着と大健闘。

この馬も京都1200mだと相当走りますね。

 

2着3着はともに二桁人気。

どの馬が来てもおかしくないレースだと思っていたので(ナガラフラワー買ってたくらいですから)、ナインテイルズもダイアナヘイローも馬券になったこと自体に驚きはないのですが、ナインテイルズのレースっぷりはビックリ。

いくらこの日は岩田無双だったとはいえ、ここ最近逃げ先行で成績だしていた馬があんな追込み見せるとは。

外回してたら馬券内難しかったと思うので、イン突き岩田の真骨頂といったところでしょうか。

 

ちょっと今開催は東京も京都も内外の有利不利大きかったですね。

京都は時計のかかる馬場だったのはよかったかと。

高速馬場は馬の脚元が心配になるので、春の京都も時計抑え気味でお願いします。

 

シルクロードステークスに出てきたら買いたいな、と思った馬備忘録

  1. アンヴァル:17番枠の不利は相当大きい。内枠に入ったら人気でも逆らえない
  2. フミノムーン:直線で不利。人気にならないタイプだし内枠に入ったら2年続けての穴も
  3. ナガラフラワー:引退するまでずっと買う。そろそろ引退かなぁ…

2018京阪杯レース後コメント

1着 ダノンスマッシュ(北村友一騎手)
「調教から馬が良くなっていたのを感じていました。枠も良かったので、それを生かすため、スタートは決めようと思いました。そこから理想通りのレースができました。直線は前が壁になりかけましたが、空いた所をつけるだけの対応力がありました。手応えどおりよく伸びてくれました。春の大舞台に向け、賞金を加算できたことが大きかったです」

2着 ナインテイルズ(岩田康誠騎手)
「いつもより下げて後ろからのポジションになりました。脚が溜まっていました。内が開いてよく伸びてくれました」

3着 ダイアナヘイロー(菱田裕二騎手)
「リズム良く自分のレースができました。最後も盛り返しています。がんばってくれました」

4着 アンヴァル(酒井学騎手)
「スタートして出していった分、スムーズに勢いがつきましたし、集中して走ってくれました。力を付けています。元々力のある馬ですが、ようやく上手に力を出せるようになりました。メンタルが成長したと思います。ただ、もう少し内め(の枠)が欲しかったです」

5着同着 エスティタート(藤岡康太騎手)
「内枠だったので、スタートを決めていきました。タイトだった分、もう少しスペースが広がっていれば良かったです」

5着同着 コウエイタケル(小牧太騎手)
「惜しかったね。来るかと思いました。この馬も頑張っています」

7着 ベステンダンク(松山弘平騎手)
「外枠だったので厳しいかたちになりました。終いは伸びているのですが、もう少し内枠で、良いポジションでレースができれば良かったです」

8着 フミノムーン(国分優作騎手)
「掛かるのを気にせず、攻めたレースをしました。伸びかけたところで挟まれてしまいました。運がなかったです。それが無かったら、2着はあったかもしれません」

9着 オールポッシブル(荻野極騎手)
「最後まで脚を使ってくれましたし、休み明けとしてはいいレースだったと思います」

10着 アレスバローズ(藤岡佑騎手)
「スタートがよすぎた感じです。もう少し脚をためたかったんですが…」

11着 ナガラフラワー(太宰騎手)
「大外枠でしたが、真ん中くらいまでは潜り込めました。脚は使ってくれています」

12着 キングハート(浜中俊騎手)
「枠がきつかったです。外は無理ですね」

13着 ダイメイフジ(秋山騎手)
「向こう正面での接触で馬が怒ってしまいました。いい馬ですが、今日はかみ合いませんでした」

14着 カルヴァリオ(柴山騎手)
「もう少し流れてくれると思ったんですがね。最後は脚いろが同じになってしまいました」

15着 ワンスインナムーン(大野騎手)
「ペース的には楽な感じだったんですけどね。今日は気持ちが切れてしまった感じです」

16着 アサクサゲンキ(吉原騎手)
「全然行き脚がつきませんでした」

17着 ビップライブリー(四位騎手)
「ごちゃついたし、18頭立ての外枠はきついよ」

18着 グレイトチャーター(福永騎手)
「3コーナーで前に入られるきつい不利がこたえました」

http://keiba.radionikkei.jp

https://www.hochi.co.jp

 

↓ポチっとしてくれるとやる気が漲ります!ありがとう!


中央競馬ランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ