ジャパンカップ2018レース後コメント | キセキ&川田騎手の真っ向勝負も見事!

重賞・レース後コメント

ジャパンカップ2018が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントと個人的な感想を掲載しています。

スポンサーリンク

2018ジャパンカップ結果・感想

  • 1着:アーモンドアイ(1番人気)
  • 2着:キセキ(4番人気)
  • 3着:スワーヴリチャード(2番人気)
  • 4着:シュヴァルグラン(5番人気)
  • 5着:ミッキースワロー(8番人気)

単勝1.4倍と圧倒的な支持を集めた3冠牝馬アーモンドアイ。

2:20.6という従来のものを1.5秒も縮めるスーパーレコードで快勝。

 

キセキ&川田騎手の作った淀みない流れを自然に2番手で追走。

最後は突き放して快勝。

 

2400mで早めの流れになった時にどうか、という穴党の希望を完全に打ち砕く完勝。

これだけ馬券を外して清々しい気持ちになることも珍しい、というくらいの素晴らしいレースでした。

アーモンドアイの凄さ以外にも見所のたくさんある、語り継がれることになるジャパンカップだったと思います。

 

キセキと川田ジョッキーの真っ向勝負も見事でしたね。

勝つにはあれしかない、というレースをやってのけたと思います。

オジュウチョウサンに挑んだアップトゥデイトみたい。

ジャパンカップを中山大障害に例えるのはどうなんだろう。

 

スワーヴリチャードも前走の大敗でどうなるかと思いましたが、今後に期待できる走り。

シュヴァルグランも、去年が完璧すぎる内容だっただけで評価を落とすような内容じゃなかったと思います。

 

ミッキースワローが大健闘の掲示板確保。

父と母父がジャパンカップ勝ち馬ですからね。

東京2400mの適正高かったのだと思います。

スローで脚を溜めてナンボのタイプだと思っていたのですが。

今後の取り捨てが難しい1頭。

 

私の本命サトノダイヤモンドは6着。

手応えは良いように見えましたが、いまいち伸びず。

宝塚記念の時みたいなレースでした。

やっぱりまだ良い時の状態じゃ無かったのかな。

この馬も21秒台で走ってはいるんですけど。

有馬で引退かなぁ…。

有馬出るなら応援します。

 

地方馬ハッピーグリンが2.22.2という従来のレコードタイムで走って7着。

これ凄い頑張りでしたね。

記念出走だと思っていたら大善戦。

私が馬券買っていた富士ステークスでもこのくらい走ってくれたらよかったのに!

 

もの凄い時計で決着した2018年のジャパンカップ。

見所満載の素晴らしいレースでしたが、あまりに時計が早すぎる今年の東京の馬場はちょっとどうかと思います。

どう考えても馬への負担が大きい。

キタサンブラックほどの頑丈な馬でも、昨年の春天レコード勝ちの反動(だけが原因がどうかはわかりませんが)で宝塚記念凡走。

只でさえ、レース後の反動が大きいアーモンドアイの今後が心配。

 

人によるでしょうけど、私はここまで時計早い必要はないと思います。

今の馬場作りは日本馬悲願の凱旋門賞制覇からは逆に遠ざかっている様な気が。

JRAだって海外馬券の売り上げがあるし、凱旋門賞に挑戦する馬増えた方が嬉しいハズ。

高速馬場を突き詰めるとヨーロッパの一流馬は今後もジャパンカップに来なくなるでしょうし、日本競馬がどんどんガラパゴス化していきそう。

 

書いてて思いましたが、サウンズオブアースに夢を見た奴が何を真面目に語ってるんだか…。

ジャパンカップ2018レース後騎手調教師コメント

1着 アーモンドアイ(C.ルメール騎手)
「素晴らしい馬です。速いペースでしたが、彼女は流れに乗っていました。リラックスしていました。直線はよく伸びました。キセキは強い馬で止まりません。彼の後ろで我慢しました。残り300mで競りかけました。ゴールまでよく戦ってくれました」

2着 キセキ(川田将雅騎手)
「今日はとにかく自分の競馬をしようと考えていました。良い雰囲気で返し馬を終えられて、良い内容のレースができました。普通なら当たり前に押し切れるレースなのでしょうが、今日は素晴らしい馬(アーモンドアイ)がこの馬の前にいました。キセキとしては目一杯のレースをしてくれました。ここまで仕上げてくれたスタッフと頑張ってくれたキセキに感謝します」

3着 スワーヴリチャード(M.デムーロ騎手)
「よく頑張りました。状態はだいぶ良くなっていて、良い走りをしてくれましたが、1.5秒のレコード更新には敵いません」

(庄野靖志調教師)
「前走は本来の姿を見せられませんでしたが、今日は勝ち馬をマークしてよく頑張っていたと思います。この時計で勝った馬は素晴らしいと思います」

4着 シュヴァルグラン(C.デムーロ騎手)
「集中して良い競馬ができました。4コーナーで一度手応えが怪しくなりましたが。直線でまた頑張ってくれました。本当に良い馬です」

5着 ミッキースワロー(菊沢隆徳調教師)
「初めての東京で、かなり後ろからになりましたが、直線はとても良い脚でした。今日は本当に良い内容でした。今後は様子を見て、(状態が)良ければ有馬記念に向かいます」

6着 サトノダイヤモンド(J.モレイラ騎手)
「9万人の歓声の中で騎乗させていただけたことを、まず感謝します。勝った馬は強すぎますし、時計も凄すぎます。この馬としては良いポジションで良い手応えでしたが、残り100mで疲れてしまいました」

7着 ハッピーグリン(服部茂騎手)「
いい位置につけられて、最後も馬群から伸びてくれた」

8着 ウインテンダネス(内田博幸騎手)
「今日は前が速くて逃げられないと判断して、控える競馬をしました。ここのところ逃げる競馬をしていたこともあり、終いは脚を使いきれませんでしたが、これが良い経験になるでしょう」

9着 サトノクラウン(W.ビュイック騎手)
「陣営からの話を分析すると、能力はあるのにメンタルの面で精彩を欠いていると思いました。前でレースができれば食い込めるかと思いましたが、レースでは前に行けませんでした。流れ込むだけで終わってしまいました。メンタル面の改善が必要です」

10着 サンダリングブルー(F.ベリー騎手)
「大観衆の声援で馬が驚いてしまい、レースの集中力を欠いてしまいました。この馬も最後の直線で伸びてくれましたが、前の馬たちが速すぎました」

(D.ムニュイジエ調教師)
「いつもと違う観客や大歓声の雰囲気でかなり緊張してしまって、レースに集中しきれない状態でした。状態の変化に敏感な馬なので、追い切り時からさらに乾いた馬場の状態などにも戸惑いを見せた走りでした。ただし、レースのタイムとしては悪くないので、今後の走りに期待してまた来日したいと思います」

11着 カプリ(P.キーティング調教助手)
「結果にがっかりしています。2分20秒6のタイムで勝たれては敵いません」

12着 ガンコ(蛯名騎手)
「自分の競馬はできたが、時計が速すぎた」

13着 ノーブルマーズ(高倉騎手)
「時計が速かった。得意なレースではなかった」

14着 サウンズオブアース(田辺騎手)
「タメが利かずに、最後は脚が上がった」

https://www.hochi.co.jp

http://keiba.radionikkei.jp/

↓ポチっとしてくれるとやる気が漲ります!ありがとう!


中央競馬ランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ