朝日杯FS2018レース後コメント | グランアレグリアは3着!

重賞・レース後コメント

朝日杯フューチュリティステークス2018が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントと個人的な感想を掲載しています。

スポンサーリンク

2018朝日杯FS結果・感想

  • 1着:アドマイヤマーズ(2番人気)
  • 2着:クリノガウディー(10番人気)
  • 3着:グランアレグリア(1番人気)
  • 4着:ファンタジスト(3番人気)
  • 5着:ディープダイバー(11番人気)

 

アドマイヤマーズが無傷の4連勝で2歳チャンプに!

思ったより前に行く形をとったグランアレグリアを見るような位置でレースを進め、最後は早めに体を合わせに行って突き放す強い内容。

ダイワメジャーでこれだけしっかり勝ちきる馬も珍しい。

友道さんのコメント的にも春は皐月賞→マイルカップかな?

 

グランアレグリアは2番手でレースを進めるもいまいち伸びず、3着まで。

ルメールはアーモンドアイのようなレースを描いていたのかも。

早めに外からかぶせられる展開が初めてだったのも敗因なのかな。

最近は牝馬が強いですが、2~3歳時に牡馬と混じって走るのは想像以上に大変なのかもしれませんね。

 

人気薄のクリノガウディーが2着に激走。

今の阪神は内有利なのも大きかったかと。

藤岡兄には有馬で激走を期待していたのですがここでくるとは…。

 

個人的に期待していたエメラルファイトは6着まで。

内有利の今の馬場で大外は厳しかったかな。

今の所マイルカップはビーチサンバとエメラルファイトに期待。

朝日杯FS2018レース後コメント

1着 アドマイヤマーズ(M.デムーロ騎手)
「本当に強いです。どんどん成長しています。競馬をわかっていて、頭の良い馬です。スタートが決まり、グランアレグリアを見ながらちょうど良い(ポジション)と思っていましたし、最後はすごく良い脚で伸びました。距離はもう少し延びても大丈夫だと思います。このままでも十分ですが、3歳になると他の馬も成長します。この馬も成長してくれたら、本当に楽しみです」

(友道康夫調教師)
「新馬戦を勝ったときに着差はありませんでしたが、勝負根性があり、走ることに前向きでしたから、うまく行けば走ると思っていました。調教でもそうですが、オンとオフの切り替えがハッキリしていて、頭の良い馬です。そしてゲートセンスが良く、安心して見ていられます。今日は馬場入りの際、テンションが高かったので、落ち着いて馬場入りできるようにしてきたと思います。デムーロ騎手には、相手関係抜きに3・4番手くらいで行けたらと話していました。先頭に立つのが早いかもと思いましたが、良い競馬をしてくれました。今日の競馬(を見て)、そしてデムーロ騎手と話して、もう少し距離はあっても大丈夫そうなので、春は選択肢を増やし、皐月賞をまずは目標にしていきたいと思います。このまま行ってくれればいいのですが、もうひと回りパワーアップをして、より良いパフォーマンスをお見せできると思います」

 

2着 クリノガウディー(藤岡佑騎手)
「グランアレグリアのうしろをついて行きました。ちょっと思っていたよりハミをかんでしまったぶん、勝ち馬に並ぶまではいきませんでした。ただ、詰められない差ではないと思いますし、来年が楽しみになりました」

3着 グランアレグリア(C.ルメール騎手)
「勝っているレースはどちらも楽勝でしたので、あのレベルで併せ馬になったら、いつもと反応が違いました。勝ち馬が外から来たときに、彼女はふらついて内ラチにもたれてしまいました。レースではリラックスして、息も入っていました。とにかく反応がいつもと違いました」

(藤沢和雄調教師)
「残念です。初めての右回りが影響したのか内へ逃げてしまいました。そんなに速いペースではありませんでしたし、道中は良い感じに見えたのですが……」

 

4着 ファンタジスト(武豊騎手)
「折り合いがつきましたが、結果的に内枠の方が良い展開になってしまいました。1600mまではこなせますし、問題ありません。最後まで伸びています」

5着 ディープダイバー(川田将雅騎手)
「内にささる難しさがあるなか、それでも掲示板を確保するわけですから、よく走ってくれています。現状では精一杯の走りはできていると思います」

6着 エメラルファイト(W.ビュイック騎手)
「スタートしたあと、いつもならダッシュが利くのですが、左に馬がいなかったからかフワフワしていました。最後は良い脚で伸びているだけに、その辺が致命傷になったのかと思います」

7着 アスターペガサス(福永祐一騎手)
「正攻法で、良い形で運べましたが、最後で伸びを欠いたところは距離が問題なのかもしれません」

8着 ヒラソール(岩田康誠騎手)
「最後は脚が上がりました。今後につながればと思います」

9着 イッツクール(松田騎手)
「悪くないペースで運ぶことはできました」

10着 マイネルサーパス(丹内祐次騎手)
「展開が厳しかったです。立て直して巻き返しを狙います」

11着 コパノマーティン(坂井瑠星騎手)
「脚を溜めて終いを生かす競馬をするプランで、あのポジションからになりました。3コーナーでは手応えがなかったのですが、じわじわと伸びてくれていたので、頑張ってくれていると思います」

12着 ドゴール(津村明秀騎手)
「落ち着いてゲートをいい雰囲気で行けましたが、初めて多頭数で揉まれてペースアップしたところでついて行けなくなりました。1600mより1400mのほうが良いと思います」

13着 ケイデンスコール(C.デムーロ騎手)
「勝った馬が強かったです。今日はレースに対して、走る気持ちがなかったように感じられます」

14着 ソルトイブキ(四位洋文騎手)
「他馬が寄ってきて、経験が少ない分、馬が怖がって急ブレーキをかける形になってしまいました。今日は何もさせてもらえませんでした。500万下から出直します」

15着 ニホンピロヘンソン(浜中俊騎手)
「今日はレース前にイレ込んで終わっていました。そのあたりが成長してほしいですね」

http://keiba.radionikkei.jp

https://www.hochi.co.jp

 

↓ポチっとしてくれるとやる気が漲ります!ありがとう!


中央競馬ランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ