弥生賞2016結果・レース後コメント



re-sugo

弥生賞は2番人気のマカヒキが差し切って優勝。

1番人気リオンディーズは2着、3番人気エアスピネルは3着でした。
3着以下は大きく離されており、人気が示す通り完全な3強対決でしたね。

これでマカヒキは父ディープインパクトと同じく3戦3勝で弥生賞を制し無敗で皐月賞に挑むことに。

いやぁ面白いレースでした。

戦前はエアスピネルが前に付けて中団にマカヒキ、後方からリオンディーズという隊列になるかと思っていましたが、意外にもリオンディーズが先行策を取ることに。

まあ先行策をとったというより引っかかって行ってしまった、という感じでしょう。
折り合いには心配無いタイプかと思われていたエアスピネルも最初のコーナーまで割りと行きたがってました。

対照的にマカヒキは折り合いに苦労する様子は無かったですがやや出遅れて最後方からの競馬に。
もっともスムーズにレースを進めることが出来たのはマカヒキだったかなと思います。

リオンディーズは土がついてしまいましたが、負けて強しの内容でした。

兄エピファネイアと同じく気性が荒いタイプですので、これからも折り合いの問題はついて回りそうですが能力は素晴らしい事を再確認。

エアスピネルは生まれてきた年が悪かった感が凄い。
例年なら皐月賞の大本命となっていてもおかしくない馬ですね。

皐月賞の後はマイルカップに行ったら楽勝するんじゃなかろうか。

とか言っていますが、今回の弥生賞を見て皐月賞は配当の妙味も考えるとエアスピネルからいってみようかな、と思っています。
2,000mが問題ない事もわかりましたし、器用に立ち回れる馬なのでやっぱり中山2,000mの舞台には向いていると思います。

弥生賞は皐月賞ではなくダービーに繋がっている、というのも昔から言われていますし、弥生賞3着からの逆転も十分あると予想。
マカヒキは個人的にはダービー向きじゃないかなと思っているので、今回勝ったことでますますその思いが強くなりました。

今年の牡クラシックは今日の3頭に、サトノダイヤモンド、ロードクエストを加えた5頭が中心になってきた感じですかね。

サトノダイヤモンドも飛びが大きく美しいフォームで走る馬なので中山の皐月賞より東京のダービー向きだと思います。
きさらぎ賞からの直行というローテーションも皐月よりダービーを意識してのものではないでしょうか。

ロードクエストは新潟2歳Sが圧巻。
前走負けたハートーレーがちょっとよくわからないことになったので評価が難しいですが、スプリングSで力のあるところを見せて欲しいです。

2016弥生賞レース後コメント

1着 マカヒキ(C.ルメール騎手)
「リオンディーズ、エアスピネルという強い相手に、すごい脚を使ってくれました。素晴らしく強いレースでした。スタートはあまり速くなくて後方からになりましたが、中山ではいいポジションが必要なので、1コーナーで上がっていきました。あとはリラックスして走っていて、直線では素晴らしい伸びでした。皐月賞はどの馬に乗るかわかりませんが、楽しみです」

(友道康夫調教師)
「輸送に対応できて、前走よりも落ち着いていたくらいです。ジョッキーがうまく乗ってくれました。最後は久々に(応援の)声が出ました。本番が楽しみになりました」

2着 リオンディーズ(M.デムーロ騎手)
「少し元気すぎました。1コーナーまでかかって、一旦落ち着きましたが、またかかりました。それでも3~4コーナーはいい手応えで回ってきました。ちょっと早く先頭に立ってしまい、物見をしていました。まだよくなりそうだし、本番で巻き返したいです」

(角居勝彦調教師)
「休み明けのレースで、多少テンションの高いところを見せることは想定の範囲内でした。ああいったレースをしないと本番にはつながりませんからね」

3着 エアスピネル(武豊騎手)
「不思議な感覚です。いいレースができて、馬自身は最後までしっかり走っています。普通なら勝てるレベルの内容で3着でした。今年の馬たちは強いです。本番は巻き返したいです」

(笹田和秀調教師)
「リオンディーズを見ながら折り合って、いい競馬はできました。中山への輸送は問題ありませんでしたし、距離を経験した今日の競馬が次に生きてくると思います。もっと調教で工夫して、立て直せば、もっと差を詰められると思います。次は皐月賞です」

8着 モーゼス(蛯名正義騎手)
「返し馬から引っかかっていました。上手にレースはしてくれていて、この馬のリズムで運べましたが、強い馬に4コーナーで並びかけられてしまいました」

11着 ケンホファヴァルト(小崎綾也騎手)
「向正面からはいいペースで運べましたし、残り400mまでは手応えもよかったです。小回りであれば2000mでもいいのではないでしょうか」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_8269.html

目を引くコメントはルメール騎手武豊騎手でしょうか。

ルメール騎手の「皐月賞はどの馬に乗るかわかりません」というのは本音なんでしょうかね?
てっきりサトノダイヤモンドで決定していると思っていました。

まだ決まってなくて本人が選ぶことになると悩むでしょうね…。
どっちも凄い素質馬なのは間違いないしどっちも超がつく有力馬主ですからね…。

武豊騎手のコメントも面白いですね。

「不思議な感覚。普通なら勝てる内容の3着」

これは本音でしょうね。朝日杯に続いて自身の後ろの馬は引き離していますからね。

3強がそれぞれ今後に繋がる競馬をしたことで俄然牡クラシックが楽しみになってきました。

 

↓ポチっとしてくれると私が喜びます↓

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ