嘘の戦争2話ネタバレ感想 つよぽん羨ましいぜチクショウ!

usonosensou

嘘の戦争第2話が放送されました。

主演は草なぎ剛さん。

あらすじや感想を書いています。見てない人にはネタバレになるかもしれないのでご注意を。

 

1話の視聴率は11.8%。

二桁キープくらいはしそうな予感。

 

スポンサーリンク

嘘の戦争2話あらすじ感想

前回30年前に自分を刺し、家族を殺した実行犯、五十嵐への仕返しを実行した浩一(草なぎ剛)。

計画通りに仁科興三(市村正親)の身代わりとして刺され緊急入院。

 

手術は無事成功、大事には至らず。

見舞いに来ていた仁科家の長男・仁科晃(安田顕)と仁科楓(山本美月)はほっと一息。

長男と長女はなんだか仲良さそうで微笑ましい。

 

浩一からしたら復讐の為に利用してるんですけどこの二人は悪い人ではなさそうなのでヒドイ目に合わせるのほどほどにしといてあげてほしいですはい…。

 

二男の隆(藤木直人)は相変わらず浩一を疑っている。

興三も隆の助言で怪しむことに。

 

身代わりになったから一目置かれる展開かと思ってら全然違いました。

ターゲット発見

病室に仁科家の顧問弁護士が訪れる。

イメージの事考えてか事故で済ましてくれ、とポンと200万円支払う。

 

弁護士の名前は六反田健次。

30年前に事件の概要を決める決定的な嘘の証言をした新聞配達員であった。

すぐに気が付く浩一。

時計や靴を見てえらくお金持ちになっている事に気づく。

30年前の嘘の証言の見返りに今の立場にいることを理解し、次の標的に決定。

 

こういうパッと見て身なりで推測するシーン好きです。

シャーロックみたい。

経営が上手くいかない仁科グループ

二男の隆が社長を務める仁科グループだが、どうも経営が上手くいっていない。

今後の方針を決める重要な会議に招かれておらず怒る長男の晃。

「グループの為になりたいんだ」

と言う晃に隆は

「何もしてくれないのが一番だ」

とえらく冷たい。

長男と次男は非常に仲が悪い。

というか二男が長男を舐めきっている。

 

まあ実際晃はコロっと浩一にだまされてますしね…。

六反田の調査開始

六反田は詐欺被害者の会を立ち上げている。

潜入している十倉ハルカ(水原希子)。

色仕掛けで助手を取り込みそう。

ゴリッゴリに疑う隆

浩一の病室に訪れ、問いただす隆。

  • どうやって兄と出会った
  • どうやって妹と出会った
  • ビルを見に行ったけど世界を股にかける人のオフィスにしてはボロい
  • 短期間に仁科家と繋がり過ぎ

とまあ至極ごもっとも。

普通に考えたら浩一はどう考えても怪しい。

 

楓に「一之瀬に気をつけろ」と告げて去る。

晃はいい人

浩一の診察の時に胸の傷に気付いた楓。

浩一はタイにいた時に事故でできた傷だと説明するが、明らかにもっと古い傷なので嘘だと気づく。

その事を一緒にご飯たべた兄の晃に相談。

 

晃は

「誰だって言いたくない事くらいあるだろう」

「本当の事言えなくてごまかしただけ」

「そういうのは嘘とは言わない」

とたしなめる。

ちょっとホッとする楓。

 

晃はちょっとバカだけど人間的には出来ている。

だまされてるのかわいそうだな…。

 

そして山本美月さんが美人すぎ。

六反田の裏の顔が明らかに

六反田が詐欺グループとぐるになっている疑いが浮上。

詐欺集団が逃げ切れるように訴訟を遅らせている筋金入りの悪人。

 

浩一は30年前に事件のことをネタに六反田をゆすり出方を見る。

六反田は会長の興三に相談。

明らかに動揺している。

 

浩一は隆のアドレスと一文字違いのアドレスから

「30年前の事は仁科家では一切責任を持たない」

という内容の嘘のメールを送信。

 

ちなみに嘘のメールは

takashi_nishina@nisina.co.jp

でした。多分ですけど正しくは

takashi_nishina@nishina.co.jp

@の後のhを一個消して送ってみた模様。

野球の監督に

浩一は晃に頼まれ草野球の監督を引き受けることに。

野球のルールブック買ってきて慌てて覚える。

 

そうこうしてるとまんまとダマされて返信してくる六反田。

「そっちがその気ならこっちにも考えがある」

「30年前の事件について会長自ら語った録音テープがある」

という衝撃的な内容。

事務所に侵入

浩一は六反田の事務所に潜入することに。

ハルカが六反田の助手に色仕掛けで隙をつくり事務所のカードキーをゲット。

 

水原さんて肌めっちゃ綺麗ですね。

このドラマ見だしてから株が急上昇。

 

あっさりと潜入し、オフィスを物色。

そしてベタに忘れ物して帰ってくる六反田。

火災報知器ならしてどうにか逃げる浩一。

 

六反田は荒らされたオフィスを見て録音テープを処分する為の仁科家の差し金だと思い隆に電話。

翌日テープを聞かせるからそれで自分をどうするか判断しろと伝える。

近くで全部聞いている浩一。

すり替え作戦決行

隆との待ち合わせに向かう六反田。

エレベーターに乗り込むと、そこにおばちゃんの団体が。

もちろん浩一の差し金。

女装したマギーさんと助手のカズキのコンビプレー。

正直かなり強引な手法ですり替えてましたけど、まあ面白いので良いでしょう。

 

隆はカセットを再生するが、聞こえてきたのは

「アホが見~る~豚のケーツー♪」

 

ナイスな選曲。

六反田の事務所に警察が

六反田と詐欺集団がお金のやり取りしている所の写真が警察に送られ、警察が事務所に捜索に。

六反田の弁護士人生は終了。

隆も

「もうあなたは救えない」

と言い残しその場を去る。

 

六反田は仁科グループには内緒で詐欺グループと組んで違法にお金を稼いでいた模様。

テープの中身

六反田からくすねたテープを再生する浩一。

そこには仁科興三が真実を語っている音声が収録されていた。

  • 興三が語った30年前の殺人事件の全容は
  • 大学生がOLを部屋に連れ込もうとする
  • OLは抵抗して転倒、頭を打って死亡
  • 興三が大学生の親に頼まれもみ消す事に
  • 転倒事故にする為に警察と監察医に手を回す
  • 監察医の助手が浩一の父親、千葉
  • 浩一の父親が真実を見抜き警察に連絡しようとする
  • 興三が何を言っても千葉を説得出来なかったので殺害
  • 殺害しようとするところに急に帰ってきた家族を皆殺し
  • 一家心中に見せかけるために六反田を目撃者としてでっち上げ
  • 事実を知っているのは大学生の親、フクシマとシジョウ
  • 浩一に嘘をつかせた警察も当然ぐる
  • 全て興三に指示

全てを知った浩一は叫んで壁を殴って大暴れ。

何事かと思いハルカが部屋に来るが浩一は飛び出してしまう。

 

ハルカは浩一を尾行し、浩一が寝泊まりしている児童養護施設を訪れる。

浩一はテープをハルカにも聞かせる。

今まで浩一が言っていた、家族を殺されたというのが本当だったと気づくハルカ。

 

ハルカは

「会長のガードは堅いから身内になっちゃえば?独身の娘いるし」

と冗談半分で言うが浩一は割と真に受けたみたい。

ちょっと焦るハルカ。

 

そして晃の草野球。

頑張ってルール勉強した甲斐もあって浩一のアドバイスで見事勝利。

 

帰りは楓と二人。

浩一は胸の傷の事を話す。

「本当は子供の時、家族旅行中に事故で金属片が」

「2週間意識不明で目が覚めたら生き残ったのは自分だけ」

と告白。

しっかり嘘だけど完全に信じる楓。

浩一がいたおかげで草野球でえらく晃を見たのもポイント高かった模様。

1話でもらったリングを首から下げてもうすっかり浩一にメロメロの楓。

 

帰ろうとする楓の腕をとり引き寄せる。

 

そしてぶっちゅー!

 

参考までに

草なぎ剛:42歳

山本美月:25歳

 

うん。

 

うらやましい。

 

嘘の戦争2話感想まとめ

1話に続いてちょいちょい強引なところはありますが、それも込みで面白い。

浩一がただクールなだけじゃなくてちょいちょい感情をあらわにするのいいですね。

 

そして2話目にして浩一と楓に大きな進展が。

これは色恋のもつれで水原希子が裏切るパターンあるか…?

 

来週は30年前に浩一を取り調べていた警察官に鉄槌を下す模様。

しばらくは毎週一人ずつくらい復讐していく感じでしょうか。

 

今のところ復讐されている人間が同情の余地がないクズばっかりなので心痛まずに見れてます。

 

晃と楓はそれなりにいい終わり用意してあげてほしいなぁ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ