東京タラレバ娘2話感想 逃げ恥との違いはモテない男が共感できるか否か

東京タラレバ娘感想

東京タラレバ娘2話が放送されました。

あらすじや感想を書いています。見てない人にはネタバレになるかもしれないのでご注意を。

 

スポンサーリンク

逃げ恥との違い

何やら世間では逃げ恥と比較されているとかなんとか。

逃げ恥が夢でタラレバは現実、みたいに言われているそうです。

確かに妄想入ったり結婚について悩んだりするところは似ているかも。

 

私が思う一番大きな違いは

 

タラレバ見ても男は胸キュンしない

 

です。

 

特にモテない男には何も共感するポイントがない。

逃げ恥は平匡の

「愛される人はいいなぁ」

で胸が締め付けられたり、相手が自分の事好きなわけがない、という思い込みに共感したり。

まあどっちも少女マンガなので、元々そんなに男性なんてターゲットにしてないんでしょうけど。

 

あと星野源さんは見様によってはモテない男に見えますけど、タラレバの主人公3人、みんなどう転んでもモテそうっていう。

 

星野源さんってモテない雰囲気だしながら女性をメロメロにするっていう凄い事やってたんだなぁと実感。

モテない男が平匡の実直さを真似すると幸せになれるかもしれませんが、KEYの毒舌マネすると女性とは縁のない生活を送ることになりそうです。

 

男も虜にした逃げ恥が凄かっただけで、タラレバも十分面白いドラマだと思います。

東京タラレバ娘2話感想

いいと思っていた男を年下の女に取られただけでなく、仕事まで若手の女脚本家に取られてしまった倫子。

枕営業で仕事取られたと思って後を付けたら、そんなこと一切なく普通に実力で取られていたと知り飲んだくれ、

いつもの呑んべえで飲みつぶれる。

 

誰も送っていく人がいない為、後ろの席で飲んでいたKEYがおんぶして送っていくことに。

家まで送ってもらってからやっと起きる倫子。

 

まさかのチョメチョメ(死語)!

 

香も元カレと

ひょんなことから訪れた人気バンドのライブで元彼の涼(平岡祐太)と再会する香。

売れない時代に付き合っていて捨てた男は今や人気バンドのギタリストとして大ブレーク。

 

より戻してもいいかも、とか思うけど相手にはすでに恋人が。

 

 

あのまま付き合ってたら

あの時捨てなければ

とタラレバ満開になる香。

 

後日涼から呼び出されて家に行くことに。

ロマンチックな雰囲気になり

 

そのままチョメチョメ(死語)!

 

朝起きて洗面所にいって改めて涼が恋人と同棲していることを理解する香。

恋人がハワイに行っている間に元カノを家に連れ込むなんていかにもなイケメンバンドマン。

 

2人ともすることしたのはいいけど次どうしたらいいかわからない!で終了。

東京タラレバ娘2話感想まとめ

今週クスっときたシーン

  • 鉄球
  • よし、死のう
  • 机にヘッドバット
  • 涼の恋人がMay J.に見えた

2話にして2人がチョメチョメしてしまいました。

想定外の展開の早さ。来週は小雪の番でしょうか。

 

坂口健太郎さんの声めっちゃ渋いですね。

見逃し配信は日テレオンデマかhuluで

東京タラレバ娘の見逃し配信は日テレオンデマンドやhuluなどで視聴可能。

日テレオンデマンドはタダで見れるけど途中広告が入るのと、視聴期限が次回放送の直前まで。

なので見たい人はお早目に。

>>東京タラレバ娘・日テレオンデマンド

 

huluは月額933円ですけど、最初の2週間は無料です。

日テレオンデマンドで配信終了した話も見れます。

無料期間中に解約したら1円もかかりませんのでよかったらどうぞ。

>>huluフールーの2週間無料体験 見方・申し込み方・解約方法

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ