スプリングS2016レース後コメント

レース後コメントスローガン

3月20日行われたスプリングステークス、4番人気のマウントロブソンが優勝。
2着に5番人気マイネルハニー、3着は1番人気のロードクエストとなりました。

1、2、3番人気が揃って出遅れる思わぬ展開に。
私の◎ミッキーロケットはシンガリからのレースとなり追い上げたものの5着と掲示板がやっとでした。

最終的に3番人気となったドレッドノータスは7着でした。
そして注目の藤田菜七子騎手騎乗のモウカッテルは9着

しかし金子さんのところは次から次に有力馬が出てきますね。
マウントロブソンはこれで3連勝。

3連勝でスプリングS勝っても本番あまり人気にならなさそうなのが今年のクラシックの凄いところです。

これで皐月賞トライアルは3戦全てディープインパクト産駒が勝利。
というか皐月賞路線の重賞全部ディープ…。

現時点で今年の皐月賞はディープ産駒>>>キンカメ産駒といった感じでしょうか。

ちなみにディープ軍
マカヒキ・弥生賞
マウントロブソン・スプリングS
アドマイヤダイオウ・若葉S(皐月賞回避?)
サトノダイヤモンド・きさらぎ賞
ディーマジェスティ・共同通信杯

キンカメ軍
リオンディーズ・朝日杯FS、弥生賞2着
エアスピネル・朝日杯2着、弥生賞3着

圧倒的である


中山ダメなのか?

ロードクエストは出負けしたもものやや物足りない3着。
広いコースの方が良いタイプなのか思っていたほど強くないのか…。

現状だとNHKマイルカップが一番適鞍な感じですね。

3着くらいならあるかも?と言っていたプリンスシャルマンは4着。
馬券の方は遊びでちょろっと買った3連複当たりましたが、当ててマイナスでした。

2016スプリングSレース後コメント

~レース後のコメント~
1着 マウントロブソン(A.シュタルケ騎手)
「初めて乗りましたが、ベリーナイスホースです(笑)。レース前に過去のレース映像を見て研究しました。スタートはうまく出て、乗っていて難しいところはありませんでした。思ったように立ち回れましたが、それでも道中いろいろあって、もっとスムーズだったら一馬身の差はつけられたと思います。次は200m延びますが、問題ないと思います」

2着 マイネルハニー(柴田大知騎手)
「うまくいったと思いました。直線でも離したので『よし!』と思っていました。あれで差されますか……。難しいですね。残してほしかったですが、良馬場でもこれだけがんばれているので、力はあります」

3着 ロードクエスト(池添謙一騎手)
「返し馬の感じは、息遣いがよくなった印象がありましたが、返し馬が終わったときは、まだ次かなという感じでした。多少余裕がありました。レースは馬の感じを見ながら進めました。折り合いは大丈夫でしたが、各コーナーで内にモタれる感じがありました。調教でもモタれていたので、それが出たところはあります。仕掛けたときはスッと反応して、直線に向いてからつかまえられるかなと思いましたが、最後は同じ脚色になってしまいました。休み明けも少しはあったと思います。状態を上げて、本番では巻き返したいです。瞬発力はこれまで乗せてもらった馬たちにヒケをとりません」

4着 プランスシャルマン(内田博幸騎手)
「こんなにうまくいっていいのかと思うほど、うまく運べたのですが、あともうひと押しでした。なかなか結果が出なかったので、違うレースをしようと思って、イチかバチかの作戦をとりました。3着まで来られればよかったですが、がんばってくれました」

5着 ミッキーロケット(C.ルメール騎手)
「ゲートの中でチャカチャカしていて、スタートが遅れてしまいました。直線では伸びてくれましたが、10馬身ぐらい後ろからだったので無理でした」

6着 プレイヤーサムソン(松岡正海騎手)
「課題があるので、折り合いに気をつけました。1コーナーではハミをかみ気味でしたが、能力は感じます。競馬が板についてくれば変わってくるでしょう。距離は長い方がいいです。折り合いがつけば、終いは確実に来られる馬だと思います。次はもっといい結果が出せると思います」

7着 ドレッドノータス(武豊騎手)
「今まででいちばん折り合いがついていましたが、勝負どころで反応がありませんでした」

11着 アドマイヤモラール(田辺裕信騎手)
「いつもは渋太い馬ですが、手応えが早々に怪しくなり、この馬らしくありませんでした。能力というよりは休み明けの分があると思います」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_8381.html

 

↓ポチっとしてくれると私が喜びます↓

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ