そして、誰もいなくなった 8話 ネタバレ感想・考察 次週最終回

ドラマ感想

そして、誰もいなくなったの第8話が放送されました。

感想やら考察やらを書いています。

次週の第9話で最終回

10話あることを期待していましたが、9話で終了の様です。

7話までの平均視聴率は8%。

オリンピックとかぶっていたことを考えると、悪くない数字だと思うので、打ち切りではないと思います。

 

 

 


そして、誰もいなくなった8話考察感想

ラストの1話前にしてようやく謎が明かされ始めました。

 

一番びっくりしたのはやっぱり万紀子がちょいちょい見ていた子供との運動家の写真。

てっきり新一の運動会のだとばっかり思っていましたが違いました

まだ明言はされていませんが日下瑛治でしょう。

あの写真を万紀子が見ている時、人が近づいてきたら隠していたのは伏線だったんですね。

 

最後万紀子が新一殺そうとしてましたけど、次回予告でぴんぴんしていたので特に傷は負わない模様。

瑛治と万紀子が親子で、新一狙って何かしていたのは間違いないのですが、万紀子にはちょっと迷いもある感じですね。

西野弥生の事は後悔しているみたいでしたし。

弥生が川野瀬猛の事を知って電話していたのは日下?

 

 

その瑛治ですが、最終回で見事にキャラチェンジするみたいです。

「寂しいやつって簡単だよなぁ!」

「刺せよ!刺せ!」

と新一君をガンガン挑発します。

他にも

「さすがに俺一人じゃない。一人じゃ、全部は無理でしょ」

なんてセリフもあります。

誰が日下側の人間だったのか。

 

日下と繋がっていても、繋がっている者同士のつながりは無いパターンもありそう。

万紀子も馬場も日下と繋がっていますが、万紀子と馬場は微妙な感じ、みたいに。

あのバーKING前で出会って万紀子が逃げようとしてたのは何だったのか。

 

斉藤も指紋のデータ渡していたので日下側っぽい。

ていうか小山内が指紋とらした意味もわからないしなんであのデータを日下が持っているのか。

小山内は知らないけど日下は斉藤とも繋がっていたんですかね。

小山内の上司

小山内の上司の目的もまだちゃんと明らかになってません。

 

新一がデーターサーバーに穴があることを小山内に教える

小山内が上司にかけあう

それを聞いた上司がパーソナルナンバー制度に亀裂いれてやろうと企む

 

といったところでしょうか。

日下側っぽい人達

  • 万紀子
  • 馬場
  • 砂央理
  • 偽藤堂新一
  • 斉藤

あたりはかなり可能性が高いような。

飛び立つドローン見た時点で計画が成功した、と思っていた砂央理は日下の本当の目的は知らなくて利用されていた可能性もあるかも。

最終回前に残っている疑問

sositedaremosaigo

http://cu.ntv.co.jp/

  • 小山内が日下に新一のグラス回収させた理由
  • そのグラスから取った指紋のデータを日下が持っていた理由
  • 屋上の新一に指示していたのは日下なのか小山内なのか
  • もし日下だとすると小山内の言っていた「ショウタイムだ」は誰に向けて言ったことなのか
  • 次回予告の最後で馬場のところには溺死になってますけど本当に死んでいるのか(生きているっぽい早苗のところは「絞殺?」)
  • そもそも日下の狙いって何?
  • あの決行する気のなかった大がかりな日本国サーバーダウン作戦は何のため?
  • 新一捕まえさせるだけならいくらでもチャンスあるだろうし、データサーバーも攻撃しなかった。
  • 何か大きな恨みでもあるのか。
  • あまり話に出てこない新一の父親はどうしているのか。
  • タイトルが何を意味するのか。
  • どういう形で誰もいなくなるのか。
  • いなくなる人物の中に新一本人は入っているのか。

他にも探せばたくさんありそうですけど、しっかりと最終回で全部説明してほしいですね。

オンデマンド・再放送

「そして、誰もいなくなった」は最新話のみ日テレオンデマンドで無料での視聴が可能です。

期間は次回の放送の直前まで。

 

最新話以前の話は配信が終わってしまうので、早めに見ておくのが良いかと思います。

公式で配信しているだけあって画質も問題ないです。

 

過去の分をまとめて見たい、と言う方はhuluで配信中。

2週間無料で見れるので、無料期間中にまとめて見返す事も可能です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ