そして、誰もいなくなった 6話感想考察

ドラマ感想

そして、誰もいなくなったの第6話が放送されました。

視聴率はなんと9.0%。

初回放送についで2番目に高い記録となりました。

今回は感想考察メインで書いています。

 

 

 


そして、誰もいなくなった6話考察

物語は後半戦に突入。
全然伏線を回収してくれないので頭がパンクしそうです。

万紀子の部屋からボイスチェンジャー

藤堂新一(藤原竜也)の母藤堂万紀子(黒木瞳)の部屋からボイスチェンジャーが出てきました。

前回建物の屋上にいる新一に指示を出していたのは小山内の様に見えましたが、万紀子が用意した物を使っていたのでしょうか。

小山内は新一に指示し終えたあと、何か機材の停止ボタンを押していました。

何かを録音していたのか再生していたのか不明ですが、万紀子の部屋から見つかったボイスチェンジャーとはまた別のものでした。

小山内の行動も謎が多い

確かに小山内が新一に指示していたとなると日下(伊野尾慧)の行方を知らないのは不自然。

日下が撃たれた時の音声も流していたので、小山内が指示していたとなると日下の居場所わからない、っていうのが不自然になってきますよね。

小山内は尾行してまで日下の家を調べていたので、少なくとも睡眠ガスで新一をさらったのは小山内ではない

今回小山内がパーソナルナンバーの事で日下の事を脅していたことが明らかになったので、元々手を組んでいたわけではなさそう。

年齢を聞いた意味は?

小山内が日下に年齢を聞くシーンがありました。
26歳と答える日下に新一の6つ下か…と小山内。

何か新一と日下の隠された関係に思い当たる節があるのでしょうか。

日下が万紀子と血のつながりがある親子、という可能性もなくはないかと。

そもそも新一を攫ったのは誰?

睡眠ガスは日下の自演か馬場や君塚などの協力者の仕業か。

あのシーンわざわざコンロの火を止めるように促したのが不自然に感じたのですが、引火したらまずいのと新一の目線を背ける為、とかだったのかもしれません。

直接小山内が関与していれば日下のアパートを尾行するのは変な話ですからね。

小山内は裏切られている?

小山内は今回の冒頭で暴力事件に巻き込まれてちょっと警察のお世話になっていました。

新一を探している時にやっかいな人に絡んだのでしょうか。

今回の放送を見る限り、小山内が本気で新一を探している事と、日下が新一の行方を知っている、と判断して探りを入れている事は確定。

屋上にいる新一に指示していたのが小山内だったとすると、小山内が考えていた作戦と随分変わってしまっているのかと思います。

小山内は時々誰かに新一の行動などを報告している描写がありましたが、すでに黒幕には裏切られているのかもしれません。

あれが誰に報告していたのかもまだ不明ですからね。

怪しいのは日下と万紀子

ここまで放送された材料で考えると怪しいのは日下と万紀子になりますよね。

終盤で万紀子が日下の家の近くまで来ています。

家を知っていて会いに来た、と考えるのが妥当かと。

小山内は万紀子と組んでいたつもりだが、万紀子は日下と組んでいて小山内を利用していた?

万紀子の動きが大胆になってきた

万紀子が早苗(二階堂ふみ)に面倒見てもらっているので、部屋に訪ねてくることはわかっていたはず。

あんなわかりやすいところにボイスチェンジャー捨てておくなんて見つかってもいいと思っているのでは

小山内の拉致の事も知っているので堂々と日下に会いに来たのかも。

日下が手を撃たれた、というのも凄く嘘っぽいので万紀子とのつながりが気になります。

来週大きな動きがありそう

海に突っ込んだ馬場の生死は不明ですが、小山内が次回予告で生きていることが確定しているので、まず生きているでしょう。

早苗が何やら死体を見つけたようなリアクションでしたが、斉藤(キンコメ今野)なのか、失踪した西野弥生(おのののか)なのか

弥生は攫われたと考えるのが妥当だと思います。
理由はやはり川野瀬猛の父親の存在を知り、誰かに報告したからでしょう。

あの時誰かに電話をした弥生の口調はタメ口だったので、万紀子は考えずらい。

弥生の交友関係なんてほとんど描かれていないので誰に電話していたのかの予想は難しいですね。

日下あたりとつながりがあったのでしょうか。

 

新一目線で考えると

ドラマ見ていると色々な人の目線から描かれてよくわからなくなるので、新一目線で現状を把握してみようと思います。

  • 新一は誰に脅されているか、誰から命令されているかは不明。
  • ノーナンバー組の3人は味方、ともに脅されている。
  • 万紀子や小山内とは住む世界が違う、と思うようになった。
  • おそらく早苗にももう愛想つかされていると思っている。

こんな感じなのかと。

なのでもう命令を受けている世界を孤独に作戦に集中している感じでしょうか。

新一以外の登場人物の真実も少しずつ明らかにしてほしいな、と思いますが、一つ明かすと全部明らかになるような仕掛けなのかもしれませんね。

第7話公式ネタバレ

公式サイトになる7話のネタバレ予告ですが、色々と気になることが。

小山内は奇跡的に救助されるようですが、小山内が閉じ込められていたトランクには「西野弥生」と書かれた名札が入っていたそうです。

馬場の消息は不明。

また、こんな一文も

小山内は早苗(二階堂ふみ)に身元を引き受けてもらい退院すると、万紀子(黒木瞳)から「ある場所に急ぎで行ってほしい」と頼まれたことを打ち明けられる。いなくなった新一の手がかりがあるのではないかと考えた二人は、万紀子から聞いたその住所を目指す。そこには一軒のログハウスが建っており、インターフォンを鳴らすと、女性の声が。「今、立て込んでいる」と答えたその声は二人が聞き覚えのある声で――。

http://www.ntv.co.jp/soshitedaremo/story/index.html

「二人が聞き覚えのある声」ってこの状況だと西野弥生しかいないんじゃ…。

はるかが生きている、ってのはちょっと無理がありますしね。

そろそろ色々な謎が明らかになってきそうなので来週からも楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ