そして、誰もいなくなった3話感想、ネタバレ考察

ドラマ感想

そして、誰もいなくなった第3話が放送されました。

色々と謎が深まっていきますが、今回はあまり話自体は進まなかったように思います。

感想ネタバレ考察的なものをかいていますのであしらからず。

視聴率7.2%とジリジリと降下中。
初回10.7%、2回目8.6%でした。

ちょっとついていけなくなる人が出てもおかしくない内容ではあります。
私は面白いと思うんですけどね。

 

 


そして誰もいなくなった3話

藤堂新一(藤原竜也)の後輩の五木啓太(志尊淳)は新一の婚約者早苗(二階堂ふみ)の元カレみたいですね。

妊娠している、でスーッと引いていくところリアル。

その後めいっぱい嫌味言い放って出ていくとっても嫌なやつでした。

五木も何か噛んでいそうですけど、誰と手を組んでいるのかはわかりません。

 

廊下でキスしているところを小山内(玉山鉄二)が見ていましたし、はるか(ミムラ)が写真撮っていましたけど、これなんで現場にいたのか。

たまたま早苗の家を訪ねたところに二人いる、ってのはちょっと無理がありますよね。

新一の事を諦めきれていないはるかが仕向けたのかなー、と思っています。

 

 

偽藤堂新一(遠藤要)は告訴を取り下げられ釈放。

川野瀬猛、と言われた時のリアクション見る限りやっぱりこいつは確信犯。

といってもお金もらって言われた通りやっているだけ、的な小者でしょうか。

 

 

小山内からすると、新一が公安に連れて行かれたのはやはり計算外だったようですね。

しかしそれを利用しようとしている。

雰囲気的に小山内は現在2重で計画実行中っぽいです。

上司と一緒になってやっているパーソナルナンバーを滅茶苦茶にしてやんよ!

ってのと別に真の目的がありそう。

上司は小山内の真の目的には何も気づいてい無さそう。

パーソナルナンバーの脆弱性を暴いて出世する、とかが上司の目的なのかもしれません。

 

 

公安警察の鬼塚孝雄(神保悟志)が新一の母親の藤堂万紀子(黒木瞳)の元を訪ねた時ですが、

写真を見た時のリアクションを見る感じ、万紀子は川野瀬猛の事も知っていそうでしたね。

後妻、というのは本当なのでしょうか。

万紀子は小山内とは繋がっているとは思いますが、何が目的かは全然わかりません。

 

 

早苗は五木から色々きいて理解できず、小山内に相談。

小山内はまだ警察には言わない方がよい、とアドバイス。

早苗は個人情報消失には噛んではいないようですが、これから利用されたりするのだろうか。

 

 

新一はスプリンクラーの誤作動に乗じて監禁場所から脱出。

その誤作動を引き起こしたのは君塚砂央理(桜井日奈子)。

 

となると弁護士最上と桜井日名子、ひいてはバーキング連中は繋がっている?

 

西条(鶴見辰吾)の狙いもまだ全然わかりませんね。

砂央理とつながりはありそうですけど、もし砂央理を知っているのなら、なぜはるかに疑いが向くような事をいったのか

 

 

学生時代の同級生、斉藤(キンコメ今野)に電話をする新一。

そこではるかが卒業してすぐ仕事をやめ、ずっと仕事をしていないと聞かされる。

全部新一のせいとか言われちゃう。

今野ははるかの事が好きな感じですよね。

 

 

新一が前日から戻って来ず、探している早苗。

バーKINGを訪ねる。

昨日小山内と来ていた、でもすぐに出て行ったきり、という情報をゲット。

 

そこにはるか登場。

これはつけてきましたね。

バーでの会話を聞く限り、はるかとマスターの日下(伊野尾慧)は繋がり無さそう。

 

 

はるかの泊まっているホテルをみつけ、部屋で話をする新一とはるか。

西条に言われたつけている女ははるかと決めつけ、色々と追及する。

明確に否定はしないはるか。

 

五木と早苗のキスしている写真を見せ、お腹の子も新一の子かどうかわんないよ、とはるか。

なぜ妊娠の事を知っているんだ、と新一。

新一をベッドに押し倒し、なんで私じゃダメなの、といいながらズボン脱がそうとするはるか。

ナマナマシー。

突き飛ばしてどうかしてるぞ、と怒る新一。

ごめん、頭冷やしてくる、と言い残しベランダから飛び降りるはるか。

ゴミ捨て場のゴミ袋たくさんおいてあるところに落下。

お医者さんのリアクション見る限り、どうやら死んじゃったようですが、ゴミ袋たくさんのところに落ちても死なないのでは…。

とか思いましたけどよく考えれば7階でした。

 

 

搬送先の病院で小山内からはるかの事を聞く新一。

新一は卒業直前

 

就職する

やっぱやめて定員一人の研究室に入る

はるかもそこ行きたかったけど新一と争うの嫌で就職

新一はやっぱ研究室やめて東京で就職

はるかはブラック企業に就職、2ヶ月で離職

 

といった流れがあったようです。

この流れが原因の復讐劇?

にしては大げさですよね…。

 

 

新一がはるかを疑ったことを後悔しているところにガキの使いから電話。

ニュース見ろと。

見るとそこには偽藤堂新一が記者会見中。

不当な取り調べを受けた、と。

ここで偽者がもう事あるごとに「私、藤堂新一が」とか言い出す。

そして言う度に藤原竜也さんが「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」

こんなん笑うわ!

 

はるかの搬送先の病院に斉藤が到着。

と同時に手術が終わる。

出てきた先生は首を横に振り…。

誰も死なずに進むドラマかと思っていたのでちょっとびっくり。

斉藤は床なぐりながら

「藤堂の奴、殺してやる」

とご乱心。

 

来週はさらに誰か死ぬ模様。

そしてその犯人に新一が仕立てあげられる、といった感じでしょうか。

さらに伊野尾君と藤原竜也さんがソファーの上でがっしり抱き合うシーンが!

まさかのBL展開くるのでしょうか。

そして、誰もいなくなった3話感想考察

見れば見るほどそれぞれの目的がわからなくなるドラマですね。

誰と誰が繋がっているのか、また、いったい幾つの作戦が進行中なのか。

今怪しい人が全て同じ目的、とも思えませんからね。

 

バーKINGにいるマスター日下、馬場、君塚砂央理(桜井日奈子)はまず同グループ。

西条がスプリンクラーの誤作動を仕向けた事を考えると西条もここ?

もしくはスプリンクラー壊すといったちょっと違法っぽいことする便利屋集団?

 

 

 

小山内は上司との計画と別に新一陥れようとしている風に見えますね。

斉藤は今のところ計画にはかかわっていないけど、新一への憎しみで今後動きがありそう。

 

母親はかなり謎が深い。

新一の情報を消して何の得になるのかわかりません。

実の母親じゃない、というのがどういう意味を持つのか。

来週小山内と大事なからみがあるようです。

 

ガキの使いの正体も気になります。

新一のセンター試験の時の事しっているのは大学の友人4人と母親のみ。

はるかと斉藤は無さそう。

先週小山内の思惑とは別に公安につかまるキッカケを作ったガキの使いなので、現時点では母親とつながりのある人物かと。

ガキの使いが母親の言葉を伝言している、と考えると動物園での鉢合わせとかスマホ渡したのも説明がつくかと。

 

来週、新一は殺人の容疑がかけられることになりそうですが、いったい誰が死ぬのか…。

田嶋さんあたり?

 

謎が深まるのも面白いのですが、ちょっとずつヒントくれると嬉しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ