しくじり先生 水道橋博士感想 微妙でした

しくじり先生感想

9月26日、しくじり先生の3時間スペシャルが放送されました。

ゲストは浅草キッド水道橋博士

今じゃありえないくらいテレビでどぎつい事やっていたたけし軍団の一員ですし、現在も炎上してたりするのでネタは豊富そう。

なんだか顔が依然と違う気がしました。
髪の色も変ですね。

内容や感想を書いています。

 

>>しくじり先生南原社長の感想

>>しくじり先生徳光正行の感想

 

 

 

 


しくじり先生水道橋博士感想

時折涙を見せながらの授業。

カメラに向かっての謝罪も多かったですね。

不祥事を起こすことになった4つの固定観念から授業はスタート。

自分は優等生でなければいけない

固定観念その1。

少年時代はお金持ちの家に生まれ何不自由なく育った水道橋博士さん。

成績はオール5で近所でも有名な少年だったそうですが、進学校にはいると勉強についていけずに留年

そこからは優等生への妬み嫉み満開になっていったそうです。

たけしさんと同じ大学に行かなければいけない

固定観念その2。

そんな時にラジオで聞いたオールナイトニッポンでビートたけしさんに心酔

今の言葉で言うと、リア充をディスりまくるのが衝撃だったそうです。

 

たけしさんの人生をなぞろうと同じ明治大学を受験、見事合格。

同じ大学行こうと思うってよっぽどですね。

 

しかし大学に通った日数はわずか4日

田舎者丸出しだったのでソフトボール大会で仲間外れにされ行かなくなったそうです。

芸人たる者体を張らなくてはならない

固定観念その3。

そしてたけしさんに弟子入りを志願、実際に通い詰めて弟子になります。

体育会系で上下関係の厳しいたけし軍団、そこでは過酷な状況が。

sikujirisuidou

こういう乗りがキライなのでゾッとしました

今じゃ考えられないような体張ったロケをこなしていくうち、お坊ちゃま育ちであることを恥ずかしく思うようになったそうです。

雪山でサイコロから飛び出すのは笑ってしまいました

ちょっと間違ったら死んでますけどね。

芸人たる者過激な行動をしなくてはならない

固定観念その4。

家がお金持ちであることが恥ずかしくなり、無茶な行動を繰り返すように。

  • ジュディ・オングの頭を全力でひっぱたく
  • 居酒屋で暴行事件

武闘派芸人ぶっていたので色々な人にケンカを売ってたそうです。

 

居酒屋での暴行事件は示談金600万円はらって警察沙汰は回避。

600万円はたけしさんに借金

借りた600万円は長い間かかってたけしさんに返済したそうです。

この返済のくだりの時に水道橋博士さん泣いてましたけど、美談にするのは不自然かと。

芸能界追放の危機

その後はレギュラー番組やCMを持つなど売れっ子芸人になった浅草キッド。

売れれば売れるほどたけしさんには敵わないと劣等感を抱き、結果過激な行動で歴史に名を刻んでやろう、と思うように。

免許の写真を面白い紛争で撮ってそれを笑っていいともで披露

免許なくした、と嘘をついて3枚免許取得してたそうです。
直後に警察が家にガサ入れに来て連行されることに。

不正な手段で免許の交付を受けるのは違法です。

1か月後に書類送検され立派な犯罪者になるものの、この時はまだ

sikujirisuidoubasi

こんな事を思っていたそうです。

 

しかし書類送検された結果、水道橋博士は

  • 全レギュラー番組降板
  • CM打ち切り
  • 無期限の芸能活動休止

と大変なことに。

まあいくら昔のテレビが過激だったと言っても立派な犯罪は流石にダメだったみたいです。

相方とその家族に多大な迷惑をかけてしまった、と涙する水道橋博士さん。

父親たる者まっとうに生きなければならない

その後結婚、子供を授かり、まっとうに生きなけれなならないと改心した水道橋博士さん。

コメンテーターしたり作家活動したり急激にマジメな仕事にシフトしていく。

しかしそれも長くは続かない。

生放送中に番組降板

何丸くなってるんだ、クソつまんねえぞ俺!と思い立ちまた過激なことをすることに。

ここから生放送で橋下市長(当時)に噛みついて番組降板した話に。

 

この辺のくだりは全部が必死で言い訳してる様にしか聞こえなかったですし、全然面白くなかったです。

まとめ

全体的にあんまり面白くなかったです。

色々と後付けで言い訳しているように聞こえちゃいました。

現状でも結構プライド高そうですね。

 

人間サイコロが一番面白かった。

 

「締めの固定観念にしばられ自分を潰してはいけない」

というのはいい言葉だと思います。

 

次回の放送は未定。

なかなか連発出来るものじゃないと思いますが、中田歴史塾またやってくれないかなーと思っています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ