しくじり先生 杉田かおる感想 現在は農業をされているそうです



しくじり先生感想

10月10日、しくじり先生の3時間スペシャルが放送されました。

ゲストは杉田かおる先生。

世代的に女優さんとしての印象はあんまりなく、ロンハーで大暴れしていた人、という印象です。

そういえば最近見なかったな、と思ったらロンハーに出始めたのもう10年も前なんですね。

年とったなぁ…。

 

 

しくじり先生杉田かおる先生感想

事あるごとに調子に乗り、周りの言うことを聞かずにトラブル連発の暴君となってしまった杉田かおる先生。

本人いわく「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」を合わせたような人だったそうです。

スキャンダルで雑誌に載った回数が180回。

自分の意見は絶対だと押し通しタブーを犯しまくって嫌われないための授業です。

天才子役時代

5歳で劇団に所属し、7歳でテレビデビュー。

「パパと呼ばないで」でチー坊を演じ、天才子役と呼ばれた杉田かおるさん。

今でいうと芦田プロみたいな感じだったのでしょうか。

 

順調な芸能生活を切ったかにおもえた杉田さんですが、7歳にして大人の汚い世界を見てしまうことに。

今と違ってネットで話が広がらないので裏表ある人がいたそうです。

7歳にして天才子役を自己演出する杉田さん。

この辺の話はちょっと盛り過ぎじゃね?と思いながら聞いてました。

ハイヤーをチャーターするのとか周りの大人の作戦だろうよ!とか。

野暮ですね。

 

自己演出の成果もあり、超多忙な日々を送る子供時代の杉田さん。

この頃からストレスが爆発するようになり、暴君に。

イジメてくる男子をなぎ倒すためにトレーニングしていたそうです。

sikujirisugita

実際に女子プロからスカウトされたこともあるそうです。

何となくゴッツイ人だなーとは思ってましたけど、そんな過去があったとは。

10歳で転職を決意

6歳の時に両親が離婚していたことを知る。

さらに女優から子役は将来大成しないんだよ、と言われ小学4年にして人生お先真っ暗と思い、10歳にして転職を決意。

政治家を接待する芸者になろうと思ったそうですが、時代背景的に政治家の料亭での接待が減ってきていたそうで断念。

仕方なく子役を続けることに。

芸者になるためにかかる費用1000万円を用意してくれるクライアントは見つけていたというからびっくり。

10歳ですぜ…。

実力を過信しどん底生活

アイドルとしてやっていきたくて13歳で個人事務所を勝手に設立。

レコード出して全国回るも、お客さんはどこいっても同じ10人。

チー坊ブームは完全に終了していたので、路線変更を周りの人間から進言されるも無視。

負けず嫌いでアイドル活動を続けるも、社員がついていけないと全員退職。

中学生にして借金300万円を背負うことに。

ここで自分の考えが間違っていたことに初めて気が付き、一度目の暴君終了。

浅井企画へ

借金300万で途方に暮れていた杉田さんですが、浅井企画が拾ってくれて所属。

関根勉さんとか欽ちゃんとかの事務所ですね。

借金は会社が肩代わりしてくたそうです。優しい会社。

そして金八先生で大ブレイク。

高校で暴君復活

sikujirisugita2

金八先生でブレイクし、世間からチヤホヤされ出し、また暴君復活。

暴君ぶりを親にチクった2世俳優に土下座させたり、大物女優を気取って木箱にはいたメロンをお中元でおくったりと中々の暴君ぷり。

借金完済、ふたたび移籍

浅井企画に拾ってもらい、借金300万円を完済。

するともっとギャラが欲しい、となり再び個人事務所設立。

ずっと子役のギャラで働いてたので、一気にギャラを30倍に設定。

それでも仕事が来たため、お金は手に入るも、忙しすぎてまた爆発。

仕事がしたくないので事務所をやめると言い出す。

仕事をしなくなり、収入が無くなるかと思いきや、バブル全盛だったのでマンションの転売など資産運用で資産1億円を達成。

色々と凄い時代の話ですね。

バブル崩壊

お金持ちになるとそのお金目当ての悪い大人がよってくることに。

身内の連帯保証人になり、資産1億から一気に借金1億円に。

1日だけ保証人になってくれ、と泣きつかれハンコ押してしまったそうです。

連帯保証人には絶対になってはダメですね。

2度目の暴君終了

女優としての仕事がほとんどない状態で背負った1億円の借金を返済する為に、どんな仕事でもすると決意。

温泉のロケをしたり、頭に斧ささった死体の役をやったり。

そんな中、今まで出た事のなかったバラエティにも出演することに。

当時の杉田さんは、バラエティを下に見ていたそうです。収録中に無愛想な態度をとっているとMCに「お前みたいな奴絶対に許さない」とブチ切れられ、それを気に一瞬でバラエティを封印。

借金があるので、バラエティ以外の仕事は暴君を抑えて仕事に取り組んでいると「落ちぶれた女優」などバッシングされることに。

さんま御殿出演

バラエティを封印して10年後、「パパと呼ばないで」で共演した石立鉄男さんから

「一緒に踊るさんま御殿出ない?」

と連絡が。

それまでバラエティに出た事のなかった石立さんですが、借金で困っている事を知り、杉田かおるとなら出てもよい、と言ってくれたそう。

ええ人!

 

10年ぶりのバラエティ出演となったさんま御殿で、たまっていたうっぷんをぶちまけると大ウケ。

その後ロンドンハーツに出演したことで大ブレーク。

私が知ってる杉田さんはこの頃からですね。

目が怖くてテレビ用の冗談なのか本気で怒ってるのかよくわからなかった思い出。

人気者になり、24時間テレビのマラソンランナーに抜擢。

24時間暴君に

sikujirisugita3

暴君キャラでブレイク、今まで抑えていたものが解放。

仕事だろうが私生活だろうか関係なく暴れた倒すように。

相手の気持ちを考えず、自分が一番正しいと思い自分の気持ちをぶつけて、芸能人と本気でケンカになっていたそうです。

冗談じゃなかったんですね。

結婚

sikujirisugita4

負け犬キャラでブレークしたのに、会社社長とセレブ婚。

マスコミに叩かれまくったそうですが、国民の期待に応えるように7ヶ月で離婚。

理由は自分の考えを夫に押し付けたからだそうです。

40歳で離婚し独りぼっちになり、負け犬キャラも失い、好感度もなくなり、人生一番のどん底状態に陥った杉田さん。

ようやく自分の過ちに気付きだしたそうです。

杉田さんが得た教訓が

  • 時間がしくじり性格を直してくれるわけではない
  • 何がダメなのかを把握して心から深く反省しよう

そして現在

心身ともに疲れている時に、都会を離れ自然と出会った杉田さん。

自然の力に魅了され、今度こそ暴君を封印。

そして農業を通じて知り合った一般男性と再婚

今は平凡ながら幸せな毎日を送っているそうです。

しくじり先生杉田かおる感想まとめ

いやー長い!

1時間40分ちょっと杉田さんの授業でした。

なんどもしくじっているのでこれでも短くまとめた方なんだろうな、とは思いますけど。

杉田かおるさんって肉食系で男性関係激しい人、という印象だったんですけどあんまり話出てこなかったですね。

 

若林さんも言ってましたけど、ロンハー出てた頃と比べると随分表情柔らかくなったなーと思いました。

ロンハーでのブレーク当時からちょっとこの人話盛り過ぎじゃね?と思うことがあったのですが、今回もちょいちょいそういう所あったかと。

全然盛ってなかったらすまん。

 

次回は10月31日。

現在発表されているゲストは元キマグレンのクレイさんだけです。

年内にもう一回くらい中田歴史塾やってくれたらいいなーと思ってます。

スポンサーリンク

One Response to “しくじり先生 杉田かおる感想 現在は農業をされているそうです”

  1. 匿名 より:

    おんなじ事の繰り返し。
    その内、元に戻ると思う。
    なんで芸能界で生き残ってるのか、理解できない。

    女優さんなので、自分を作る事はできるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ