しくじり先生IMALUイマル・長江健次・山咲トオル先生感想



しくじり先生感想

しくじり先生3時間スペシャルが8月8日放送されました。

ゲストは長江健二IMALUイマル山咲トオル
正直ちょっと小ぶりなメンツ。

しくじり先生もかなりマンネリになってきましたね。

 

昔人気あったのにしくじって落ちぶれたけど、改心して頑張ってまた活躍してます!

という人ならいいんですけど、最近は

昔人気あったのにしくじって落ちぶれたけど、改心してます!

くらいまでの人が多い。

 

今回のゲスト3人とも今活躍してる感じがしないっていう。

 

 

しくじり先生長江健次先生感想

萩本欽一さんへの不義理で30年間絶縁状態だったという長江さん。

内容は自分が一番面白い、と勘違いして天狗になり、欽ちゃんや明石屋さんまさん、鶴瓶さんなどそうそうたる大物に対して不義理なことしてきた結果仕事を失った、というものでした。

内容自体は若い時に売れて天狗になる、というしくじりの王道みたいなものでしたが、出てくる名前が凄かったですね。

一番好感度あがったのは鶴瓶さん。

「気づけただけで十分。気づかない人間の方が多いんやから」

と長江さんに言ってあげたそうです。

鶴瓶さんはわりと本当にいい人そう。
欽ちゃんとさんまさんは目が笑ってなくてちょっと怖い時ありますね。

こういう天狗になってしくじった、という話を聞いていると、天狗になっている時に注意してくれる人がいればまた変わったのかな、とか思います。

まあそういう人がいても天狗になっている人間は人の声に耳を傾けないんでしょうけど。

 

昔の芸能界って今と違ってネットもなければSNSもないから、悪い評判が一般の人の耳に入りにくかったのかな、とは思います。

今だとちょっと調子に乗った事いうとすぐさま袋叩きにされますからね。

 

不義理した人達に会いに行ってわだかまりはなくなっているようです。

しくじり先生山咲トオル先生感想

2時限目はオネエ漫画家で一時期テレビに良く出ていた山咲トオルさんが先生。

言われてみればぱったり見なくなってました。

ピーク時の貯金は6,500万円あったそうです。

バラエティ番組の事をなめていたら仕事なくなった、という内容。

授業の途中で詠んだ一句

「出来ること 一個もないのに 見えはるな」

これは上手でしたね。

正直最近のオネエタレントってただキャラが強烈なだけじゃなくてマツコさんみたいに凄くしゃべりが達者だったりしないと生き残れませんよね。

IKKOさんも雑に扱われている時本当に面白い

バラエティ出た時自分に何を求められているかわかっている人じゃないと一瞬で消える感じがします。

オネエ飽和しているし最近はジェンダーレスとか言い出しているし、ちょっともうポジションなさそうかな、という気がします。

しくじり先生イマル先生感想

親の7光りならぬ両親合わせて14光使ってダメだったイマルさん。

着ていたワンピースが個性的でした。

確かにデビュー当時叩かれまくっていたのを覚えています。

デビュー1年目の主な仕事がコチラ

  • ファッションモデル
  • 連続ドラマ女優
  • ポッキーのCM出演
  • おしゃれイズム出演
  • 声優デビュー
  • 番組アシスタント
  • 歌手デビュー

と流石のラインナップ。

ゴリ押しとか言われてましたけど、ゴリ押しって感じでもないかと。
悪評込で話題になるからドンドン使ってしまえ、って感じ。

イマルさんって全然調子乗っている感じしないんですけど、特別何か優れている所があるわけでもないんですよね。

育ちの良い普通の子、っていう感じ。
さんまさんがお金に厳しく育てている、ってのがいいです。

イマルさんの事は好きでも嫌いでもないですが、叩かれているのはかわいそう。

特に本人に否はないんですよね。

今は自分で事務所立ち上げてお仕事充実しているようです。

普通の芸能人は事務所立ち上げても中々上手くいかない気がしますけど。

次回は8月29日、ついにあの講師が

次回のしくじり先生は8月29日。

先生はオリラジの中田敦彦さん!

久々にオリラジあっちゃんの登場!
いやーこれは本当に楽しみ。

前回のマルクスのしくじりは本当に面白かったです。
単純に内容やマルクスのやったことが面白いのではなく、あっちゃんのプレゼンが凄かった

今回のテーマはピカソ。

女遊びが激しかった事で有名な人なので、エピソードには事欠かなさそう。

絵画の良さはよくわからないので、画の凄さ、みたいなものも紹介してくれるとありがたい。

今回も相当気合入れて下準備してくると思うので、放送が待ち遠しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ