しくじり先生中田歴史塾 ヒトラーの感想。西村さん面白い



しくじり先生感想

9月11日しくじり先生プレゼンツ中田歴史塾が放送されました。

テーマはヒトラーとインド。

しくじり先生での中田先生回の評判がよくて3時間の特番に抜擢された形ですね。

実際にここ最近のしくじり先生の中では抜けて面白かったので納得。

 

生徒役の人達が着ていた中田歴史塾の制服がかっこよかったです。

と思ってたら欅坂46のデザイナーの方が作ったそうです。

 

 

中田歴史塾1時間目

第一回ということで気合入っていたのか、テーマが「アドルフ・ヒトラー」。

これまでのピカソとかマルクスと違って人殺しまくってるので生徒さん役の人たちもこれ大丈夫か?みたいになってました。

ドイツでハイル・ヒトラーの敬礼したら逮捕されます。

 

ヒトラーは

  • 史上最悪の独裁者
  • 第2次世界大戦を引き起こした
  • 日本はヒトラーと仲間だった

と冒頭から刺激的なワードが連発。

 

ヒトラーがユダヤ人虐殺したこととかは知ってますけど、どういった経緯で独裁者になったのかなんて学校じゃ習いませんでした。

独裁者になっていく過程を相変わらず中田先生がわかりやすくプレゼンしてくれました。

 

  1. 学生時代は落ちこぼれ・普通の学校も美術学校も落ちる
  2. 親のお金で遊んだあとホームレスに
  3. 第一次世界大戦に参加、敗戦
  4. 戦後ナチ党の調査を任される
  5. ナチ党での討論会で大ウケしてスカウトされる
  6. 演説会したら毎回大ウケ、どんどん規模が大きくなる
  7. 党のエースになり、その後党の代表に
  8. 大統領選に出馬、負けるも首相に任命される
  9. 大統領が死ぬタイミングで首相が好き放題できる法律を通す
  10. 独裁者の完成

とざっくりこんな感じ。

 

 

中田先生が考えるヒトラーの力は

  • 演説力
  • デザイン力

の二つ。

演説で群衆の心をつかみ、軍服などをオシャレなデザインにすることで若者に憧れを抱かせる、といった流れ。

100年近く前で戦後の精神状態ならガッチリハートをキャッチされても仕方ないかも。

なんだかこのあたり聞いててアメリカのトランプさん思い出しました

ヒトラーは頑張り屋さん

ヒトラーは演説するにあたって結構努力していたそうです。

  • 沈黙を作ってから話す
  • 簡単な言葉しか使わない
  • 同じフレーズを繰り返す
  • 夕方の時間帯に演説する

ジェスチャーの練習してたとか意外に真面目。

演説内容も気を使っており、

  1. ピンチな状況
  2. 新しい目標
  3. 今まで見えてなかった敵
  4. 必殺のキャッチフレーズ

という必殺のストーリー構成があったそう。

このストーリーの説明のところでのユダヤ人のくだりはゾッとしました

 

この後、ユダヤ人の大量虐殺とかに繋がるのですが、そのあたりはサラっと流す程度。

さすがにこの番組でガス室がどうとか取り上げるわけにいかないですしね。

 

ドイツが難民を受け入れる理由も過去のことにあると中田先生。

ドイツが難民受け入れているのは知ってましたが、ちゃんと理由有るのはしりませんでした。

 

今回の授業の教訓は

「知らない相手は誰でも怖い 仲良くする勇気を持ち続けよう」

と発表したところでヒトラー編終了。

ちょっとモヤっとした終わり方

あれ?

第2次世界大戦引き起こした話は?

日本とヒトラーが仲間だった、てのは第2次世界大戦で同盟国だった、てことだけ?

とちょっと中途半端に終了してしまった感が。

 

ヒトラーがなぜ独裁者になったのかは面白くわかりやすかったですけど、さすがに触れにくい話多かったのか最後はモヤーっと終わってしまいました。

喋ったけどカットされたのかな。

中田歴史塾感想まとめ

最後は若干微妙な終わり方でしたけど、バラエティーとして見たらちゃんと面白かったです。

 

突っ込みどころがないわけではないですが、中田さんは場の空気を作るのが上手

生徒から欲しい答え引き出せなかった時の修正能力が地味に凄い。

生徒役の出演者さんが空気読める、ってのも大きいと思いますけど。

 

ラフレクランの西村さんがいつもの澤部さんの席に座ってましたけど、とても面白かったと思います。

あまり知らなかったんですけど元アナウンサーの人だそうで。

空気読むの上手だし面白いコメントするし、これからも呼ばれそうですね。

スポンサーリンク

One Response to “しくじり先生中田歴史塾 ヒトラーの感想。西村さん面白い”

  1. メイソ より:

    ラフレクランの西村さんではなくて、いつもの澤部さんが良かったと思ってしまいました。生徒がいつもより、つまらなくてガッカリしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ