しくじり先生 多岐川華子先生 内容ネタバレ・感想

しくじり先生感想

12月12日、しくじり先生3時間スペシャルが放送されました。

ゲストは多岐川裕美さんの娘さん、多岐川華子さん。

いつの間にか「華子」さんに改名していました。

 

いやー意外と言ったら失礼ですけどこの授業面白かったです。

 

スポンサーリンク

しくじり先生・華子先生内容感想

子供のころから何不自由なく育った華子先生。

欲しい物は全て買ってもらい、バカラの人形でおままごと。

他にも小学生のころから贅沢三昧。

しくじり先生華子

色々していた習い事もすぐに飽きてしまう。

こういう幼少期を送ったせいで、世間知らずに育ってしまったそう。

 

お母さんの多岐川裕美さんは自身も結婚して3年で離婚。

女手一つで華子さんを育て、仕事忙しくて娘にあまり会えないず寂しい思いをさせている、というのがあるので甘くなってしまったのかも、という華子先生の予想。

芸能界を目指す

14歳の頃に芸能界に入りたい、と思うようになった華子先生。

理由は女優に憧れた、とかではなく

「母の様にチヤホヤされたい」

というストレートなもの。

意外にも母の裕美さんは反対したそうです。

「華やかに見えるけど、実際に華やかさは1㍉もない」

と言っていたそうですが、華子先生は聞く耳持たず。

 

自分で芸能プロのオーディションを受けるも全滅。

それを知った母が勝手な事をするくらいなら、と大手事務所を紹介

無事に親のコネで芸能界入り。

 

16歳の時に2回死にかける

そんな華子先生、16歳の時に2回死にかけたそうです。

一度目は

しくじり先生華子死にかける1

背景がコナン風。

どんな目にあったのかと思ったら、

 

 

部屋が狭くて息ができなかった

 

というぶっとんだ内容。

 

どこかに泊まる時は広い部屋にしか行った事がなく、初めてビジネスホテルに泊まった時、当時は真剣に犬小屋かと思ったそうでうす。

部屋が狭すぎて圧迫感を感じ息が出来なくなったと。

 

この件に感想を求められた乃木坂の生田さんは

「教科書をビリビリに破り捨てたい」

とイライラ気味。

ここが一番面白かった気が。

 

そして2回目の事件は

しくじり先生華子死にかけ2

幼いころから飛行機に乗る時はビジネスクラスだった華子先生。

写真集の撮影でハワイに行くためにのった飛行機で、初めてエコノミークラスの存在を知る。

薄々わかりますが、今度は

 

席が狭すぎて息が出来なくなった

 

 

生田さん曰く

「救いようがない」

2世ブーム到来で仕事増加

そんな中芸能界は2世タレントブーム。

バラエティ番組で芸人と共演する機会も増える。

バラエティで必死に喋る芸人を見て

「そんな頑張らなくてもいいのに」

「今日も騒いでらっしゃるな」

とか思ってたそう。

しくじり先生

この頃始めた一人暮らしは、三軒茶屋の3LDK。

家賃は26万円。

当時はまだせまいと息が出来なかった頃。

 

そしてこの家を一年で引っ越す。

その理由は

 

広すぎた

 

生田さんは

「今日の授業凄い嫌です」

とぶったぎる。

 

順風満帆でチヤホヤされた華子先生、すっかり大女優きどりに。

sikujirihanko5

さんまさんの番組に呼ばれた時はちゃんとしてました、て言って若林さん激怒。

実際にさんまさんとか大御所の前だと態度変わる人いるみたいです。

仁科克基さんと結婚

14歳の頃に面識はあった仁科さんと、20歳の時に再開。

あってすぐ

 

俺の女にする

 

その2週間後に

 

俺の嫁にする

 

 

すぐにかっこいいこと言いたがるDQNそのものである。

 

そう言われて、最初は何いってるの?て感じだったらしいですけど、これを何度か言われるうちに好きになってしまい、結婚。

 

豪華な結婚式をあげることになるが、かかる費用を一切気にせずプランを立てたため、いくらかかったかは知らないそうです。

 

そして1年後に離婚を決意。

まあ結婚した当初からみんな別れると思ってたような感じだったので、離婚自体は誰も驚いていなかったような記憶が。

相手の仁科克基さんは相当女癖悪いとの噂ですし、結婚後もキャバクラ行きまくって愛想つかされた、とか当時言われてました。

 

今回の授業では離婚の理由については触れず。

 

離婚して一番苦しかったのは母に迷惑をかけたこと。

自分より母が有名なため、母の名前が大きく報道される。

母の仕事現場にマスコミが押し掛けたり。

散々迷惑かけたのに、母は娘を気づかって明るく接してくれたそうです。

母の立場の重みを知って、初めて母に申し訳ないと思ったそう。

 

ちょいちょい多岐川裕美さんの写真が出てきたんですけど、さすがに美人。

離婚後の仕事

離婚後の仕事は、離婚の事についての話を求められるものばかり。

別れた直後に話す気になれなかったので、離婚話をNGにした結果、仕事がゼロに。

 

母に無理をさせているのがつらくなり、一人暮らしをすることに。

仕事が無く、人としゃべる気にもならなかったため、引きこもって過食症になり体重が10キロ増。

 

太った自分の姿を見て、芸能界をやめようと決意。

母に報告すると

「10年芸能界にいて、やっとスタート地点にたったのにまた諦めるんだ」

と、厳しい言葉。

母の言葉で、逃げることが一番ダメだとわかる。

 

人生で初めて本気で自分を変えようと決意した華子さん。

生まれて初めてのアルバイトを始める。

 

ずっとリッチな生活していたので、アルバイトをして初めてお金のありがたさを知ったそう。

働く人を見て

輝いている人はみんな努力をしている

ことに気付く。

 

母も努力していたが、楽をしたいだけの自分はそこを見ないようにしていたと。

今までは母の名前を利用していただけだが、今後は母の内面を学びたい、と思うようになったそうです。

 

今は「多岐川裕美の娘」と呼ばれるのはしょうがないけど、いつかは「そういえばあの2人親子だよね」と言われるようになるために精進していくそうです。

 

最後に世間知らずの人に向けて

「世間を知る努力をしよう」

という言葉をおくって授業終了。

感想まとめ

生田さんのコメント力凄いですね。

最近は若林さんが期待して話ふることが多くなっている気がします。

期待に応えてニコニコしながら暴言はいて毎回面白い。

 

華子さんは、正直登場した時は全然期待してなかったんですけど面白かったです。

何か事件おこしたとかじゃないので笑い話にちょうど良かった気がします。

 

話し方がゆっくりで聞きやすかった。

かなり世間知らずだったようですけど、放送中に性格悪そうに見える所はなかったように思います。

女優として今度成功するかどうかはわかりませんけど、昔の事はちゃんと反省しているみたいですし現在28歳、そのうちいい人見つけそうです。

 

元旦那はテレビ出るたびに好感度下がっていっている気がしますけど。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ