しくじり先生 新庄剛志先生 内容ネタバレ・感想 現在の生活も公開

しくじり先生感想

2月20日、しくじり先生3時間スペシャルが放送されました。

ゲストは新庄剛志さん。

阪神・メジャー・日本ハムと渡り歩いた元プロ野球選手。

割と真剣に今のパリーグの盛り上がりのきっかけを作ったうちの一人かと。

 

顔が随分変わったな、とか眉毛なんだそれ、とかいい年してカラコンはちょっと…

とか思いながら見てましたけど、授業自体は凄い面白かったです。

1時間目の坂本ちゃんが控えめにいってクソだったので余計に面白く感じたのかもしれません。

坂本ちゃんの授業の感想も書こうかと思いましたが、文句しか出てこなかったのでやめました。

スポンサーリンク

しくじり先生・新庄剛志先生内容感想

番組史上最高額の金銭トラブルをおこした先生として登場。

お金の管理を任せていたA氏との間で凄い金額のトラブルがあったそうです。

とにかく「22」という数字に色んな縁があったので新庄剛志の「TSU-2ライフ」として授業スタート。

 

バリに住んでるのは知ってましたけどそんな大きいしくじりやらかしてた印象なかったです。

かっこつけてフライ取ろうとして落としたりとかなら山ほどありそうですけど。

プロ野球時代

ドラフト5位で阪神に指名され、3年目から活躍。

4年目の年棒が2200万円。

高額な年棒を貰うようになった時に、母からの紹介でAさんと知り合う。

物凄い豪邸に住んでるし街歩くと警察官があいさつしてくるような人だった為、信用してお金の管理を頼むことに。

Aさんは新庄先生の父親ほどの年齢で色々相談に乗ってもらっていたそうです。

 

当時の事を振り返って新庄さんは

「あの頃活躍できたのはAさんのおかげ」

と話していました。

8000万貰っても貯金はゼロ

敬遠の球を打つなど華のあるプレーで人気者になった新庄さん。

プロ入り10年目には年棒が8000万円までアップ。

しかしその時の貯金残高はなんと0円。

毎年お金入る度に新しい車買っていたため全然貯金してなかったそうです。

 

周りに忠告されませんでした?との若林さんの問いに

「僕スターだから」

 

新庄さんて何言っても全然嫌味に聞こえない気がします。

FA行使、まさかの行先

10年目にFA権を取得した時、契約更改で提示された金額は4年12億

普通喜んで契約しそうなものですけど、そこはスター新庄。

 

関西で有名になってもなぁ…

 

と思い、関東の球団に移籍を考える。

関東の球団で手を挙げたのはヤクルトと横浜。

どちらも提示金額は阪神と同じだったそうです。

 

それを見た新庄さんは

 

アメリカ行った方が早いんじゃね?

 

と突然アメリカに行くことを考えます。

お金どうこうよりスターになりたいという考え。

ニューヨック・メッツに移籍

その年の日米野球での大活躍が目に留まり、ニューヨークメッツからオファーが。

夜中の2時に六本木に呼び出されていきなりお金の話から。

そこで提示された金額が2,200万円。

12億円で国内で野球するか、2,200万円でメジャーか。

 

いきなり記者会見でメジャー移籍発表してビックリしたの覚えています。

家族にも一切相談無しで決めたそう。

 

発表の翌日から

  • 日本の恥だ
  • イチローでも通用するかどうかわからないのにお前が通用するわけない

など結構バッシング受けたそうです。

ちなみに、イチロー選手と新庄さんは同じ年にメジャーに移籍しています。

2人とも日本人初のメジャー野手。

 

そんな中唯一応援してくれたのがAさんだったそうです。

よくわからず契約

メッツとの本契約の時、英語がわからないので知人の知人の知人に同席してもらう。

その知人、実はあんまり英語がわかってなかったそうで、新庄さんは意味わからないまま80枚くらいの契約書にサインしたそうです。

 

なぜ通訳雇わなかったのかと言うと

 

お金がなかったから

 

車買い過ぎて通訳雇うお金が無かったそうです。

日本人初の4番バッター

同僚の事故死という不幸な幸運もあり、メジャーリーガーとしてデビューする事が出来た新庄さん。

 

メジャー1年目の8月には日本人初の4番バッターという偉業も達成。

4番デビュー戦の相手はランディ・ジョンソン

人類史上最高の左腕といってもいいレベルの化け物ピッチャーです。

4番デビュー戦は4打数3三振。

直後にはスタメン落ちも経験しますが、その後も4番での起用が続き、1年目を

  • 打率:.268
  • ホームラン:10本
  • 試合数:123

という成績で終えます。

 

規定打席には届いてませんけど、これで守備上手だったら十分メジャーでやっていける数字。

大スターに

4番で活躍すると、ニューヨークでもスター扱いされる事に。

買い物帰りにパトカーが送ってくれたり、ニューヨークタイムズに「NYは新庄の街だ」とか書かれたり。

人気者になってそれなりに遊び歩いていたそうです。

 

若林さんの

「英語わからないでどうやって遊んでたんですか」

との問いに

 

英語覚えるより日本語を覚えさせた方が良い

 

と衝撃の答え。

しまいには監督も日本語覚えようとしてくれたそうです。

 

日本に帰ってからもスーパースターに。

適当にポーズとって写真撮るだけでCMのギャラでウン千万円もらえたり、用具のスポンサー契約などもあり、気づいたら7~8億円もらえていたそうです。

 

そういう野球以外のギャラも全部Aさんに預けていたそう。

一切自分では通帳を見ていなかったそうです。

 

野球以外のギャラが膨らんでくるうちに、

 

野球なんかマジバイト

 

という感覚になっていたそうです。

2年目でクビに

2年目はサンフランシスコ・ジャイアンツに移籍した新庄さん。

バリーボンズがハッピ着て出迎えるなど、熱烈な歓迎を受けるも成績を残せずクビに。

流石のスター新庄でもバイト感覚でメジャーで成績残すのは難しかった模様。

 

翌年メッツに復帰するも、ケガなどもありマイナー暮らしが多くなり、2003年に日本プロ野球に戻ることに。

SHINJO誕生

日本に復帰するにあたって選んだ球団は日本ハム。

その年から日ハムが北海道に移転

自分一人でどれだけ北海道を変えられるか、と思って日ハムを選んだそうです。

 

移籍した当時は最初に連絡くれたのが日ハムだったから、て言ってた気がしますが実は違ったみたいです。

最初に連絡くれたのは巨人の原監督だったそうです。

 

日ハムでは新庄劇場で盛り上げまくってましたね。

メジャーと日ハムにいた6年間で、総額44億円稼いだそうです。

22億円を失う

CM撮影で訪れたバリで、誰も自分の事を知らない事に感激してすぐバリに住むことを決意。

奥さんにはメールで離婚を伝え単身バリに。

 

奥さんへの慰謝料を支払った後、バリに移住するからお金をバリに移そうと決意。

Aさんにあってそれを伝えるが、Aさんから見せられた通帳の残高はなんと2200万円

44億円稼いだので、税金引かれても22億くらいあるだろうと思ってたのに2200万円しか残ってなかった。

 

Aさんは業績が悪くなってきた自分の会社の資金としてお金を使いこんでいたそうです。

裁判を起こすも取り返せたのはわずか8000万円

 

Aさんが破産宣告してしまったため、それ以上はどうにもならなかったそうです。

バリ島での生活

バリ島での新庄さんの生活も公開。

スクーターで移動して、ATMでお金をおろし、スーパーで買い物。

普段かけてるサングラスとかもスーパーで買った500円くらいのものだそうです。

他にも飲食店で持ち帰りのナジゴレン頼んでたり、1時間300円のマッサージ受けてたり。

 

安物でも滅茶苦茶スタイルいいので凄い高い物身に着けてるように見えます。

お金あった時と比べて質素な生活になってるみたいですけど、本人は楽しそう。

しくじり先生新庄剛志感想まとめ

いやー新庄さん回面白かったです。

結構無茶苦茶なこと言ってるんですけど、新庄さんて全然イヤミがないので素直に面白いと思えます。

悲壮感がないのもいいですね。

メール離婚のくだりだけはちょっとどうかと思いましたけどw

 

一つ一つのエピソードの蛇足みたいな話が面白かったので、坂本ちゃんの授業削ってもっと長い事やって欲しかったです。

槙原投手のモノマネ上手。

 

本人にその気があれば日本でも仕事増えそうですけど、そこまで貪欲に稼ごうとするタイプにも見えない気はします。

 

個人的に久々にオリラジ中田さん以外の授業での当たりでした。

もうそろそろベッキーさん出てきてもいい頃じゃないでしょうかね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ