セントウルステークス2016 レース後コメント・全馬掲載



レース後コメントスローガン

サマースプリントシリーズ最終戦、2016セントウルステークスが開催されました。

レース後騎手調教師コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気ビッグアーサー。

2着に2番人気ネロ、3着に9番人気ラヴァーズポイント。

4着に11番人気アースソニック、5着に6番人気スノードラゴン。

 

3番人気のダンスディレクターは7着でした。

 

1枠に入ったビッグアーサーが逃げる予想外の展開

外からスノードラゴンが競りかけてきた時にかかり気味になりハイペースで逃げる展開に。

それでも最後まで全く止まりませんでした。

高松宮記念の時も相当強かったですが、ちょっと他の馬とはレベルが違う感じでした。

 

私は休み明けの分で2着ならあり得るんじゃないかと、ネロ→ビッグアーサーの馬単1点に小銭突っ込んでました。

直線での位置取りは逆の想定だったんですけど、ビッグアーサーがあんなレースしたらもうしょうがないです。

 

これでスプリンターズステークスは単勝1倍台の可能性も出てきたんじゃないかと。

本当に今年の競馬はスターホースが多くて楽しみ。

2016セントウルステークスレース後コメント

1着 ビッグアーサー(福永祐一騎手)
「スタートだけ注意していました。メンバーから考えてそれほど流れは速くならないだろうと考えていたので、それなら先手をとることも考えてレースに臨みました。やはり仕掛けると、ガツンとハミをとるところがあります。それでも、もともとのスピードの持続力が高いので、最後まで脚がおとろえることはありませんでした。どんなレースでも出来る馬ですが、タイトルを獲ったことによって、終われる立場になりましたから、これからは今日のような王道レースで、正攻法のレースで次のタイトルを獲りに行きたいですね。久々のレースでしたが58キロを背負って勝ったことは非常に価値のあることです。それに大型馬ですから、使われた上積みも大きいでしょう。疲れを癒して、いい状態で大舞台に出てほしいですね。次は相手も強くなりますが、すきもなくなってきました。楽ではありませんが、不安なく、臨めます。もうひとつのGIを取りたいですね」

2着 ネロ(内田博幸騎手)
「外の馬があんなに行って流れが速くなるとは。あの流れで止まらないのだから、勝ち馬は強いですね。なかなか道中息を入れるところがありませんでした。ついていったら完全に止まっていたでしょう。この馬も人気通り走って頑張っています」

3着 ラヴァーズポイント(川須栄彦騎手)
「この馬のリズムで先行して、しぶとく3着に粘ってくれました。手先が軽くなっていますし、力をつけていると思います。強い相手に対して良くがんばって走っています」

4着 アースソニック(岩田騎手)
「ラチ沿いをロスなく運べましたし、最後までしぶとく伸びてくれました」

5着 スノードラゴン(川田将雅騎手)
「今日は前半から、自分から前に進んで行く感じでした。道中は馬の気分に任せて行かせました。早めに勝ち馬をつかまえに行った分、最後は甘くなりましたが、良くがんばっていると思います」

6着 レッドアリオン(武豊騎手)
「距離は問題ありません。むしろこれくらいの距離があっている感じです。ゴール前にゴチャついて進路がなくなりましたが、スムーズならもう少し上位に来れたと思います」

7着 ダンスディレクター(浜中俊騎手)
「前回は良かったゲートも今日は相変わらずで、座り込むような形で遅れて出ました。今回はあまり順調ではない状態からの休み明けで、反動が出ないようにと考えてのレースでしたが、良く追い上げて、上位と差のないところまで来ました。改めて能力は高いと感じました」

8着 エイシンブルズアイ(石橋騎手)
「開幕週の馬場で前残りの展開でしたからね。この馬なりには、いい脚を使ってくれました。使って良くなるタイプですし、次は楽しみです」

9着 ウリウリ(デムーロ騎手)
「道中の感触がひと息。直線も反応してくれなかった」

10着 アットウィル(古川騎手)
「いい位置で運べたけど、最後の坂で止まってしまった」

11着 ティーハーフ(藤岡康騎手)
「直線はインを突きましたが、ゴール前はスムーズにさばけませんでした」

12着 マイネルエテルネル(和田騎手)
「徐々にだけど良くなっている」

13着 メイショウライナー(松山騎手)
「もう少し前で運びたかったんですが…」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ