「世界一難しい恋」第6話感想 | いさなみ先生視聴率11.7%

ドラマ感想

世界一難しい恋第6話が放送されました。
ネタバレ、あらすじ、感想書いていますのでご注意をば!

第六話の視聴率は11.7%でした。
前回からは微増。

11%~12%くらいで推移していきそうですね。

 

世界一難しい恋第5話感想

 

 

ーーーーーーーーーー

先週告白に成功し交際がスタートした鮫島零治(大野智)と柴山美咲(波瑠)。

柴山美咲が社長を好きになった理由は

死んだおじいちゃんに似ているから。

両親を亡くした柴山美咲を男でひとつで育ててくれたおじいちゃん。
おじいちゃんがホテルマンだったんですね。

波瑠さんの女子高生姿は無理がありましたね。
かわいかったからいいですけど。

おじいちゃんが無くなった時の柴山美咲の髪型はなんなんだ。

人間って髪型とかメガネでえらい印象替わるんですね。
かわいかったからいいですけど。

 

水族館にデート行ったり落語見に行ったり順調そのものの二人。

仕事以外ではレイさん、みささん、と呼び合うことに。
ほほえましい!

 

付き合っているのにまだ連絡先交換していない二人。

言い出せずに携帯アピールする鮫島零治のかわいさったら。
大野さんハマり役すぎですねこれ。

のろける鮫島を冷めた態度でいなす村沖(小池栄子)。
相変わらず小池さんの演技が効いています。

 

水族館のお礼メール来ただけで

鮫「ええこじゃのうぅ!」

千鳥か!

そして付き合った途端あれだけ師匠と仰いでいいたライバル社長の和田(北村一輝)に恩をあだで返すような態度を取る鮫島。

全く嫌な顔を見せない和田社長は大物だなぁとか思っていたら後で手痛いしっぺ返し食らうことに…。

 

 

ここにきて三浦家康(小瀧望)が随分話に食い込んでくるように。

ジャニーズウエストのコンサートのDVDのCMで小瀧さんチラっと映ると
お、家康!とか思うようになりました。

家康絡みでまだまだ面倒な事が起こりそうな気も。

 

 

柴山をホテル業界のパーティーに誘ったら

「歯医者と美容院の予約があるから無理です。」

いやそこはパーティ選んでもいんじゃない?
そしてまだ美容院必要ないんじゃない?

強引にパーティーに誘い挙句には社長命令とか言い出す鮫島。
子供みたいな事言う鮫島と一歩もひかない柴山。

最終的に柴山が折れたものの

鮫「最初から俺の言うとおりにすればいいんだよ」

言ったらアカンやーつ!

ちょっと険悪な雰囲気になり連絡とらない状況に。

 

 

落語のDVD借りた事がきっかけで電話して仲直りすることに。

いさなみ先生あるあるなんやねん!
ニヤニヤしてしまうわ!

奥さんは「いさなみしほ」という事に。
逆から読んだら「星見なさい」。

こんなのすっと出て来るなんて柴山は同じような事考えていたことあるのだろうか。

しかしなんだこのバカップルは!
うらやましい。

 

そしていよいよホテル業界のパーティー当日。

会釈する村沖を完全に無視する和田社長。
悪い男やで…。

村沖さん手玉に取られるフラグじゃないですか…。

和田にすりよる三浦家康。
こいつはこれから利用されそうだな…。

 

和田社長に、君と付き合ったのはこのパーティーに女を連れて来るため、と誤解を招きまくる事言われて、しかもそれを真に受けて怒って帰る柴山。

ここで先週の予告の

「サイテーです」

「破局だ…」

和田社長やっぱり嫌な奴やないか!
まああれだけアドバイスしてあげてからの鮫嶋の態度ならこのくらいの仕返しは仕方ない…かな?

破局だ、と同時に嵐のテーマソングとスタッフロール流れて、先週の予告消化しただけで終わり!?と思っていたらその後電話で仲直り。

正座して電話する鮫島が良いですね。

鮫「会おうと思えば会えるのに合わないのはいかなる理由なのか!」

柴「会います?」

鮫「今からあってくれんのか?」

の流れが非常に良かったです。
30過ぎたおっさんがドラマみて何をキュンキュンしてるんだろうか。

 

来週の予告では鮫島と柴山が二人で観覧車乗ったり、堀まひろ(清水富美加)が社長と柴山が付き合っていると暴露したりする模様。

来週の鮫嶋の目標はどうやら柴山美咲とキスすることみたいです。

ーーーーーーーーーーー

 

 

大野さんのコミカルな演技が癖になってます。

小瀧望さんの三浦家康のキャラもどんどんたってきていますし、全体的に本当に見事なキャスティングだと思います。

 

きっとこの後鮫島と柴山は一回くらいはがっつり別れて、最終的にはより戻してハッピーエンドと予想していますがどうなることやら。

というかこのドラマがバッドエンドとか絶対に辞めてほしいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ