「世界一難しい恋」第5話感想 | 5月11日視聴率11.5%

ドラマ感想

水曜日のメインイベント、世界一難しい恋第5話が放送されました。
ネタバレ、あらすじ、感想書いていますのでご注意をば!

第5話の視聴率は11.5%でした。
ちょっと下がってしまいましたね。

 

世界一難しい恋第4話の感想

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーー

前回メダカの孵化を一緒に見た勢いでお前が好きだと伝えることに成功した鮫島零治(大野智)。

その返事は「考えさせてください」。
恋愛経験なさ過ぎてその意味がわからない鮫島。

いやさすがにわかるだろう。

告白した後からずっと柴山の好きな緑色のネクタイを付ける鮫島。

かわいい。

 

中々返事をくれずに待つことにイライラ。
答えを待っている最中も仕事についてはしっかりと意見する柴山(波瑠)にさらにイライラ。

でも村沖(小池栄子)に諭され待ちます。
というか鮫島は毎回村沖に諭されるのを待っているように見えます。

ダダをこねる鮫島と諭す村沖のやりとりは毎回ほっこりしていいですね。

 

ライバル社長和田(北村一輝)のアドバイス「待っている間に何をするかで成功するかどうかが決まる」を受け運転手石神(杉本哲太)の結婚パーティを開く鮫島。

そこで石神に新婚旅行の為に1週間お休みをあげ好感度アップを狙うも見ていない柴山。

上手くいかずに落ち込む鮫島。

「優しい嘘をつけない器の小さい男で結構だ」

「俺はモテる男にはなれなかった」

 

 

翌日、ついに柴山から返事をするとのリアクションが。
19時まではジムにいるという鮫島。

これはなんか急用入って遅れるやつだな…と思っていたら1分もしないうちに上司から代わりに会議行ってくれという依頼が。

ラブコメだと堂々とこういうベタ放り込めて良いですね。
単勝オッズでいうと1.1倍です。

 

案の定会議が長引き19時に間に合わない。
鮫島は19時になり一度帰ろうとするも、走りたりないとルームランナーで走りながら待つことに。

そしてようやく柴山美咲到着。

走ってきたせいで唇カッサカサ。
メイクが細かい!

 

柴山「遅くなって本当に申し訳ございません」

鮫島「実は俺もついさっき来たとこなんだ」

ルームランナーのタイマーは74分を経過していた…。

鮫島、あんたは優しい嘘がつけるモテ男だよ!

 

柴山「返事お待たせして申し訳ありませんでした」

鮫島「メダカの孵化を一緒に見てから今日まであっという間だった」

鮫島、あんたは優しい嘘がつけ(ry

 

そして柴山の返事は

「私も社長と同じ気持ちです」

おーけーきたああああああああ!!!!

もうこれ最終回でいいんじゃないでしょうか。
第5話で告白おーけーされるなんてこっからすれ違ってあーだこーだするの確定です。

胸が苦しくなるのでこのままハッピーになってくれていいよもう…。
なんの苦難もなくここから最終話までハッピーな展開だとドラマとしては視聴率爆下げでしょうけどね。

どうやら柴山は鮫島のことを「零治さん」と呼ぶようです。

ドギマギするいい距離感だなおい!

とか思っていたら予告の最後で

柴山「最低です」

鮫島「破局だ…」

1話ももたんのかい!

社長が集まるパーティでなんかあるんでしょうね…。
なくていいのに…。

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

石神(杉本哲太)大活躍の回でした。
石神は52歳にして同級生と結婚したりB級グルメめぐりが好きだったりと色々とキャラが出てきました。

そろそろ村沖と和田もなんかありそうですね。
村沖が多少揺れ動くくらいの話はありそう。

堀まひろ(清水富美加)と三浦家康(小瀧望)はくっつきそうな雰囲気ですがミスリードですかね?

小池栄子さんと言い杉本哲太さんといいほんとに脇を固める役者さんがいい味出しているドラマです。

 

来週社内での雰囲気とかどうなっているのか楽しみです。
内緒だけど堀にだけは伝える、みたいな感じでしょうか。

早く水曜にならないかな…。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ