ショーンKことショーン・マクアードル川上さん

テレビ感想文

2016年の年明けからスマップやらDAIGO北川景子結婚、ベッキーゲス川谷センテンススプリング騒動や、加藤紗里と狩野英考6マタ騒動以降色々あり、その後最近少しおとなしかった芸能界ですが、また新たな逸材が登場したかもしれません。

ショーンKことショーン・マクアードル川上さん。

物凄いレベルの経歴詐称が発覚し、出ていたテレビ番組を軒並み降板。
おまけに整形疑惑まで出てきてちょっとしたお祭り状態。

初めて見た時は正直鼻どうなってるんだ、と思いました。
鼻っていうか目と目の間、眉間の盛り上がりが不自然ですよね。

高校時代にはホラッチョ川上とかいうあだ名までつけられていたそうです。

学歴や年商、コンサルティングの経歴なども嘘だらけ。
週刊文春の取材に答えられているようです。

すんなりテレビ降板となったので、これ以上どこまで文春砲の追撃があるかは不明です。

学歴詐称とか年商を多く言うのなんてそこまで珍しくないと思いますが、個人的に不思議なのが、

なぜテレビ局はここまでの経歴詐称に気が付かなかったのか?

一切調査とかしないんですかね?

ADさんとプロデューサーさんとの会話で

AD「さすがにこれ怪しくないっすか?」

P「うーんちょっと怪しいよなぁ」

AD「どうします?問題になる前に調べときます?」

P「嘘なら嘘で面白いし使っちまうぞ!」

なんてやりとりがあったかどうかは不明ですが、面白そうならなんでも使ってしうのがテレビといえばテレビなんですが、報道ステーションとかとくダネとか一応真面目な番組(一応)でこんな人を簡単にブッキングしてしまうのもどうかと思いますね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ