皐月賞2016マカヒキの鞍上どうすんの問題

makahiki2

弥生賞が終わり、皐月賞に向けて少しずつ勢力図が整っていきました。
残すところはスプリングS、若葉S、毎日杯といったところ。

スプリングSには新潟2歳Sで圧巻の走りを見せたロードクエストや、2戦2勝のサトノキングダムドレッドノータス、シンザン記念を勝ったロジクライなどが出走予定。

この世代で最初に強烈なインパクトを残したロードクエストですが、ホープフルSでハートレーに敗戦。
そのハートレーは共同通信半で1.9倍という圧倒的な1番人気に推されながらいいところなく6着に敗れています。

ハートレーはこの後皐月賞に直行するようですがなんとも評価が難しいです。
そして2歳重賞のホープフルSが弥生賞より賞金高いってのはどうなんでしょうかね。

ホープフルSが6500万、弥生賞が5400万。朝日杯FSが7000万ということを考えると破格すぎですよね。
ちなみに2015年のホープフルSは6700万だったそうです。

ロードクエストの鞍上は今回も皐月賞も池添騎手の予定。
チューリップ賞で外人騎手に挑戦状叩きつけたのは痺れたので、意地を見せてもらいたい。

新潟2歳S見た時は結構衝撃的だったので、今回良いレースして堂々と皐月賞に挑んでほしいです。

サトノキングダムは新馬、セントポーリア賞と連勝。同じサトノのダイヤモンドに挑戦権を叩きつけるのか。
例年ならもっと注目されていい馬かもしれませんが今年はちょっと粒が揃い過ぎていますね。

スプリングSでは戸崎騎手が乗るようですが、その戸崎騎手は皐月賞、ダービーはハートレーに乗ることが決定しているようです。

ドレッドノータスはハービンジャー×ディラディアノビアという良血馬。
ハービンジャーから大物が1頭でも出ると生産業界が盛り上がると思うんですけどね。

勝ちあがりは早いがすぐ頭打ち、秋から古馬になってから再活躍、みたいな渋い馬が多そうです。
個人的に大注目のポトマックリバーが屈腱炎になっていなければハービンジャーの評価は変わっていた…はず…。

シーザリオ(リオンディーズ)、エアメサイア(エアスピネル)、ディラディアノビア(ドレッドノータス)という2005年のオークスの1着~3着の馬の子供が皐月賞やダービーでそろい踏み、となると面白いですね。

ちなみに2005年といえばディープインパクトが3冠馬に輝いた年。まさに血統のロマン。


鞍上どうなるのか

このあたりで各陣営本番に向けて騎手をしっかりと確保しておきたい所ですよね。
特に最近はデムーロルメールが乗っている馬が多いので本番で乗ってもらえないことが増える。

現時点での皐月賞での騎乗予定は

サトノダイヤモンド・ルメール

マカヒキ・未定

リオンディーズ・デムーロ

エアスピネル・武豊

ロードクエスト・池添

ハートレー・戸崎

ディーマジェスティ・蛯名

ともしかしたら1番人気になるかもしれないマカヒキ号の鞍上が未定。
下手したらおこぼれで2冠とれてしまう可能性すらある事態に。

空いている有力所というと…

岩田…おそらく札幌2歳Sを勝ったアドマイヤエイカン。有力馬主なだけに無下にすることも出来なさそう。お願いだから回避してくれ、て思ってそう。

浜中…治療中。無事だったら最有力だったかも?

他で空いていそうな所となると
横山典、川田、福永騎手あたりになるんですかね。

福永騎手を中山で有力差し馬に乗せるとはちょっと怖い。
横山騎手も思い切りが良過ぎるのが怖い。

となると川田騎手が無難ですかね。
もしくはその時免許下りている外人騎手。

この状況で次外人とかあんまりなんで出来れば日本人が乗ってほしいですね。

エアスピネルがマイルC直行とか言い出したら武さんでしょうか。
まず皐月賞だろうし真剣に逆転のチャンスあると思うので変な事考えないでおきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ