カルテット1話ネタバレ感想 これは良ドラマ!エンディング痺れるわ!

カルテット

カルテット初回1話が放送されました。

あらすじや感想を書いています。見てない人にはネタバレになるかもしれないのでご注意を。

 

いやーこれ面白いわ!

みんな演技上手で引き込まれる。

初回視聴率は9.8%

頑張った方じゃね?

 

個人的にから揚げにレモンを搾る搾らないより誰一人お米を食べない方が気になる。

から揚げにはご飯いるでしょうよ!!

スポンサーリンク

カルテット1話登場人物

ある日カラオケボックスで「偶然」出会った四人が軽井沢の別荘で共同生活を送ることに。

でも実は偶然ではなくー。

といった感じの始まり方。

 

ジャンル的には「ラブ・サスペンス」になるそうです。

サスペンスというだけあって、何となくですけど色々と伏線張り巡らされていそうな感じです。

あとから見返したら面白い発見とかあるドラマだといいですね。

主な登場人物の四人

巻真紀(まき まき):松たか子

このドラマの主役はこの人。まあ4人全員主役みたいなもんですけど。

担当楽器は第一ヴァイオリン。

四人の中で唯一プロ経験があるみたいです。

 

変な動画見る癖がある。

鴨の赤ちゃんが次々と排水溝に落ちる動画とか。

イチローのエラー集とかプレミアリーグのオウンゴール集とか。

 

結婚しているが夫は失踪。

そのことを内緒にして共同生活に参加するが、1話のラストで失踪していることを告白。

流れとしては

 

他の3人と口論になり、

「帰るところあるじゃないですか」

「ありません、旦那失踪したんで」

 

みたいな感じでした。

でもそれも嘘かもしれません。

 

世吹すずめ(せぶき すずめ):満島ひかり

担当楽器はチェロ。

ニートで超マイペース

人が買って置いてあるゼリーとか勝手に食べる。

から揚げにレモンを勝手に搾る。

まくしたてるように煽る。

家森が隠し持っている1箱1600円のティッシュを勝手に開ける。

 

部屋着がダサイ。

髪もボサボサ。

ドレスアップした時のギャップにやられる人続出(私調べ)。

 

真紀の旦那の母親に

「真紀と友達になってさぐりを入れてくれ」

と依頼を受けて、偶然を装って出会い、共同生活をすることに。

 

別府司(べっぷ つかさ):松田龍平

第2ヴァイオリン奏者。

ドーナツ会社に勤めながらヴァイオリンを弾いている。

御爺さんが何やら有名な人らしく、会社でもお局みたいな人に特別扱いされて居心地悪そう。

四人が共同生活することになった別荘は司の祖父のもの。ボンボン。

特に問題なさそうに見えるが、何やら秘密を抱えているそうで。

今のところ一番常識人に見える。

 

家森諭高(いえもり ゆたか):高橋一生

担当楽器はヴィオラ。

すずめとはまた違ったタイプのマイペース。

人に自分のペースを乱されるのを極端に食らうタイプ。

4人そろって初の晩御飯ですずめと司が断りもなくから揚げにレモンを搾り若干キレる。

「自分は自分、人は人」でいたい感じでしょうか。

 

35歳で美容室でアルバイト中。

まだこの人の秘密は出てくる様子ナシ。

ボディソープの事をバディソープと発音する。

 

個人的に高橋さんを見るのは「僕のヤバイ妻」以来。

あのドラマでは凄くいい味だしていてハードルが上がっているのですが、簡単に飛び越えてくれそう。

声にやられる女性が続出している模様(私調べ)。

あと腕まくりをしていることが多いので前腕に魅了される女性が続出している模様(私調べ)。

カルテットざっくりあらすじ

4人で共同生活開始。

オシャレなライブレストランで演奏しようとするが、ベンジャミン瀧田(イッセー尾形)というレギュラー出演しているピアニストが。

「余命9ヶ月のピアニスト」を売りに演奏しており、レストランのオーナーも切りたくても切れない状態。

 

真紀は5年前に東京でベンジャミン瀧田を見たことがあり、その時も余命9ヶ月を名乗っていたという。

真紀はその事をレストランのオーナーに報告、それがきっかけでベンジャミンはクビに。

空いた枠に4人が入り、演奏できることに。

 

嘘を報告して自分たちの枠をあける、という真紀の行動に4人の意見が割れる。

ジリジリとした口論の末、真紀は夫が1年前に失踪したことを打ち明ける。

 

色々あったけどレストランでの演奏は無事成功。

 

すずめはリビングのテーブルの裏に盗聴器を仕込んでいた。

その盗聴器の依頼人の鏡子(もたいまさこ)に渡して経過報告。

鏡子「かならずどこかで本性が出るからそれまで友達のふりをしてください」

 

 

すずめ「みぞみぞしてきた」

 

で1話終了。

カルテット1話感想まとめ

正直、出演者の方々があまり興味のない人達だったので期待してなかったんですけど、これ面白い!

なんせ主要4人がみんな演技上手なので、セリフの掛け合いが心地よい。

 

ベンジャミン瀧田の事についてみんなで話しているシーンとか思わず見入ってしまいました。

あんまり演技に見えないというかなんというか。

 

なんとなーく見てるだけでも楽しめそうですし、みんなの秘密とか嘘を推理しながら見るのも楽しそう。

 

色々伏線っぽいシーンもあったので、ちゃんと回収してくれることを期待。

真紀が一人でご飯食べている時に聴いていたラジオとか諭高が登場した時にキスした女子大生とか意味あるのだろうか。

 

カラオケで出会ったのは偶然ではないみたいですが、出てきた部屋の位置をみると全員真紀を見ていた気がします。

そのうち明かされるであろうポイントなので楽しみ。

 

そしてエンディングが痺れるくらいかっこいい。

椎名林檎さんの作る歌も良いし、松たか子さんの歌唱力もすごい。

 

逃げ恥と同じ枠のドラマで、テイストは全く違いますが完成度はヒケをとらないんじゃないかと。

もう火曜10時といえばTBSのものになりそう。

いつぞやの月9みたいに。

 

まあ何が言いたいかっていうと私は吉岡里帆さんが好きです

 

1話見て期待が物凄く膨らんだのでどうにかちゃんと終わってくれることを祈ります。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ