アワーハウスOUR HOUSE第3話感想。加藤清史郎、陥落。視聴率は4.0%

ドラマ感想

楽しむ為にはおおらかな心が必要なドラマ、OUR HOUSEアワーハウス第三話が放送されました。

ネタバレ、上から目線の感想書いてますのであしからず。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーー

3話あらすじネタバレ・感想
モッテモテの長男、加藤清史郎回。

こども店長も立派に成長していますね。
なんだか個性的な声になってますけど声変わり中?

ピアノ弾いてるだけで女子に囲まれてプレゼント攻勢を受けるモテモテっぷり。
誰か一人に選べと言われるも選べない。

というか女子に興味ない!

となります。

 

女子に興味ない→同性愛者?
というミスリードを前回の予告から計っていた感じです。

デリケートな問題ぶっこんでくるか!?
と少ない視聴者に身構えさせていました。

家族で支えるぞ!的な空気になりかけますが、結論は同性愛者ではありませんでした

亡くなった母親に疑似恋愛していて同世代の女子に興味ない、みたいな事でした。
芦田愛菜ちゃんが、ちょくちょく話をしに家に行っている引きこもりの男の子が、「長男と母親には特別な感情あるんだよ」みたいな事言っていました。

 

初めての子育て。

長男と母親、二人だけの世界。

不思議な疑似恋愛。

 

ちょっと何言ってるかわからなかったです。

私長男ですけど何言ってるかわからなかったです。

最終的に山本耕史が母さんは俺の女だ!
とか言ってチャンチャンですけど、よくわかりませんでした。

見返してもわかりませんでした。

山本耕史さん絡みのシーンがあまり面白くないし感動も出来ないのがこのドラマの難しい所ですかね。

 

 

今回の見所はなんといっても高山さんお激おこのお芝居
塚本高史さんと松下由樹さんの浮気を疑って掴みかかってブチ切れます。

真剣に何喋ってるかわからなくて吹き出しました。

怒るシーンを出来るだけ聞き取ってみました。

「俺に浮気の濡れ衣着せて」

「自分はしっぽりそいつとやって」

サンダンカ!

これが限界でした。
普通のシーンだと相当滑舌に気を使っているんだろうなーと思います。

胸ぐらつかみ合って殴り合いしそうな二人。

冷水をかける松下由樹。

大笑いする松下由樹。

歌い出す松下由樹。

ヤバい奴でした。

 

結局ちゃんと誤解といてないけど大丈夫みたいです。

TVerで次回までなら今週分見れるので気になる方は見てみると良いのではないでしょうか。
高山さん激おこから松下由樹さんが壊れるシーンは35分20秒くらいから始まります。

 

来週は塚本高史さんの別れた奥さんと子供とのお話がメインの様です。
あとマッサンの過去についてもちょっと触れそう。

今週のMVPは3週連続高山さんです。
2話に1回くらい怒るシーン入れて欲しい。

ーーーーーーーーーーー

 

このドラマ、笑わせようと思っている所以外でおかしい部分多すぎるのが問題では。
バナナマンさんが「コントつくる時、ボケ以外の部分は出来るだけ現実的に作る」みたいなこと仰っていたのを思い出しました。

しかしなんやかんや楽しく見ています。

この後ありそうなのは残る兄弟回、引きこもり少年と矢田亜希子回、橋爪功さん回でしょうか。
橋爪さんは腰痛がるシーンあったのでどこかで伏線回収しそう。

なんとか打ち切りにならずに全話放送してほしいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ