アワーハウスOUR HOUSE第1話感想。高山!高山!



ドラマ感想

フジテレビ系列で始まった日曜9時のドラマ「OUR HOUSE」。
芦田愛菜ちゃんと寺田心君にマッサンという炎上狙ってるとしか思えないキャストが気になって見てみました。

見てみての感想を書いていますが、ほとんど褒めていないのであしからず。

 

ーーーーーーーーーー

感想を先に言わせていただくと

高山www

もうこの一言です。

天竜源一郎をマシにしたような滑舌のプロレスラーを配役するセンスが凄い。

誰だこれ?

ってなる人は「ドンフライ×高山」で検索すると高山さんが格闘技ファンの心を鷲掴みにした試合の映像が見られると思います。

しかも松下由紀さんの旦那っていうまぁまぁ大事な役
まず来週からも出番あるでしょう。

実際に高山さんと松下由紀さんの子供とか出来たら日本人離れした体格の子供になりそうですね。

高山さんの存在感と芦田プロのセリフ回しが凄いなー、ってのが面白かった点です。
他はまぁひどいというかなんというか…。

ドラマの内容に関してはかなりキツイと感じました。
笑いあり涙ありのホームコメディドラマを目指した結果全て上手くいかなかったです、といった内容。

突っ込みどころしかない展開の繰り返しで、その一つ一つがただ不愉快に感じましたw

山本耕史さんの役が1話見る限りただのクズでした。
奥さんと死別して半年後にラスベガスのディーラーと再婚して、死別したことも子供4人いることも内緒に日本に連れて来るという凄い設定。

最終的に泣いている愛菜ちゃんの前でラッパ吹いて終了。
何一ついい所がない初回放送でしたw

ちょっとお調子者だけど締めるとこ締めるみたいなキャラの予定だったのかもしれませんが、脚本的に無理がありましたね。
山本さんのせいではないと思います。

マッサンのシャーロット・リンリンならぬシャーロット・ケイト・フォックスさんでまだ30歳なんですね。
失礼ながらもう少し上の方かと思っていました。

脚本のせいでこの人の好感度も下がりそうw
今回の放送だと芦田愛菜ちゃんがかわいそうでかわいそうで…w

タコスと肉じゃが作って先に食べられた方が勝ちってルール何だよw
最終的に父親の選択で負けるとかトラウマなるで…。

さすがにこのままな訳はないので、色んなエピソードを重ねていくうちに愛菜ちゃんとマッサンは和解するし山本耕史さんのいいところも出てくるのでしょう。

最終的に芦田プロとマッサンは仲良くなるけど、最後のシーンはちょっとケンカして終わり、と予想。

ーーーーーーーーーーーー

 

ちょっとこれは次回以降見るかは微妙です。
もうちょっとコメディ要素が優れていると見ようかとも思うのですが、全体的に変な空気になっていますからね…。

みんなでブーブー言うために見るならオススメです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ