オリックス待望のホームラン第一号は糸井

開幕13試合連続ホームラン無しという2リーグ制以降の日本記録を更新していたオリックスですが、開幕14試合目にしてようやく初のホームランが飛び出しました。

打ったのは糸井選手。

4月13日の日本ハム戦で5回に、逆転となる3ランホームランをライトスタンドに叩き込みました。
中途半端に日本タイ記録で打つくらいなら更新してから打ってくれてよかったと思っておきます。

 

試合の方は8回に同点に追いつかれるという負け濃厚な展開から粘って延長10回にサヨナラ勝ち!
今日の勝ちをきっかけにいい流れに乗っていってほしいです。

ホームランが出たこともそうですが、地味に平野投手が今シーズン結果的に抑えているのがいいですね。
サトタツさんがあまりよろしくない+コーディエ2軍なんで平野投手には頑張ってもらわないといけません。

現在、昨年より悪いんじゃないかっていう位にチーム状況の悪いオリックスですが、

打線が今日のホームランをきっかけに上昇

・異常な数のエラーしていた守備陣が安達選手復帰で引き締まる

平野投手が2013年並みのピッチングを見せる

うん、まだまだいけます。

幸いソフトバンクがエンジンかかっておらず、パリーグは予想以上に混戦模様。
ちょっと頑張ればまだまだ上位進出できるはず!うんきっとそう!そうに違いない!

当ブログはまだまだ懲りずにオリックスを応援します。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ