奥様は取扱い注意 4話感想・あらすじ | ノリは軽いが中身は重い

奥様は、取り扱い注意」の第3話が放送されました。

あらすじ内容、感想などを書いています。

ネタバレ全開ですので、内容知らずに見たい方はご注意を!

 

奥様は取扱い注意4話あらすじ

菜美(綾瀬はるか)は中学時代にヤンキーに。

といってもカツアゲする側ではなく、カツアゲしている少年を締め上げてされている少年を助けたり。

街の痴漢にひじ打ちかまして捕まえたり。

これがきっかけでスパイへの道を歩むそうです。

スポンサーリンク

読書会なる高貴な集い

菜美と優里(広末涼子)と京子(本田翼)の3人は近所の豪邸に住む主婦・美佐子(星野真里)が開いている「読書会」に参加。

ケーキや紅茶を嗜みながらみんなで読んだ本の感想とかを言い合う会。

なんとも言えない上品な集いですね。

京子は課題の本が難しすぎてちゃんと読んでない模様。

 

そこで読書会中に帰宅した美佐子の息子、悠斗の可愛さに刺激を受けた菜美は子供の事を夫の勇輝(西島秀俊)に相談しようとするがはぐらかされてしまう。

誘拐事件発生

何日かして、3人が読書会の為に美佐子の家を訪れると美佐子の様子がおかしい。

強引に家に上がり込むと憔悴しきった美佐子が。

なんと息子の悠斗が誘拐されており、身代金1億円の要求が。

警察に連絡したら息子を殺すと連絡があり、お金で解決しようとする美佐子と夫。

 

そこに悠斗の家庭教師の真純(佐野ひなこ)がやってくる。

タイミングよく犯人から連絡。

「今家に入っていった家庭教師を現金の受け渡し人にしろ」

という内容。

 

すでに何かおかしい様子を感じ取っている菜美。

優里と京子は家に帰るが、菜美は晩御飯の用意してからまた美佐子の家に。

菜美の凄い洞察力

菜美がもの凄い洞察力で真実を見抜く。

  • 家庭教師の真純が来てから夫が美佐子を見なくなった
  • 真純が美佐子を見る目には少しの敵意と多くの優越感がある
  • おそらく真純と夫は不倫関係
  • 犯人は真純
  • 痴話げんかのもつれで誘拐したのだろう
  • しかし不測の事態が起きたようで真純の表情に緊張が
  • 緊張で瞳孔が開いている

など全て御見通し。

 

菜美は近くのクリーニング屋に。

そこの店長は昔のスパイ仲間で凄腕のハッカー。

街の防犯カメラにアクセスし、悠斗を誘拐したミニバンを発見。

ナンバーから家を特定。

 

こういう街に仲間がいて店を閉めて協力する展開大好きです。

いつものフルボッコタイム

計画したのは真純で、誘拐したのは豪邸に住む大学生3人組。

親の留守中にとんでもないことをしておる。

 

サングラスと帽子で申し訳程度の変装をした菜美が襲撃。

3人とも瞬殺。

地下に悠斗くん発見。

 

その場では助け出さす、公衆電話から通報。

悠斗は無事保護。犯人は逮捕。

最後に重い結末

当然家庭教師の真純も逮捕。

取り調べで

「子供をおろしたショックでやってしまった」

と供述。

 

え、そんな重い話!?

てなりました。

 

美佐子の夫は家庭教師の真純と不倫、妊娠させ、中絶させているクズでした。

 

美佐子は夫と離婚、シングルマザーに。

奥様は取扱い注意・4話感想まとめ

お金目当ての浅い動機の誘拐事件なのかと思って見ていたら最後の5分でえらく重い真実が明らかに。

このドラマ、ノリは軽いんですけど扱う内容は結構重いです。

 

個人的にクリーニング屋が元スパイ仲間、みたいな展開大好きなので今回も楽しかったです。

毎度ぴっちりした服で視聴者を楽しませてくれる綾瀬さんですが、今回は最初の方だけ。

 

最初出てきた時、佐野ひなこさんが家庭教師役ってどうなんだろう、とか思ったんですけど不倫相手役と考えると適役に見えてきました。

 

来週はクラブでバッサーが危ない目に合うみたいです。

早くも次週で5話。

そろそろ京子や優里メインの話も出てきそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ