野々村竜太郎元議員2度目のイメチェン、無精ヒゲでジャージ姿に

nonomura

号泣議員こと野々村竜太郎元議員の第2回公判が2月22日に行われました。

えらく並びの良い日付ですね。

前回はドタキャン→拘束→記憶障害コントという見事な芸を披露し、笑いに貪欲な姿勢を示していた事もあり、今回も注目が集まっています。

前回はスキンヘッドで挑んだ野々村先生ですが、今回は無精ヒゲを伸ばしまくりのワイルドな風貌で登場。
服装も前回のスーツからジャージに変更と、やる気ないですアピールでもするかの様なイメチェンした外見で法廷に現れました。

ネットでは第2形態になったとかあと1回変身を残しているとか言われていますね。
次は号泣会見したときの容姿でお願いしたいです。

法廷に現れた際には「えっ」というような驚きの声が飛んだようです。

肝心の法廷での答弁ですが、今回も記憶障害キャラで挑み、

「収支報告書を作成した記憶が全くないので、(虚偽の)書類を作成したのかすら分かりません」

と主張したようです。

前回の公判後には、記憶障害の診断書を提出することも示唆していましたが、提出は無し。

野々村先生側の弁護士は、

「法廷を見ていただいたとおり。(証拠の)請求してない。もう(証拠調べはこの日で)終わりました」

と述べられており、記憶障害の診断書の提出は断念した模様。

書いてもらえなかったんでしょうね。
さすがにこれだけ注目の案件で適当に記憶障害なんて診断したらその後どれだけマスコミに追っかけまわされるかわかりませんからね。

前回記憶障害と言っておきながら診断された日ははっきり覚えていて笑いを誘いましたが、今回も似たようなことがあったようです。

昨年3月にマスコミに直撃取材された事を根に持っているようで、具体的な日付と記者名をあげて「暴行を受けた」などと宣ったそうで。


反省文が証拠として採用

また、今回の公判で、野々村元議員が書いて提出したとされる反省文が証拠として採用されました。

作成された日付は平成26年の11月。警察の取り調べが終わった直後に提出されたものです。

「平成26年11月15日、神戸地方検察庁検察官殿 野々村竜太郎反省文。以下 私は兵庫県警察本部から御庁に書類送検されます虚偽公文書作成・同行使および詐欺事件の被疑者でございます。この度はとりわけ透明性が求められます政務調査費収支報告書、政務活動費収支報告書に虚偽の内容を記載いたしまして、兵庫県議会議長に提出いたしました上、政務調査費、政務活動費という公金を詐取いたしまして、大変な事件を起こしましたのと同時に、それ以上にとりわけ兵庫県民の皆さま方の信頼を裏切りましたことが、大変悪質でありましたことに思い至りまして、毎日大変反省いたし、皆さま方に対し心からおわび申し上げます。

私は警察では取り調べで、犯しました不正を認識して、取り返しのつかないことが改めまして発覚いたしております。平成26年7月11日、同事態の責任を取りまして、兵庫県議会議員を辞職いたしまして、受け取りました政務調査費、政務活動費を返納いたし、皆さま方に対しまして謝罪の気持ちでいっぱいでございます。西宮市民というだけで私のために肩身の狭い思いをされていたり、自宅や実家など近所の皆さま方が不快な思いをされている姿をニュースで拝見し、警察への取り調べを通じて多くの皆さま方に大変なご迷惑をおかけいたしましたことを毎日大変反省いたし、心からおわび申し上げます。

刑事告発を受けましてからも多くのご批判のお手紙等をちょうだいいたしまして、そんな中でも叱咤激励のお手紙をいただき、その方との交流を通じて1人でも多くの皆さまのお役に立ちたいと改めまして実感しております。最後になりましたが、このような事件を起こさないことをお誓い申し上げ、心からおわび申し上げます。結びになりますが、本来でございましたら直接お渡ししたいと存じますが、報道機関との混乱を避けたいと存じまして、郵送でご提出することをお許しください」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160222-00000016-kobenext-l28

 

ざっくり言うと、県民の信頼を裏切りました、悪質でした、反省しています。といった内容です。

記憶障害とか言っておいて少しでも反省しているアピールするために提出したのかなー、と思っていたらこれ検察側が証拠として提出していました。

反省してるって明記してるんだから記憶障害なんて通じないよ?うん?

ていう事ですかね。

弁護側は警察の取り調べ終わった直後だから任意性ないよ!って言ってるみたいですけど証拠として採用されました。

こういう人の弁護してる人ってどんな気分でしているんでしょうね。
仕事でしてるだけだから特別な感情とかないんでしょうか。

野々村元議員からは、

「逮捕され、留置場に入れられて、裁判で晒されて、そんな精神状態ではとても答えられません」

というコメントも聞かれました。

「晒されて」とか口にしてしまうあたり、反省してないとかじゃなくて自分が被害者だと思ってる節がありありと見受けられますね。
自ら進んで世界に恥を晒した号泣会見はどう思っているんだろうか。

次回、第3回の公判は4月25日に行われる予定です。

次回も変身を見せるのか、記憶障害に続く面白キャラ設定は出てくるのか、注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ