逃げるは恥だが役に立つ 2話感想 ハートフル坊主は実在した

逃げるは恥だが役に立つ タイトル

逃げるは恥だが役に立つ第2話が放送が放送されました。

あらすじや感想を書いています。

 

ガッキーかわええ!

この家事代行雇いてええ!(2週連続2回目)

ちょっとエンディングのダンス部分短かったですね。

>>逃げるは恥だが役に立つ1話感想

 

逃げ恥」の第1話の視聴率は10.2%でしたが、TVerやGYAO!での見逃し配信の視聴数がTBS史上初の100万再生を突破。

2話の視聴率は結構あがるんじゃないでしょうか。

TVerの見逃し配信は次回の放送までなので見たい方はお早目に。

>>TVerで逃げ恥を見る

 

 


逃げるは恥だが役に立つ2話あらすじ感想

先週の情熱大陸に続き今週はNEWS23でスタート。

今回のドラマといい掟上今日子の備忘録といい、かわいさにしか目が行ってませんでしたが新垣結衣さん演技上手だと思います。

 

ドラマが終わった直後の本物のニュース23の予告が

「副議長が”ずる休み”でネパール旅行」

でちょっと笑いました。

異論反論オブジェクション

津崎平匡(星野源)の会社の人たちが結婚式について異論反論オブジェクション!

なんだそれ、て思って調べたらNEWS23内の街頭インタビューのコーナー。

市井の人に意見を聞く、という内容。

「市井」と書いて「しせい」と読みます。
意味は市中に住む人、街中に普通にいる人。

市井 紗耶香さん思い出したのはここだけの話。

家族には上手く嘘を通す

津崎平匡と就職と言う名の契約結婚をした森山みくり(新垣結衣)。

お互いの両親がとても正直に話しても理解してくれるタイプではないので本当に結婚をする、という嘘をつくことに。

両家顔合わせの場で、式はお互いする気がないという事にして回避することに成功。

 

このあたりサラっと行ってくれてよかったです。

バージンロードのくだりでちょっとしんみりしたので、両親に嘘ついている罪悪感パートが長いとつらくなるところでした。

毛モシャモシャされてるガッキーかわいすぎ。

そして石田ゆり子さんかわいすぎ。

何食べたら47歳であんなかわいくなるのか。

 

顔合わせを終えた後の二人の会話で

「後ろ向きな選択だっていいじゃないか。恥ずかしい逃げ方だったとしても、生き抜くことのほうが大切で、その点においては異論も反論も認めない」

と津崎が言いますがえらいカッコイイ。

今週はこのカッコ良さからのギャップがえらいことになる。

 

津崎の事を「相手の意に反する事をする人じゃない」と思えるみくり。

みくりの事を「距離感をわきまえていて何か察すると波のように引いていく」と思える津崎。

お似合いや!

まだ恋愛感情はないにしても相手の事を考えあっているいいコンビ。

速攻で疑いを抱く沼田

津崎は会社で沼田頼綱(古田新太)、日野秀司 (藤井隆)に結婚が嘘なんじゃないか疑惑をかけられ、渋々日野とその家族だけ家に招いてみくりを紹介することに。

みくりにも了承を得て日野一家を迎える準備をする。

しかし当日、日野の子供が熱を出しドタキャン。

日野の代わりに沼田と風見涼太(大谷亮平)がやってきてさあ大変。

 

用事があるからと慌てて家に戻り対策を練る津崎。

とりあえず別々に寝ている事を悟られないように布団を隠す。

布団を直すときに自分ごと押入れに入る津崎

今週は津崎のかわいさが光っていました。

ガッキーのかわいさで視聴者をつって星野源のかわいさで追い打ちをかけるスタイル。

 

全力ダッシュで家にやって来る沼田。

厄介なゲイである。

雷+大雨で泊まることになる二人

押しかけてきておいてみくりの作った料理にケチをつける沼田。

「全部クックパッドでしょ」

なんて嫌な奴なんだコイツは!

とか思ってたらなんと沼田が「ハートフル坊主」というハンドルネームでクックパッドに投稿したのをみくりが作っていた。

 

ちなみにハートフル坊主のページが実在すると話題に。

>>ハートフル坊主のレシピ

芸が細かい。

 

そろそろお開きに、と言い出したところで突然の落雷に大雨。

電車が止まっている+沼田が異常に雷を怖がるため泊まることにする沼田と風見。

 

津崎とみくりのどっちが床で寝るかの言い合いが微笑ましすぎ。

「卑怯だっ!」

 

結局津崎はリビングで男3人で寝て、みくりは津崎の布団で寝ることに。

ここで沼田にも色々ある、という事を知って自分の考えを素直に反省する津崎のシーンはよかったです。

結局ばれてた

1泊して帰った2人だが、沼田が帰り際隙をついて津崎家の寝室をのぞいていた。

それをわざわざ風見に伝える。

まったくもって厄介なゲイである。

悶絶する津崎

沼田と風見が帰り、いつもの暮らしに戻る津崎とみくり。

色々あったせいが、みくりが津崎のベッドのシーツを替え忘れ匂いがそのまま残っている

その匂いのせいで悶々として寝れない津崎。

星野源さんのファンの人たちは萌え死んでるんじゃなかろうか。

第3話予告ネタバレ

ここから来週のネタバレ。

公式サイトにのっている3話のあらすじでは

自分の布団に残ったみくり(新垣結衣)の匂いに惑わされ、“プロの独身”のポリシーが保てなくなることを恐れた津崎(星野源)は、急にみくりに対して心を閉ざしはじめる。
異性であるみくりとの距離をおくため、2LDKの部屋に引っ越そうとまで言い出し、態度が急変した津崎の心理がわからず頭を抱えるみくり。食卓での会話も徐々にぎこちなくなっていき、家では緊張感が漂いはじめ…。

ある日、偶然街中で風見と遭遇したみくりは、ただのイケメンではない風見の意外な面に好感を抱き、何の悪気も無く津崎の前でも風見の話題をよく出すようになる。“夫”として、みくりと風見の親しげな様子に益々複雑な心境の津崎は、「雇用契約書」に、新たに《恋人または好きな人が出来た場合》の項目を作成しはじめ…。

そんな中、互いに気持ちの整理がつかないまま、ひょんなことから風見、沼田、百合(石田ゆり子)と共にぶどう狩りに出かけることになったみくりと津崎。開放的な空間で素直な胸の内を話し合い、気まずかった2人の関係が修復されたと思われたが…。その矢先、津崎は、風見から衝撃の言葉を耳にする。

http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/story/story03.html

うーん、風見が暴れそう。

1話でも意味ありげにすれ違うシーンあったので薄々感づいてましたが、やっぱりそうなっちゃうんですね。

津崎は35年間彼女いないので、こじれるのは仕方ない。

逃げるは恥だが役に立つ2話感想まとめ

ガッキーがかわいいだけじゃなく、単純に面白い。

男性視聴者はガッキーに萌えて女性視聴者は星野源さんに萌えるという男女のニーズを同時に満たすドラマ。

今「好きな芸能人」は、と聞かれたら迷わず新垣結衣さんと答えます。

 

そして古田新太さんがいい味出してますねほんと。

そっとしておいてやってくれよ、と真剣に思ってしまう。

他の登場人物のキャスティングも見事ですね。

大谷亮平さんはこのドラマで初めて見たので、最初は竹之内豊のリメイクくらいにしか思ってなかったのですが、軽薄な感じが出てていいですね。

前半戦の台風の目になりそう。

 

火曜日が楽しみ。

来週の予告を見るとちょっと気が重いですけど。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ