【逃げ恥】逃げるは恥だが役に立つ第9話ネタバレ感想 バカ!平匡さんほんとバカ!!

逃げるは恥だが役に立つ タイトル

逃げ恥こと「逃げるは恥だが役に立つ」の第9話が放送されました。

あらすじや感想を書いています。見てない人にはネタバレになるかもしれないのでご注意を。

スポンサーリンク

逃げ恥9話あらすじ感想

平匡とみくりの微笑ましいすれ違いで終わった先週。

「あって火曜日のハグを!」

「はい!」

って言ってたのに平匡はみくりの両親に引き留められ帰れず。

その後会社でトラブルがあり呼び出された後徹夜続きで家に帰れず。

 

やっと家に帰れるが帰宅したのは深夜2時。

電気ついているのを見てテンション上がるけど、みくりはソファで寝てしまっている。

ブランケットかけてあげる平匡。

頭なでなで。

手を伸ばしてから撫でるまでのタイムラグが平匡らしい

 

朝まで寝ていたみくりだが、平匡は仮眠してまた会社に。

「このまま一生会えなかったりして」

と不安になるみくり。

風見とのわだかまりは消滅

仕事してる平匡に話しかける風見。

  • 正直に告白しますが、僕はみくりさんが好きです
  • だけど、津崎さんの好きとは違うと思います
  • 僕は津崎さんも好きです
  • この前はすいませんでした

 

百合ちゃんの車の中で起きていて話聞いていたことを告白する平匡。

大事なことに気付くことが出来たと礼を言う平匡。

風見は起きているのに気づいていてあの話をしていた模様。

 

風見いいやつである

 

百合ちゃんの化粧品のサンプル配りをやっている現場を訪れるみくり。

百合ちゃんや部下が仕事している所を見て考える。

(はたから見れば私は無職なのだろうか)

百合ちゃんに頼まれたアンケートに、悩んだあと職業欄には主婦と書く。

新キャラ登場

会社のロビーで風見に声をかける女性が。

去年合コンした五十嵐杏奈(内田理央)。

新キャラ登場。

 

風見にはギリギリ覚えられている程度なのに会うなり飲みに誘う五十嵐。

「今晩飲みに行きません?」

「興味あるんで」

とかなり積極的。

「僕が君に興味がないとは考えないんだ」

と久々の風見節。

そういえば登場した時は結婚を迫る女性に堂々と

「なくても困らないものをわざわざ買う?」

とか平気で言っちゃう人でした。

 

なんだろう、私の中で風見の好感度がメキメキ上がっている。

 

五十嵐は五十嵐でわりとキツイこと言われているのに

「じゃあ、なんで興味ないのか飲みながらじっくり聞かせて下さい!」

と一切めげない。

百合ちゃんをデートに誘う田島

サンプル配り終えて帰ろうとする百合ちゃんの前に、子供連れた田島(岡田浩暉)が。

田島は奥さんと離婚して子供を引き取っていた。

「昔のよしみで話くらい聞いたのに」

という百合ちゃんに田島は

「じゃあ今度デートしてくれる?昼間の健全な」

と誘う。

 

五十嵐

風見

↓↑

百合ちゃん

田島

という波乱の起こりにくそうな4角関係が成立。

 

やっと帰れた平匡

仕事を終えてようやくまともな時間に帰宅する事が出来た平匡。

ドアが開いた音がした時のみくりの笑顔がかわいすぎでした。

 

「疲れた」

「お疲れ様でした」

そして久々のハグ。

 

ずっと平匡応援してたのにもはや羨ましすぎてちょっとイライラするレベル。

 

火曜のハグについて前借りがありなら貯金もありでは、と言い出す平匡。

「システムの再構築が必要です」

恋人が雇用主だった場合を想定していなかったからと、契約内容を見直そうとする。

 

 

まだそんな事言ってるのかコイツは

 

なんとも微妙な温度差を感じるみくり。

この話聞いてる時のみくりの表情が切なかった。

やっさんに相談

みくりは平匡が自分の事を好きなのか疑問に思うようになる。

  • 私の事が好きで盛り上がっているのじゃなく、初めての彼女らしき相手に盛り上がっているだけかも
  • 同居して、家事して、ハグが出来る女なら誰でもいいんじゃないかっていう可能性が

なんとも生々しい不安材料。

 

やっさんと昔の話になり、今なら主婦のありがたみがわかるというみくり。

今は給料もらっているから完璧な家事をやっているが、そうじゃなければここまで頑張れるかわからない。

主婦の価値とはいったい…

 

ここで何でも鑑定団の妄想スタート。

鑑定団はイラストでしたけどちゃんと中島誠之助さんらしき人物が。

今週のみくりの妄想は後で出てくる平匡の妄想へのフリでしたね。

 

 

平匡の職場では沼田がみんなに貯金を聞いて回っている。

取引先が買収された場合に備えてリストラのリストを作成中。

総合評価低い順リストには日野の名前が。

日野は家のローンがあと25年残っている。

今日も定時で帰るぞー!とか言っているので残業とかしないタイプの模様。

 

日野に子供作らないの?と聞かれて顔を赤らめる平匡。

中学生か

 

風見と、みくりとの契約結婚のことを話す平匡。

  • 本当に籍入れたらどうですか
  • 今のままが気楽ですよね

座っているソファの後ろに沼田が隠れているとも知らずに…。

平匡も何でも鑑定団

雇用主が恋人になった場合の事なんて考えもしなかったと、雇用契約書を考え直している平匡。

 

みくりに言われた「そういうことしても良いですよ」発言を思い出す。

  • そもそもしてもいいという言葉の真意とは何だったのか
  • まさか、みくりさんは好きでもない男とそういう事をいたせる女性?

みくりさんは雇用主として価値を見出したのか、恋人として価値を見出したのか悩む。

 

 

まだそんな事言ってるのかコイツは

キスしたこと忘れているんじゃなかろうか、てレベル。

 

 

みくりと同じく何でも鑑定団妄想するが、慣れていない為自分の価値をゼロ円と判定。

相変わらず自尊感情は低い。

 

妄想に必死でみくりがそばにいることに気づいていない。

それどころか思いっきり声に出して妄想していたため、全部聞かれていた

 

みくりは、軽い女だと思われているとショックを受ける。

(平匡さんとだからいたしてもいいと思ったのに)

 

つつましい

女だったら

よかったの?

 

と書いた紙を破るみくり。

「この紙破りやすい。すっごい破れる」

確かに破りやすそうでしたけど。

百合ちゃんと風見に動きが

自分の許可をしていないポスターのデキを許せない百合ちゃん。

本部長に直談判。

 

なんとか自分の意見を通すも、部屋を出てから

「融通効かない」

「結婚出来ないから必死なんだよ」

とか言われているのを耳にしてしまう。

 

いつものバーによろうとしてやめる百合ちゃん。

帰ろうとするとバーから出てきた風見に呼び止められる。

 

街中にある自分がかかわったポスターを風見に褒められ喜ぶ。

  • 男の人に褒められるとわかってくれる人もいると勇気がでる
  • 自分のようなアラフィフの独身でも誰かに勇気を与えられる
  • 自分はかっこよく生きなきゃ、と思う

それを聞いて目を赤くしながら「そんなこと言わないでください」と風見。

その一言で涙を流す百合ちゃん。

そして風見が両手でそっと壁ドン。

本格的に二人の恋が始まってきました。

家政婦は見たせいで悩むみくり

平匡の誕生日のお祝いにケーキを作ろうと、材料を買って帰る最中、平匡と五十嵐が歩いているのを目撃するみくり。

平匡にメールでどこにいるか聞くと、「会社」と嘘の返事が。

市原悦子ばりに尾行し、2人が蕎麦屋に入っていくところを見てしまう。

 

みくりは家に帰り一人思いにふける。

  • いつも妄想する癖にこんな日が来ることは想像もしていなかった
  • 曖昧だから成り立つ幸せは曖昧な幸せ
  • システムで作られた関係はシステムから逃れられない

叫んだらスッキリするかしらと

  • 平匡のバカヤロー!
  • めんどくさいんだよ!!
  • バカバカバーカバーカ!

クッションを口に当てて叫ぶ。

いちいちかわいい。

 

気づけば後ろに平匡が。

バツが悪くなり家から出ようとするみくりの手を掴み止める平匡。

みくりが振り払ったため

「勝手に触ってすみません」

と謝る。

気持ちをぶつけるふたり

み「触っていいんです。平匡さんだからいいと思っているのに」

み「また言っちゃった、嫌なんですこういうの」

平「それは僕との生活が嫌だという…?」

み「そうです」

平「困ります」

平「僕にとってみくりさんは簡単に手放せる人じゃないんです。ですから」

み「ズルイ!どうしてそういうこと言うんですか」

み「どんどん好きになっちゃうじゃないですか」

み「だから嫌なんです。私ばっかり好きで

み「平匡さんも私の事好きならいいのに」

平「好き、ですよ」

み「従業員としてじゃないですよ」

み「他の女の子に先に会ってたら?」

平「会ってないのでなんとも」

み「会ってたじゃないですか髪の長いカワイイ子と」

み「2人でお店に入るの見ました」

 

お土産の生そばを渡す平匡。

奥様へのプレゼントとして取引先の女性と買いにいっただけだと説明。

メールで会社にいると言ったことを突っ込まれる。

平「急いでいたので大差ないかと」

み「大違いです」

み「嘘ついて女の子と会ってたら誰だって」

遮って平匡が

平「すいません、一つ確認してもいいですか」

平「嫉妬、してくれたんですか?」

 

み「バカ!!」

み「決まってるじゃないですか」

み「平匡さんほんとバカ」

 

珍しく感情をあらわにするみくり。

それを見てニヤニヤする平匡。

 

平「かわいいなーと思って」

平「ずっとみくりさんが僕の事好きならいいのにと思ってました」

平「考えないようにしてました」

み「今日、火曜日です」

 

ハグする平匡。

 

平「これからは火曜じゃなくてもみくりさんを抱きしめていいですか」

み「何曜日でも。何時でも」

み「朝までだって」

平「一緒にいますか?朝まで」

み「…うん」

 

寝室でド緊張している平匡の横にみくりが枕持ってちょこん。

逃げ恥9話感想まとめ

いやーここにきて過去最高にみくりがかわいかった!

後半15分くらいは明確な殺意を感じるレベルで萌え殺しに来てました。

VRでみくりや平匡が自分に向かってセリフ言ってくれるゲーム出たら爆発的にVRが普及しそう。

 

平匡が帰ってきた時の笑顔、システムの再構築とか言われてもやもやする表情、嫉妬して感情が爆発するシーンなど、これまで以上にみくりの表情が豊かな回だったと思います。

何度も言ってますけど、ガッキーほんと演技上手。

お芝居しています感が全然ない。

 

今週はただムズキュンするだけじゃなく、百合ちゃんの葛藤みたいなものも描かれてました。

風見はもうみくりに恋愛感情は無さそうですし、本格的に百合ちゃんといい感じになりそう。

 

平匡は前半何言ってんだコイツ状態だったのに後半急激に成長した感じが。

 

そしてせっかくいい感じなのにリストラとかやめようよ…。

まあ平匡はバリバリ仕事出来そうなので、もしリストラされてもすぐに次の仕事見つかりそうですけど。

 

五十嵐は思ったほどかき回しませんでしたけど、来週以降どんな出番が用意されているんだろうか。

会社とか社長が思わせぶりな感じだったので、社長が出てくる展開もありそう。

次週予告

「えいっ」

「かわいすぎるんですが」

「それはこっちのセリフです」

 

予告だけでこの破壊力である

 

そして風見は百合ちゃんにキスしていそうな描写も。

 

逃げ恥は全部で11話なので、いよいよ来週の最後の予告では「最終回」の文字を見ることに。

勘違いして先週も同じこと書きましたけど。

最終回にむけて来週はちょっとしんどいめの終わり方することを覚悟しておきます。

 

めっちゃどうでもいいんですけどなんでイイチコは外人がトライアスロンしているところCMにしたんだろう。

スポンサーリンク

7 Responses to “【逃げ恥】逃げるは恥だが役に立つ第9話ネタバレ感想 バカ!平匡さんほんとバカ!!”

  1. kaz より:

    初めまして。いつもとても楽しみに拝見しています。
    色々な感想サイトがありますが、こちらのリズムや書き方が一番「しっくりと(笑)」きます。

    もしできましたらですが、最後の
    み「…はい」
    は是非「…うん」(赤字)でお願いできますでしょうか?
    結構大事な変化と思いますので。。。

    あと2回になってしまいましたが、楽しみに読ませて頂きます。

    • DD より:

      コメントありがとうございます。

      「…はい」

      て言ってると思ってました…。

      見直したら違ってたので修正しておきました!
      ご指摘ありがとうございます。

  2. KO より:

    初コメ失礼します^^
    9話ラストはやばかった!
    会話一つ一つが雪崩式にたたみかけてきましたね
    出て行こうとするみくりを止める平匡が、もう居なくなってほしくない想いが込み上げてきたのか、必死な感じも良かった。
    朝までだって、の後に一度離れたみくりを抱きしめなおすところとか、なぜ急にここまで成長したのか・・・謎ですw
    その後の寝室でのオドオド感で、あっちゃんと平匡だって安心しましたけどw
    ラスト2話!ご一緒に楽しみましょう

    • DD より:

      コメントありがとうございます。
      平匡は時々急激に成長してびっくりさせられますね!
      昔なら出ていくのは自由意思、とか言ってたでしょうしね…。
      あと2話になってしまいましたけど楽しみましょう。

  3. UF より:

    初めまして、いつも本編を見た後で拝読し、改めてニヤニヤさせて頂いております!

    さて、大したことではないのですが、
    すっごい破れる紙に書いていたのは、
    桜さん譲りの五七五で
    「つつましい
     女だったら
     良かったの?」
    だったと思います!

    だから何だ、という話ではあるのですが。。。

    それでは、あと2回も楽しみましょう!!

    • DD より:

      初めまして、コメントありがとうございます。
      間違ってました!
      修正しました、ご指摘ありがとうございます。

  4. らぴすらずり より:

    誰かに認めてほしい…
    今回はユリちゃんがそのテーマだったなって思いながら見てました。
    精いっぱいがんばるバリキャリ女子も泣きたくなることだってある。
    そんなユリちゃんが踊るピッタンコカンカンを3回見てから、こちらに来ました(笑)
    ガッキーはもちろんかわいすぎますが、20歳上のユリちゃんもかわゆい。

    ドラマ、あと二回ですよ、どうしましょう。
    来週エンディングは覚悟しておいた方がいいんですね、きっと当たってますよ。

    ここのまとめもあと二回!? と多くのウォッチャーさんも思ってると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ