両親が3冠馬・モクレレ | 馬名の意味は飛行機

競馬雑談

父ディープインパクト、母アパパネ。
両親が3冠馬という超良血馬が今年デビューを迎えます。

名前はモクレレ
馬名の意味はハワイの言葉で「飛行機」。
ハワイにモクレレ空港とかありますね。

オーナーはリアルウイニングポストこと金子真人さん。
ずっと「金子まさと」さんだと思っていたら「金子まこと」さんでした。

モクレレは父も母も金子さんの所有馬。
昨年の宝塚記念の時も思いましたが本当にリアルウイニングポストです。

宝塚記念の勝ち馬がラブリーデイ、2着がデニムアンドルビー。

ラブリーデイの父キングカメハメハ母ポップコーンジャズは金子さんの所有馬。
デニムアンドルビーの父ディープインパクト母父キングカメハメハは金子さんの所有馬。

サブちゃんがGⅠ勝つのに40年以上かかったのはなんだったのか。
40年馬主やってる、ってだけでも凄い事なんですけどね。

ミュゼとかフサイチは事業が上手くいかずに所有馬を手放したりなんてことも。


8月25日入厩

8月25日にモクレレが美浦の国枝厩舎に入厩

「今日は角馬場で乗りました。母は優等生でしたが、この馬は男馬らしくヤンチャな面があって、まだ物見もしていました。馬の理解度を確かめながら、1つ1つ慣らして進めていきます」(国枝調教師)

http://news.netkeiba.com/

入厩はしましたが、まずはゲート試験に合格することが目的。

計画通りにいけば9月後半の中山開催か10月に入ってからの東京開催でデビューする予定だそうです。

良血だから走るとは限りませんが、デビュー前にワクワクさせてくれる存在は貴重ですね。

 

相馬眼とネーミングセンスが凄い

この金子オーナー、ネーミングセンスと馬を見る目が素晴らしい。

「ディープインパクト」と名付けた馬が本当にディープなインパクトを与える奇跡。

外国産馬にダービーが解放された初年度に「クロフネ」という馬をダービーに送り込む。
しかもマイルカップを勝って参戦、2番人気に支持されていました。

芦毛の馬にクロフネってのも凄い。

 

その金子オーナーですが、相当ハワイがお好きなようでハワイの言葉を馬名にすることが非常に多い。

 

前述したモクレレ以外でも何頭かいます。
もちろん活躍馬もチラホラ。

他の有名どころの意味をちょっと調べてみました。

 

アパパネ:モクレレのお母さん。牝馬三冠馬。阪神JF、ヴィクトリアマイルも勝ってGⅠを5勝。
ハワイに生息するアカハワイミツスイという鳥の英語名。アカハワイミツスイ類の鳥が何種類かいる感じです。

マカヒキ:弥生賞馬。皐月賞2着でダービーも候補の1頭。
ハワイの収穫祭。新年のあいさつにも使われる言葉。ア・ハッピー・ニュー・イヤーはハワイの言葉だとハウ・オリ・マカヒキ・ホウになるそうです。

※追記・見事日本ダービーを制覇!
マカヒキでダービー勝った次の年にモクレレでダービー勝つとかやってのけそうな雰囲気有るのが金子オーナーの凄いところ。

ウリウリ:マカヒキのお姉さん。牡馬に交じって重賞勝ってます。
ハワイの瓢箪やココヤシの殻で作った楽器。フラダンスの人たちが手に持って振ってるやつ。

ウィキウィキ:マカヒキの母馬。意味は急げ急げ。

アウアウ:最近未勝利を脱出。意味は泳ぐ。

カネヒキリ:ダートGⅠを7勝。大ケガから復活した奇跡の馬。
意味はハワイの神話に出てくる雷神の名前。

アロハカウボーイ:アロハなカウボーイ。

キロハナ:最高峰の、頂点の

ハウオリ:幸せ・幸福

マハロチケット:マハロ=感謝・ありがとう。ありがとうチケット!

 

昔は金子さんのハワイ語シリーズはダート馬が多かったのですが、アパパネ出てきたくらいから芝でもガンガン勝つようになった印象です。

モクレレは生まれて2日後に見た金子オーナーが素晴らしい馬だと感嘆したそうで。

○冠ベビーってあまり走らない事が多いですが、父ディープ×母父キンカメは活躍馬もいますし、どんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ