増山超能力師事務所5話ネタバレ感想 篤志が主役になってる気が

ココリコ田中ドラマ増山超能力事務所

増山超能力師事務所5話が放送されました。

ココリコの田中さんが出演している深夜枠ドラマ。

あらすじや感想を書いています。見てない人にはネタバレになるかもしれないのでご注意を。

 

スポンサーリンク

増山超能力師事務所・5話あらすじ

今回の依頼人は「チビクソ」こと田丸俊介(柳喬之)。

依頼と言っても探偵業の依頼ではなく、「超能力を教えてくれ」というもの。

この世界で超能力は基本的に先天性なので教えて動向なるものではない。

 

断る篤志にしつこく食い下がる俊介。

遂には土下座し出す。

困り果てる篤志、そこに悦子がやってくる。

チビクソは悦子の昔の後輩。

 

知り合いだったのでといあえず話を聞いてみる事に。

俊介は「いこい食堂」という小さな食堂の店主の息子。

他所で修業してたが、父親が腰をケガして仕事が出来なくなったことをきっかけに食堂に戻ってきていた。

 

料理の腕は確かだが、俊介が切り盛りするようになってから客足は遠のき、来てくれた客もよく料理を残すようになっていた。

俊介は昔父親の等(寺脇康文)が言っていた

「おれは超能力者だ。客が何を食べたいのかわかるんだ」

という言葉を思い出し、自分も店の為に超能力を身に着けようとしていた。

 

今週はこの辺である程度オチが読めてしまった人も多そう。

依頼として受ける事に

俊介の心意気に心を打たれた+思いを寄せる悦子のポイントを稼ごうと、依頼として俊介に超能力を教えるといい出す篤志。

しかし増山はそれは無理だと言う。

増山は食堂の常連で等とは仲が良い。

その等からの依頼で、食堂を潰してほしいと頼まれていた。

 

篤志は勝手に俊介に超能力を教えることに。

篤志自身が人の心を読めないので、サイコメトリーを教える事に。

 

当然使えるようにはならず、相変わらず客は料理を残す。

採用試験

一方事務所に来たばかりの明美は、悦子の課した採用試験に苦労していた。

試験の内容は

「商店街の人全員の心を読む事」

一人も読めずに諦めそうに。

 

他のメンバーは悦子から手助けしないよう言われているが、見かねた中井がアドバイス。

「聞こうとするんじゃなく、聞こえるまで待つんだよ」

元々センス抜群の明美はこのアドバイスでコツを掴み、商店街ほぼすべての人の心を読むことに成功。

 

中井は男だと知りながら明美に惚れている模様。

突き放す増山

ある日、俊介が事務所に差し入れを持ってくる。

美味しいと食べる皆だが、増山だけは

「君には無理みたいだね。店を継ぐのは締めた方がいい」

と厳しい態度。

俊介は礼を言い、店に戻る。

 

増山は篤志にももう諦めて通常業務に戻れというが納得しない。

言う事を聞かない篤志をとあるレストランの前に連れて行く増山。

父の想い

そこは少し前まで俊介が勤めていたレストラン。

俊介は一流レストランで修業し、肉料理を任せられるほどに腕を上げていた。

父親が腰をケガしたのを期に、辞めて食堂に戻ってきていた。

 

等は息子の事を想い、小さな食堂で働くより大きなレストランで働かせる為に店をたたもうと決意していた。

それを聞いた篤志は

「凄くないですか?定食屋でフレンチ仕込みの料理が食べられるんですよ!?」

「やっぱり俊介さんに協力します!!」

と諦めるどころか逆にやる気を出す始末。

 

底抜けに明るいアホである。

超能力の真実

等は退院し、食堂に戻る。

お前に店を継ぐのは無理だと言う等に食い下がる俊介。

 

そこに篤志登場。

「息子さんは超能力覚えてまでこの店を守ろうとしています」

というと等は

「俺にそんなもんあるわけないだろ」

「一人一人客の顔よーく見て味の加減、量の加減を少しだけするんだ」

「料理人だって超能力みたいに満足させられる。俺のいった超能力はそういう事だ」

と説明。

明美ちゃん登場

等は俊介に

「お前みたいなバカに店は任せられん。潰した方がマシだ」

と改めて店を潰すことを伝える。

すると

 

「嘘ついてるー」

 

と間の抜けた声が。

 

そこには明美が。

採用試験の最後の店としていこい食堂にやってきていた。

否定する等だが

  • 息子がここを出て行ったとき喜んで送りだしてる
  • ここよりいいところで修業してほしかったから
  • 今だって本当は2人でお店したいんでしょ

とズバズバ本心を言い当てる。

バツが悪くなったのか、等は店の奥に引っ込んでしまうが、俊介は嬉しそう。

「親父には改めて頼む。俺もゆっくり超能力覚えるわ」

と涙を浮かべながら笑顔に。

 

まあ割とベタな展開でしたけどぐっときました。

悦子の過去に触れる篤志

一件落着し、通常業務に戻る篤志。

篤志の努力の甲斐もあり、等と俊介は2人で店を切り盛りするようになっていた。

 

事務所では、悦子が明美を連れて仕事に向かう。

その時悦子がパスケースを落とし、拾う篤志。

その瞬間悦子がヤンキー同士のケンカで相手を燃やしていた過去の映像が流れ込んでくる。

増山超能力師事務所5話感想まとめ

なんだか増山じゃなくて篤志が主役になってきている気がします。

今週の個人的なMVPは寺脇さん。

そこまで出番多くなかったですけど演技上手だし雰囲気あるし、ベタな展開なのにちょっとぐっときました。

俊介役の柳喬之さんもハマってましたね。

背高そうだしイケメン、これから人気出るかも。

 

というかこのドラマ地味にみんな演技上手ですね。

雰囲気ブチ壊す下手な人がいないので安心して見ていられます。

 

来週は悦子の過去が明らかになりそう。

いつになったら増山の奥さんの秘密とか明らかになるんだろうか。

 

そして毎週気になってるんですけど、次々回の予告の時に

「このあとスグ!」

ていうのは何の冗談なんだろうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ