マカヒキ、凱旋門賞前哨戦のニエル賞出走確定。相手は5頭

umanyu2

凱旋門賞制覇を目指すマカヒキの秋初戦が近づいてきました。

9月11日のGⅡニエル賞にむけて順調な調整が続いています。

発走は日本時間9月11日(日)の22:00の予定。

 

 


ニエル賞は6頭立て

そのニエル賞ですが、マカヒキを含めて6頭での開催が決定しました。

頭数も少ないですし、相手関係もかなり弱め。

出馬表がコチラ

  • カルゾフ 牡3 仏 58キロ 【1.0.2.2】
  • シダーブルー 牡3 仏 58キロ 【1.2.0.1】
  • ダラバド 牡3 仏 58キロ 【1.1.2.2】
  • ドーハドリーム 牡3 仏 58キロ 【4.2.0.2】
  • マカヒキ 牡3 日 58キロ 【4.1.0.0】
  • ミッドターム 牡3 英 58キロ 【2.0.0.1】

相手の5頭の中でもっとも実績のある馬でも、ミッドタームがイギリスのGⅢを勝っている程度

他に重賞勝ち馬は無し。

少頭数なので展開の紛れもなさそうですし、芝の合う・合わないを確かめるレースになりそう。

休養明け、海外遠征、初のヨーロッパの競馬場・馬場と、懸念する材料はいくつかありますが、凱旋門賞制覇を目指すならここは勝って本番に臨んでもらいたいですね。

ニエル賞2016優勝賞金

マカヒキが挑むニエル賞の賞金総額が130,000ユーロ。

1着賞金は74,100ユーロ。

勝った場合の賞金は日本円で約850万円となっております。

お安いですね。

マカヒキが2戦目で勝った若駒ステークスで1,900万円。

お金の事だけ考えるなら日本国内で走っているのが一番です。

 

ちなみに、本番の凱旋門賞の優勝賞金は2,857,000ユーロ。

日本円で約3億3000万円と高額。

2018年からはさらに増額されるとも言われており、昔みたいに名誉の為だけに挑む、というレースではなくなっています。

ニエル賞放送

ニエル賞の放送についてですが、グリーンチャンネルの無料放送で見れます。

家にアンテナある人は見れますね。

ケーブルテレビでも無料放送する予定だそうです。

 

どっちも見れねえよ!って人はニコニコ動画だと見れるかも。

ニコニコの生放送で見れるかもしれませんが、あんまり人が多いと無料会員だと追い出されます。

 

地上波での放送は無いですけど、肝心の凱旋門賞はまず地上波で放送されると思います。

まとめ・個人的には来年が楽しみ

今年は多数の登録があったものの結局凱旋門賞に参戦するのはマカヒキ1頭でした。

残念ながらドゥラメンテの引退などもありましたしね。

 

今年マカヒキが勝ってくれれば言う事ないのですが、個人的には来年が凄く楽しみ。

マカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティの2016ダービー上位3頭が揃って凱旋門賞に挑むところが見たいです。

気性面さえ改善すればリオンディーズも好勝負できそう。

 

まだデビューすらしてませんし、○冠ベイビーは走らない事が多いですが、モクレレがダービー勝ったりなんかしたらさらに楽しい事に…。

来年の事を話すと鬼が笑う、と言うのでこのあたりにしておきますが、こういう妄想も競馬の楽しみの一つだと思います。

 

まずはニエル賞でマカヒキが良いレースしてくれることを祈りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ