マカヒキ、ニエル賞辛勝!ルメール騎手、調教師レース後コメント



makahikinieru

マカヒキが凱旋門賞の前哨戦、ニエル賞に出走、僅差ながら優勝。

日本馬初の凱旋門賞制覇に向けて弾みをつけました。

これで賞金850万円をゲット!少ねえ!

 

休み明け、落鉄を考えると及第点

戦前から相手関係が非常に弱いと言われており、着差だけを見るとちょっと不安になるレースですが、

  • ダービー以来の休み明け
  • 初の海外遠征
  • 落鉄

などを考えると前哨戦としては及第点ではないかと思います。

道中かかる様子もなかったですし、環境に適応する能力は高そう。

一叩きしてベストな状態で凱旋門賞に挑める気がします。

 

にしても落鉄多い気が…。

ドゥラメンテもレース前に落鉄してそのまま走らされてましたし、なんか嫌がらせでもされてるんじゃないのかと勘繰りたくなります。

 

今年の凱旋門賞はいつものロンシャン競馬場が改修工事の為、今回のニエル賞と同じシャンティイ競馬場で行われます。

一度本番と同じコース走れたってのは良い経験でしょう。

 

本番での強敵はやはりドバイでドゥラメンテを寄せ付けなかったポストボンドかと。

あのレース見る限りでは、落鉄してなくてもしんどかったんじゃないか、と思ってしまうほど強い勝ち方でした。

 

3歳馬が斤量面で有利と言われている凱旋門賞。

マカヒキの激走に期待!

凱旋門賞2016放送予定

凱旋門賞は日本時間の10月2日(日)23:05分発走予定。

まだ放送予定は決まっていませんが、今年は日本からマカヒキの参戦があるので、きっとフジテレビが生放送してくれると思います。

関西の日曜の競馬番組、「競馬BEET」の司会を務める麒麟の川島さんが「今年は生で観戦しに行くことになった」と言っていたので、まず間違いなく放送あるでしょう。

ドバイシーマクラシックの時には、落鉄で発走遅れた関係で最後の直線で放送が終了するという大チョンボを犯した関西テレビ。

今度はちゃんと全部放送してください。

面白かったですけど。

ニエル賞レース後コメント

1着 マカヒキ ルメール騎手
「道中はとてもリラックスして、直線で反応が良かった。ラスト200メートルはむっちゃ速かった。内の馬がしぶとかったが、ゴールまで頑張った。簡単に勝ちました。次はもっと良くなる。凱旋門賞が楽しみ」

友道調教師
「ダービーから3、4か月たっていて、休み明けにしてはいい競馬だったと思う。今日の課題は久々の競馬を経験すること。併せ馬でしっかり追ってほしかったし、展開的にはちょうどよかった。一回使ったことで、さらに良くなってくると思う」

http://headlines.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ