M-1グランプリ2017感想 | 1番手不利問題は深刻じゃなかろうか

テレビ感想文どーもこんにちはDDです。

去る12月3日、M1グランプリ2017が開催されました。

毎年恒例年末の風物詩になっているM1。

キングオブコントやR1グランプリと違って優勝者のブレイク率は高いですが、昔と比べるとブレイクの度合いは減ってきている様な気もします。

もうテレビに出る芸人さん溢れすぎてて後から出てくる人は大変そう。

フリートークも上手な人多いから中々ポジション奪えない感じになってます。

スポンサーリンク

M1GP2017優勝はとろサーモン

そのM1グランプリですが、2017年の優勝者はとろサーモンのお二人。

今のM1は結成15年がタイムリミットなので、とろサーモンの二人は今回がラストチャンス。

そして来年はジャルジャルが15年目を迎えるそう。

とろサーモンとジャルジャルって1年しか差無いのがビックリ。

 

今回、最終決戦に残ったのは

  • 和牛
  • ミキ
  • とろサーモン

の3組。

獲得票数4票でとろサーモンが優勝。

和牛は惜しくも3票。

 

正直、最終決戦はみんなそこそこ面白い、くらいだった気がします。

みんな1本目の方が良かったかと。

飛びぬけて面白いコンビがいなかったので審査員も相当悩んだのではないかと。

個人的に決戦はとろサーモンが一番面白かったと思います。

 

とろサーモンって関西だと昔から結構有名で、売れそうで売れない感じのコンビでした。

久保田さんがわりとガチクズだ、て話は聞いたことあるので、今後どのようないじられ方をするのか期待。

 

和牛は1本目が凄く面白かったので、予選の段階だとなんか楽に優勝するんじゃないかと思いましたけど2本目がちょっと微妙だったかなぁ。

これで2年連続準優勝。

いいところまで行ったことのあるコンビも普通に準決勝で敗退しているので、安定して決勝に残れるだけでも凄いと思います。

1番手が可哀想すぎる

毎年、どの順番で出てくるかが大きな有利不利を生み出すので、今年からはくじで順番を決めることに。

敗者復活コンビが一番有利な感じになっているのはちょっと不満だったので良い変更だと思います。

ただ、1番手の不利さ加減は相変わらず。

個人的にですが、ゆにばーすはめちゃくちゃ面白かったと思います。

ゲストのトレンディエンジェルのたかしさんも言ってましたけど、ゆにばーすが5.6番手で出てきたらどうなったいたか。

普通に決戦に残ったんじゃないかと思います。

 

そして残念だったのが松本人志さんのコメント。

私はごっつええ感じを見ていた世代ですし、松本さん大好きなんですけど、今回のゆにばーすへのコメントはちょっとどうかと思いました。

「お客さんが暖かいのか、客が良すぎるのかも」

みたいなコメントでしたけど、それに左右されずに審査する為に審査員いるんじゃないかと思います。

他の審査員も、大吉先生除いてちょっと1番手に厳しすぎ。

番組が進んで、お客さんがあったまってウケがよくなるのは当然ですけど、審査員が空気に流されるのはどうかと思います。

いやまぁ私がゆにばーす面白いと思っただけなんで、プロの目から見たら至極妥当な評価なのかもしれませんけど!

まとめ

ちょっと採点に不満はありましたが、大会としてはかなりレベルの高い面白いM1だったんじゃないかと思います。

ここ数年だと一番よかったような。

 

敗者復活は1番手固定でいいと思うんですけどね。

それ以外は当日決めても前もって決めてても特に関係ない気がします。

 

そろそろ、アンタッチャブルとかチュートリアルの時みたいな票数だけじゃないぶっちぎりの優勝も見たいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ