高校野球にタイブレーク導入へ 賛成?反対?イニングは13回から

高校野球タイブーレク

高校野球で来春のセンバツ甲子園からタイブレークが導入されることが決定的になったようです。

まだ正式決定ではないですが、11月下旬の理事会で決定する見込み

ネットでも賛成と反対どちらの意見もよく目にする感じです。

 

スポンサーリンク

高校野球タイブレーク・方式は?

現時点では、タイブレークは延長13回からスタートすることが濃厚。

延長13回の表から、無死1.2塁で攻撃がスタートする形になります。

ここ5年間での高校野球の延長戦は12回までの決着が8割を占めている事から13回から導入の流れになったみたいです。

 

打順はそれまでのイニングからの継続打順。

大会によってはタイブレーク始まる最初のイニングだけ打順を選択する事が出来たりもしますが、今の所甲子園ではそうはならない模様。

タイブレーク賛成?反対?

どっちの意見も目にしますが、個人的には大賛成

なんならもっと早いイニングから実施したらいいんじゃないのか、と思います。

良いピッチャー同士の投げ合いだと普通に15回までいっちゃうことありそうですしね。

そうなると投げてる選手の負担大きくなるだけなので本末転倒になりかねない。

 

高校野球にあまり興味がなく、プロ野球が大好きな私からすると、プロ野球選手がケガする可能性が少しでも低くなるといいな、という思いもあります。

因果関係があるかどうかはわかりませんが、田中マーくん、安楽、斉藤祐樹、松坂大輔など、高校野球で凄い球数投げた選手が後々肩や肘を壊す事があるので、少しでもその可能性が低くなって欲しいです。

 

プロ野球がどうこう抜きにしても、延長15回を一人で投げ抜いて翌日再試合も登板、なんてどう考えても体への負担大きすぎると思いますしね。

監督が普通に投げさせてるのもどうかと思います。

まとめ

高校野球が好きな人から反対の意見がでることも理解できます。

そもそも、延長自体に反対だ、という意見や、ベンチ入りの人数を増やすとか、日程に余裕を持たせるとか出来るだろう、という意見も。

 

中には炎天下の甲子園やめて京セラドームですれば?とかも。

風情は無くなりますけどいい案だと思います。

 

色々見てて思うのは、意外と選手の事を考えてもっと変更できるだろう、という意見が多い事。

精神論で15回まで一人で投げ抜くことに美徳を感じている人はあまり見かけませんでした。

 

まだまだ選手の健康管理については議論する余地があると思うので、今回のタイブレーク導入をきっかけにもっとよいルールを作っていって欲しいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ