刑事ゆがみ 3話あらすじ感想 | 亀ちゃんが定年退職かぁ…(違)

刑事ゆがみの3話が放送されました。

もの凄くざっくりしたあらすじや、感想を書いています。

まだ見ていない人にはネタバレになると思うのでご注意を!

 

スポンサーリンク

刑事ゆがみ3話ざっくりあらすじ

  • 真下誠(寺脇康文)巡査部長が定年退職
  • 羽生(神木隆之介)が交番勤務していた頃の上司で、心から尊敬している
  • ある日真下が山で何者かに殴られ重症を負う
  • 現場にはトラックのタイヤ痕や作業用手袋が落ちていた
  • 防犯カメラの映像や手袋から堀田剛(柳俊太郎)が容疑者として浮上
  • 堀田はかつて真下が就職の面倒を見てあげた元犯罪者
  • 真下は堀田に襲われたと証言、逮捕される堀田
  • 堀田は先に真下が襲ってきたと証言
  • 証言が食い違うが、心底真下を尊敬している羽生は堀田が犯人と信じて疑わない
  • 弓神(浅野忠信)は真下の病室でハゼの木がかかれたスケッチブックを発見
  • 真下の嫁は病死、2人いる娘の長女は高校中退して家出、家族は次女1人
  • 弓神は事情を娘に聴きに真下の家に行ったときに、こっそり金庫をあけて中をチェック
  • 金庫には、17年前から毎年かかれたハゼの木の絵
  • 弓神は18年前に家出した真下の長女の事をヒズミに調べさせるが何も出てこない
  • 弓神の支持で真下が書いていたハゼの木の下を掘り起こす羽生
  • 木の下からは真下の長女の白骨化した遺体
  • 堀田は勤め先の上司の指示で不法投棄をしに来ていた
  • 掘り返されると思った真下が襲いかかり、堀田はとっさに反撃、正当防衛だった
  • 真下は18年前、長女と親子喧嘩になり、ビンタ
  • 倒れた拍子に頭を打った長女は死亡
  • 自分の罪が明るみに出ると次女は犯罪者の娘として一人で生きていくことになるので、全てを隠し通す事を決意
  • 容疑が晴れた堀田の新しい就職先を探す羽生

刑事ゆがみ3話感想

しきりに弓神が聖人君子なんているかね?そういう人ほど裏はある、みたいな事言っていたのできっと真下が何か隠しているんだろうと思っていましたが、まさか娘殺しているとは。

ちょっとびっくりしました。

殺意があったわけじゃなかったのでちょっと安心。

みんな演技上手なので結構感情移入して見てしまいました。

 

毎度のことですが弓神に完全に主導権を握られている羽生が良いですね。

栄養ドリンク2本目飲もうとしたら取り上げて飲むとこまで読んで睡眠薬入れておくシーン笑いました。

まあ無理やりにでも連れて行かないと絶対にあそこ掘り起こさないでしょうしね。

 

最後に弓神が真下の病室に行くシーンで急にスローになって今までと雰囲気変わったの良かった。

何と言うか普段チャラチャラしてる弓神の決意が感じられたというか。

良い演出だったと思います。

 

ヒズミは今日もセリフ無し。

相変わらず食べている時カワイイ。

おかしな前髪も見慣れてきました。

 

しかし亀ちゃんやってた寺脇さんが定年退職する巡査の役をする様になったんですね。

月日の流れるのは早いなぁ…。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ