刑事ゆがみ 最終回結末ネタバレ感想 | 視聴率低めも良ドラマでした

刑事ゆがみの最終回が放送されました。

内容・結末のネタバレや感想などを書いています。

これから見る予定の方はご注意を!

スポンサーリンク

刑事ゆがみ最終回結末

7年前に焼身自殺したとされていた作家・横島不二実(オダギリジョー)は生きていた。

弓神(浅野忠信)が不二実の死を偽装。

 

なぜそんなことをしたのか?

理由はヒズミ(山本美月)を守る為。

7年前のロイコ事件の真相

横島不二実が自分の書いた小説になぞらえて起こしたと思われていた事件だが真実は全くの別物。

横島不二実にはゴーストライターがいた。

そのゴーストライターがロイコ事件の被害者夫婦の夫、河合武(渋川清彦)。

不二実は才能のある武に嫉妬、武の嫁伊代(酒井美紀)を強姦。

ヒズミはその時の子供。

自分の子供が不二実の子供じゃないかと疑い伊代にせまる武。

武は被害届を提出するも娘の事を思い被害を認めない伊代。

その後から武は伊代に暴力をふるうようになり、ついには殺害。

目の前で母が殺される所を見たヒズミは、このままじゃ殺されると思いバットで武を殴打、武は死亡。

 

ヒズミから連絡を受けた弓神が第一発見者。

弓神はヒズミの人生を考え、全ての原因を作った不二実に罪を着せる事に。

罪を背負い、不二実に死んだことにして細々と生きるか、ゴーストライターがいた強姦魔と世間にバラされるか選べと迫る弓神。

最終回ラスト

不二実は自分はひっそりと生きているのに普通に笑いながら生きている弓神への逆恨みで復讐しようとしていた。

羽生(神木隆之介)、ヒズミ、弓神とみんな不二実に捕まってしまうが間一髪のところで官能(稲森いずみ)たちが到着。

不二実は逃走。

ヒズミは全てを思い出し、声を取り戻す。

羽生はちょっと出世。

書類を偽造したことがバレた弓神はクビ、かと思いきや下っ端おまわりさんとして勤務続行。

羽生の部下みたいな扱いに。

本人は色々おいしいからやめません、と言っているがどうやらまだ不二実を追っている模様。

立てこもる強盗犯のアジトに潜入する為に、羽生がピッキング道具を弓神に渡して向かわせたところで終了。

まとめ

最後はちゃんと不二実捕まえるのかと思ったら逃げられてたのはちょっとビックリ。

作ろうと思えば続編作れる終わり方でした。

私はドラマでオダギリジョーさん見たの久々ですが、やっぱりかっこいいですね。

 

ロイコ事件の真相はひねりの利いた良い内容だったと思います。

最終回に限らず、全話しっかり話作られていて楽しめました。

 

個人的に印象に残っているのは第5話。

市議会議員の一人娘が誘拐され、犯人は母親だったやつです。

あの話の時に弓神が凄く感情的に犯人に怒っていたのが印象的でした。

ヒズミの事がある分、自分の子供ダシに使う親が許せなかったのでしょうか。

 

最終回の視聴率は6.6%。

全話の平均は約6.5%という結果に。

 

内容は良かったと思うんですが、視聴率は残念な結果に。

フジテレビ、てだけで敬遠されているのかなぁ。

今クールのフジテレビのドラマはどれも視聴率苦戦気味。

一番良いのでも「民衆の敵」の平均7%ですからね。

民衆の敵はここ2話ほど5%台叩きだしているので最終回次第では刑事ゆがみが稼ぎ頭ということに…。

 

原作読んでないので、この後どうなるのか、ドラマと内容どう違うのかはわかりませんが、続編あったら見ます。

もうちょっと評価されても良かったドラマだと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ