加藤紗里、狩野英考と破局。土曜に色々話すそうで。

katousari3

色々ありすぎな2016年にひと時の箸休めとして表れ、またたくまに皆を満腹感で一杯にしたドフラミンゴ加藤こと加藤紗里さん。

みんな面白がっていましたが賞味期限が近づきつつあります。

狩野英考さんと破局したとの報道がありますね。

9日放送のテレビ朝日系「ロンドンハーツ」(火曜・後9時)で初めてツーショットを披露したが、2人を知る関係者によると、その後、狩野に二股どころか、五股、六股疑惑が浮上したことで、加藤が一気に冷めたという。放送後は狩野と連絡を取っておらず、周囲には「彼とは終わった。信頼できない」と話しているという。この関係者は「狩野さんは未練があるようですが、加藤さんの意思が固い」と話した。

http://news.livedoor.com/article/detail/11198243/

とありますけど未練とか絶対ないだしょうw
狩野英考さんにしたらようやく心が休まるといった感じではないですかね。

加藤紗里さんは20日の土曜日にアメーバの公開収録に参加されるそうで、

「土曜日色々話します…」

とブログで述べられています。

電波に乗せて平気で嘘つきまくる人なんでどこまで話すのか、そもそもみんなが期待している事を話すつもりがあるのかどうかもわかりませんが、まだこの一件に興味のある方にしたら気になる収録ですね。

私は気になります。

もしも破局が本当でそのことについて全て話した場合、話題にはなると思います。

そしてその話題になったのを最後に加藤さんのタレントとしての需要は完全に無くなることでしょう。

上手く売名には成功しましたが、このあと活躍するだけのスキルはありません。
今はみんなが怖い物見たさで興味を持っている状態だと思うので、狩野英考さんとの話題が無くなるとテレビ等に出る「売り」が完全にゼロになりますよね。

イメージが悪い事で売れだした人ってそのあとスキルが無いと見事に消え去ってしまう気がします。
脊山麻理子(せやままりこ)さんなんかも一瞬で見なくなりましたね。私はこの人の事「ずいやままりこ」て読んでいました。

歯が弱虫ペダルの御堂筋君とかブリーチの平子真子っぽい人です。

seyamahirakomidousuji

言いたいことは伝わると思っています。


加藤紗里さんが芸能界で生き残るためには

余計なお世話でしょうけど加藤紗里さんが芸能界で生き残るにはどうすればいいのかを鼻をほじりながら考えてみました。

・トークスキルを身に付ける

これが一番の方法ですね。まだテレビに呼ばれているうちに気の利いた事を言えるようになると、また呼んでもらえる可能性が出てきます。
しかし難しいでしょう。上手く話すのって学力とはまた違った頭の良さが必要ですからね。

学力があって話すのが上手いと今でしょの林先生や池上彰さんみたいにひっぱりだこになれます。

じゃあ現実的に加藤さんが生き残るためにどうすればいいのか、というと

・次の男性を見つけて話題になる

これしかないでしょう。
狩野英考さんと別れてすぐに違う芸能人と交際を始めたら色々話題になるでしょう。

理想としては狩野英考さんより上のランクの芸人さんや芸能人、スポーツ選手と噂になることですがそれは中々難易度が高そう。

ロンドンブーツの淳さんとかナイナイの岡村さんとかの大物芸人さんが加藤さんの事「怖い」とおっしゃってますからね。
あれだけ面倒な事になるリスクを背負ってまで大物が手を出すメリットが無い。

もっと綺麗で性格良い人たくさんいますからね。

となるとどうするか、

狩野英考さん以下の芸人さんを狙うしかないでしょう!

ランク下げてまで男関係で売れたいのか、という炎上商法で加藤さん自身の延命になりますし、売れてない芸人さん側にも売名できるという大きなメリットが生まれます。

いい感じにくすぶっている芸人さん、という意味でハライチの岩井さんあたりなんてどうでしょうかね。

たまにテレビで見るけど相方さんに大きく差をあけられている、ハライチとしてM-1決勝にも出ているので知名度が無いわけではない、と好物件の予感がします。

書いてて思いましたがちょっとランクが上過ぎるかな。もうちょっと現実的に考えると一度ブレークしたものの最近はあまり見る機会の無くなった、はんにゃのお二人とか、ジョイマンのどっちかとか。

意味わからない所で小梅太夫さんとかも面白いですね。エロ詩吟の人とか。
つまりレッドカーペットで一度ブレイクしかかったものの流れに乗れなかったくらいの人と噂になればいいんです。

まさにWin-Winの関係。

狩野英考さんもレッドカーペット出てたし丁度良いでしょう。

鼻をキレイにほじり終わったのでこの記事は終わりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ