カンナさーん!最終回 内容結末・感想。面白くなかったなぁ…。

ドラマ感想

カンナさーんの最終回が放送されました。

内容やネタバレ、個人的な感想を書いています。

良い感想は書いていないので、面白かった!という人は読まない方が良いかと思います。

 

スポンサーリンク

カンナさーん最終回の内容・結末

職を失い、再就職先を探すカンナ。

取引先にトンズラ食らって負債5,000万円を背負うことになったレイ。

 

カンナはレイにプレゼントされたマンションを売り、レイを助けることに。

レイは再度カンナにプロポーズするも今じゃないと断られる。

 

カンナはデザイナーに拘ってる場合じゃないと工事現場で働き出す。

カンナが工事現場で働いている事を知ったレイは現場を訪れ、再度プロポーズ、しようとするが、言い終わる前にカンナから逆プロポーズ。

工事現場の人や周りにいた人みんなで拍手喝采。

 

嫌味な姑だった斉藤由貴さんですが、実家が売れば8000万円になるから頼っておいで、へそくり上げるから結婚式あげなさい、と最後はデレてました。

 

マンションを売り、小さなアパートを借りて3人で暮らすことに。

幸せそうな感じでドラマ終了。

 

かなーりざっくりですがこんな感じの最終回でした。

カンナさーん最終回感想

いやー感想としては「ビックリするくらい面白くない」です。

ずっと綺麗事でした。

なんだか宗教じみた雰囲気すら感じました。

ちょいちょい出てくる渡辺直美さんの顔芸だったりコミカル風な演技もうすら寒かった。

 

ちなみに私は渡辺直美さんは芸人さんとしては好きです。

要潤さんも結構好き。

斉藤由貴さんもauのCM大好きです。

不倫とかもうそっとしておいてあげたらいいのに、と思います。

 

ですがほんとどこにも面白さを感じることが出来ず。

 

TBSの火曜10時は昨年末の逃げ恥以降も、カルテット、あなたのことはそれほど、と派手さはないけど良ドラマが続いていたので今回も楽しみにしていたのですが私には合いませんでした。

次のドラマに期待

10月から始まるこの枠の秋ドラマは「監獄のお姫様」。

主演が小泉今日子さん。

カルテットでいい味だしてた満島ひかりさん、ネットではやたら劣化したとか言われているけど個人的に今が一番好きな夏帆さんらも出演。

そして脚本は工藤官九郎さん。

第一話のあらすじが公式サイトに公開されています。

年の瀬も押し迫ったクリスマスイブ、カリスマ経済アナリストとして有名な 勝田千夏 (菅野美穂) とイケメン社長として人気を集める 板橋吾郎 (伊勢谷友介) は、テレビ番組にゲスト出演していた。

久しぶりに再会した千夏と吾郎は、何やら親密な様子。そんな中、収録中にADが出したカンペに “息子が誘拐された” と書いてあり驚く吾郎。実は、スタジオに入り込んだ 馬場カヨ (小泉今日子) がすり替えたものだった。
一体何が起こったのか !?

 

その後、朝から吾郎とその家族の動向を見張っていたカヨは、大門洋子 (坂井真紀)、足立明美 (森下愛子) と連絡を取り合って郊外のアウトレットへ向かった。

あることがきっかけで、吾郎の息子を誘拐しようとするカヨたちだが、洋子が違う子を連れてきてしまい大混乱。皆で計画を立てた復讐ノートを見て、どうにか立て直そうとするカヨたち。どうすればいいかわからず 若井ふたば (満島ひかり) に泣き付くが…。

http://www.tbs.co.jp/pripri-TBS/story/

いきなり面白そう!

皆で計画した誘拐で違う子連れて来るとかパンチきいてます。

クドカンさんなんでクスっと来る要素もあるでしょうし、今から楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ