海賊版被害9,348億円・どんな計算しているんだろうか

hatena

出版社や放送大手などでつくる「コンテンツ海外流通促進機構(CODA)」は31日、日本で制作された映画や音楽、漫画のコピーなどを海外で違法に販売する「海賊版」による被害が、2014年に総額約9300億円に上ったとする初の推計を公表した。

海賊版の実態把握は難しく、被害総額も不明だった。経済産業省が対策強化に向け、CODAに調査を委託していた。

CODAは加盟33社へのアンケートを基に、日本企業全体の被害総額を推計した。映画やアニメの放映料など、正規の流通ルートを通じた日本作品の14年の海外売上額は計3994億円だった。これに対し、動画共有サイトの再生数なども踏まえて推計した海賊版による売り上げ被害は9348億円で、正規の2倍以上だった。この結果、日本企業は2888億円の営業利益を失った計算になるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00050055-yom-bus_all

海賊版の被害が凄い、いくら以上、みたいなニュースは何度か見た事ありますが、毎回違和感を感じます。
被害額9300億円と計算しているみたいですが、海賊版が一切世に出回らなかったとしても、被害額の分全部売り上げに回るわけはないですからね。

動画サイトでの再生数まで踏まえてるみたいですけど、動画サイトで同じ動画10回見られたのをDVD10枚分として被害額換算してたりするんですかね?
これだけ被害額大きいんだから4K放送は録画できなくて当然、とかそんな話の持って生き方したいだけじゃないのかと思ってしまいます。

テレビの動画そのまま転載して広告乗せてお金稼ごうとしている場合はどんどん削除すればいいですけど、普通に乗せているだけなら良い宣伝になる場合も結構あると思います。

テレビで見かけて、アーティストやアイドルなど、ちょっと興味を持った程度の物には中々お金使わない人の方が多いでしょう。
動画サイトでいくつか動画見てファンになって、アルバムを購入したりライブに行ったりしている人も相当な数いると思います。

被害額計算するのなら宣伝効果も計算してみればいいと思うんですけどね。


前向きに活用する時代

もう動画とか音楽の海賊版に関しては撲滅とか、動画共有サイトである程度自由に視聴できるという環境を変えていくのは不可能に近いので、いい方向に利用する事を考えるべきでしょう。
そう考えるとCDではなく握手券売ると割り切っているAKBの秋元康とか商才凄いなぁと感心します。
私の友人は昔にAKBの動画見漁って本格的にファンになり、選挙で10万突っ込む立派な養分になっています。

動画見れなかったらあんなにお金使ってないでしょうからね…。
友人としては見れなかった方がよかったんじゃないかとも思いますけどね…。

何が言いたいかっていうと、本当にファンになったらちゃんとお金使うからYouTubeの動画削除しまくるのやめて下さいお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ