福島牝馬S・橘Sレース後コメント



re-sugo

4月23日(土)福島競馬場で福島牝馬Sが行われました。

勝ったのはなんと15番人気マコトブリジャール
2着に1番人気シャルール、3着にも人気薄の13番人気オツウが入り大波乱。

三連単735,970円なり!

ダーウィンの無念を晴らしてくれとウインリバティからちょこっと買っていましたが見せ場なく敗退。
まあしょうがないですね。

マコトブリジャールもオツウも全く頭に無かったです。

福島牝馬Sレース後コメント

1着 マコトブリジャール(北村友一騎手)
「逃げることにはこだわらず、馬のリズムを大事に乗ることを心がけました。自然と2番手につけて、いいリズムで運べました。ペースも考えていなくて、馬のリズムに任せていきました。4コーナーすぎから手応えもよく、脚もあったので粘ってくれるだろうと思っていました。東京でも今日のように落ち着きがあればいいと思います。久しぶりに重賞を勝ててよかったです」

2着 シャルール(松永幹夫調教師)
「前が残る流れで最後まで脚を使っています。次にはつながるレースでした」

3着 オツウ(加藤祥太騎手)
「逃げてほしいという指示でした。リラックスして、いいペースでした。よくがんばっています」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_8656.html

ローカル競馬場のせいか、なんだかとってもレース後コメントが少ないです。

他の騎手のコメント発表されれば追加したいと思います。
橘Sレース後コメント

同日京都競馬場で橘Sが行われました。

私の応援しているオデュッセウスが3番人気で優勝。
2着には1番人気キアロスクーロ、3着には2番人気シゲルノコギリザメと人気サイドでの決着。

折り合いに難のある馬なのですが、好スタート切ってすっと後ろに下げ危なげない差し切り勝ち。
早い流れになって展開もはまりました。

折り合いさえちゃんとつけばマイルカップでも面白い馬じゃないかと思っています。

ルメールが今度こそは自分で流れつくっていくと思うのでそこそこ流れるんじゃないかとみています。
マイルは長そうですが期待しています。

レース後のコメント

1着 オデュッセウス(福永祐一騎手)
「折り合いだけがカギだと思っていました。今まで乗ってきたジョッキーが控える競馬を教えてきた成果が出ました。流れも速かったですし、いいときに乗せてもらいました」

2着 キアロスクーロ(武豊騎手)
「ゲートの中でイレ込んでいて、半歩遅れてしまいました。痛かったです。勝ち馬にポジションをとられてしまいました。最後まで追いつきませんでした」

3着 シゲルノコギリザメ(太宰啓介騎手)
「ハナに立ったらハミが抜けたのですが、前半はもう少しハミが抜ければよかったです。直線では右に向くところがあるので、そこがもう少しよくなるといいですね」

4着 ラズールリッキー(四位洋文騎手)
「単騎で行けば引っかかったでしょうし、太宰騎手の馬も行きましたので、下げることにしました。最後は伸びていますが、1200mの方がいいかもしれません」

7着 レーヴムーン(池添謙一騎手)
「ゲートの中で2回立ち上がって、イヤイヤをしてしまい、遅れました。ペースが速かったので、ハマるかなと思いましたが、流れに乗れませんでした」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_8654.html

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ