平成最後のダービーで福永騎手が悲願達成!ワグネリアンがダービー制覇!

平成最後のダービーで福永騎手が初制覇!

19度目の挑戦で悲願のダービージョッキーの仲間入りを果たしました。

 

スポンサーリンク

17番枠から見事な騎乗

コース替わりがある事もあり、とにかく内枠が強い事で有名なダービー。

1枠1番の勝率の高さは特筆モノです。

ワグネリアンは17番枠。

正直私は枠順見て完全に消してしまいました。

 

これまで末脚を活かすレースしかしてこなかったワグネリアンですが、ダービーでは好スタートを決め好位をキープ。

すっと先団に取りつき、外枠の不利を克服。

まさか福永騎手がこんな思い切ったレースすると思ってませんでした。

福永騎手の騎乗も素晴らしかったですし、それにこたえるように調教してきた友道厩舎も流石。

そして悲願だなんだと言われている人が多い中、馬主の金子さんはこれが4回目のダービー制覇。

父も母父も母母も全部金子さんの所有馬。

リアルでウイニングポストやってますね。

 

マカヒキの時の川田ジョッキーもそうですが、ダービー勝つには思い切ったレースしないとダメなんですね。

そういえば去年のルメールも思い切った乗り方でした。

今年のテーマは悲願達成?

今年のGⅠは何やら久々だったり初モノだったり、印象に残るGⅠ制覇が多いような気がします。

  • フェブラリーステークスでは内田騎手が4年ぶりの勝利。
  • 春の天皇賞ではレインボーラインが初制覇、岩田騎手は3年ぶり。
  • NHKマイルカップは藤岡佑騎手が15年目にして初のGⅠ優勝。

そしてダービーで福永騎手が悲願のダービージョッキーに。

 

この感じだとそろそろ和田騎手がGⅠ勝ちそうですが果たして。

安田記念ではレーヌミノルに騎乗予定。

天国にいってしまったテイエムオペラオーにいい報告出来るといいですね。

ダービーのレベル自体は微妙?

福永騎手の悲願達成で幕を閉じた今年の日本ダービー。

勝ち時計は2:23:6。

同日の古馬1000万下が2:22.9。

時計がそのままレベルを反映しているとは言いませんが、ちょっと物足りない感じもしました。

上位人気総崩れですし、秋のクラシック戦線はどうなるかわかりませんね。

 

ダノンプレミアムはもう2400m走る事は無さそう。

ワグネリアンもベストは2000mくらいかと思いますし、秋は天皇賞目標になるかも。

 

一番強い競馬したのは前残りの展開、馬場で唯一追い込んできたエタリオウかと。

グレイルやブラストワンピースも菊花賞で面白そう。

来週からは新馬戦

ダービーが終了し、今週からは早くも新馬戦スタート。

最近は有力馬のデビューが早くなってますし、来年のダービー馬が走ってるかも。

 

毎年ダービー終わると何だか一段落した気になりますが、すぐさま安田記念がやってきます。

今年の安田記念はスワーヴリチャードの参戦で穴党には楽しみな一戦に。

 

今年の馬券成績ズタボロなんでそろそろ当たって!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ