2016阪神牝馬Sレース後コメント

レース後コメント

4月9日(土)に開催された阪神牝馬Sは2番人気のスマートレイアーが途中から先頭に立ってそのまま押し切って優勝。

2着には1番人気ミッキークイーン、3着には5番人気ウインプリメーラが入りました。

スマートレイアーは東京新聞杯に続いての重賞連勝。
2年前の同レース(当時は阪神1400m)をシンガリ待機からの上がり33.3の剛脚で制したと思えば今年は逃げ切って優勝
こんな見事に脚質転換する馬もなかなか珍しいですね。

ミッキークイーンはマイルがどうかと思われていましたが、前残りの展開で惜しい2着
直線どこに出すかと思って見ていましたが前空いてエンジンかかってからの脚は流石でしたね。

中距離よりの馬でもいい結果出やすい東京マイルの方がレースしやすいでしょうし、1つ叩いた上積みもあるでしょうしヴィクトリアマイルに向けて視界良好といったところでしょうか。

ウインプリメーラは金杯優勝、京都牝馬S、阪神牝馬Sと連続3着。
6歳馬ですがここに来て本格化といったところでしょうか。

カフェブリリアントは休み明けを考えると十分なレース。
全6勝中5勝を左回りで上げている馬ですので、ヴィクトリアマイルも面白い存在だと思います。
個人的に本番要注目はこの馬

阪神牝馬Sレース後コメント

1着 スマートレイアー(M.デムーロ騎手)
「今はとにかく元気、状態がいいのでしょう。今日はいいスタートから、ラストまで頑張って伸びています。昨年は騎乗停止でエリザベス女王杯に乗れませんでしたから、今年は頑張りたいですね」

「強かった。昨年の府中牝馬Sは2着で残念だったが、そのときよりスタートが良くなっていた。今日は最後までよく伸びたし、次のG1(ヴィクトリアマイル)に向けて頑張りたい。桜花賞は一番勝ちたいレースだし、あすも頑張る」

2着 ミッキークイーン(ルメール騎手)
「この距離は忙しいですね。反応まで時間が掛かりました。でもそこからは本当に素晴らしい脚。これを使って良くなってきそうです」

3着 ウインプリメーラ(川田騎手)
「直線、狭くなる場面がありましたが、気持ちを切らさず走ってくれたことは収穫です」

4着 カフェブリリアント(福永騎手)
「いい位置で流れに乗ってレースが出来ました。右へのモタれは許容範囲、直線はまっすぐ走っていました。右回りでこれだけうまくレースをしましたから、左回りならもっと楽にレースが出来るでしょう」

5着 ココロノアイ(武豊騎手)
「少し力んで走る馬で、ちょっと引っ掛かりましたね。それでも最後は止まっていませんが…。次はもっと良くなるでしょう」

6着 ペルフィカ(藤岡佑騎手)
「じっくり乗って終いの脚を生かすレースをしました。乗りやすい馬ですが、1400mの方が切れそうです。この条件でも力差はないと思います」

7着 ダンツキャンサー(和田騎手)
「内枠でしたから展開が楽でした。もう少し短い距離の方がいいかもしれませんが、よく頑張って走っています」

8着 アンドリエッテ(藤岡康騎手)
「スタートで後肢(トモ)がついてこない感じ。脚を使ってくれましたが、最後はジリジリという感じでした」

9着 ストレイトガール(戸崎騎手)
「リズム良く運べましたが、久々の分でしょう。巻き返したいですね」

(藤原英昭調教師)
「もう少し走れるはずの馬なのですが…。今日は前残りのレースでしたし、休み明けでしたからね。今後はヴィクトリアマイルへ向けてどう調整していくかですね」

10着 アイライン(松山騎手)
「スタートが決まり、いいポジションで運べました。これからの馬ですね」

11着 ダンスアミーガ(池添騎手)
「2番手で運べましたが、4角でいっぱいに。まだ良化途上のようですね」

12着 レッドリヴェール(菱田騎手)
「ゲートの中でうしろを蹴っている時にスタート。出遅れが致命的でした」

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ