阪神大賞典2016レース後コメント

レース後コメントスローガン

3月20日行われた阪神大賞典は二転三転した結果1番人気に推されたシュヴァルグランが優勝。
2着には4番人気のタンタアレグリア、3着に3番人気のアドマイヤデウス。

2番人気のトーホウジャッカルは7着。
4コーナー回ってる時点で既に手応えがありませんでした。

+18キロでしたし、直前強い調教していなかった影響でしょうか。
実力はある馬だと思うので、天皇賞春での巻き返しに期待します。

菊花賞の2着3着が昨年の有馬記念の1着2着ですからね。

タンタアレグリアも本格化してきたかと思います。
長距離戦での蛯名騎手も頼りになりますね。

シュヴァルグランは強い勝ち方でしたね。
ハーツクライ産駒らしく3歳の秋からメキメキと力をつけている感じがします。

ヴィクトリアマイル連覇のヴィルシーナの弟という良血馬。
大魔神ウハウハやで!

2016阪神大賞典レース後コメント

1着 シュヴァルグラン(福永祐一騎手)
「中間にゲート練習を入念におこなって、スタートは五分に出てくれました。もう少し前のポジションも考えていたのですが、思ったよりペースが速く流れていたので、やや後ろの位置になりました。2着馬を前に見てレースを進めましたが、動く気配がなかったので、先に強気に動いていきました。折り合いもついて、しっかり伸びてくれましたし、長距離の適性の高さもわかりました。収穫の多いレースでした」

(友道康夫調教師)
「前回は少し太め残りでしたが、今回は体が絞れてシャープになっていました。道中は無駄な動きをしない馬で、長い距離も大丈夫と思っていましたが、いい内容で強いレースでした。昨年の夏ごろからだんだん馬がよくなってきて、まだ発展途上ではありますが、いい感じで本番へ向かえそうです」

2着 タンタアレグリア(蛯名正義騎手)
「だいぶレースが上手になってきて、まだまだ幼いところはありますが、いい形でレースができていました。今日のところは勝ち馬が一枚上でした」

3着 アドマイヤデウス(岩田康誠騎手)
「一度詰まるところがありましたが、3着までよく伸びてくれました。1周目の3~4コーナー以降はスムーズに運べました。しかし、2周目の4コーナーが綺麗にいきませんでした」

4着 タマモベストプレイ(D.バルジュー騎手)
「瞬発力はあまりないタイプの馬なので、前々でレースをしました。今日はイーブンペースにうまくついていって、最後もジワジワ伸びてくれました。この馬に今日のペースが合っていました」

5着 マイネルメダリスト(和田竜二騎手)
「この馬場でも走れていますし、体調は戻ってきているようです」

6着 カレンミロティック(秋山真一郎騎手)
「スローペースになると切れ負けするので、ある程度流していこうと思っていました。このレースを叩いてよくなると思います」

7着 トーホウジャッカル(M.デムーロ騎手)
「久しぶりのレースでしたから、最後にバテた形です。でも、走りは悪くありませんでした。力のある馬だと思います。良馬場の方が力を出せる馬だと思います」

8着 カムフィー(川田将雅騎手)
「スムーズに勝ち馬の後ろで運べましたが、3コーナーからついていけませんでした」

9着 アドマイヤフライト(藤岡佑介騎手)
「折り合いをつけて、最後に賭けようと思っていました。それでも最後はバッタリ止まっていました。今日のようにスタミナ比べになると厳しいですね」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_8380.html

 

↓ポチっとしてくれると私が喜びます↓

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ