ワンピースフィルムゴールド映画ネタバレ感想



ワンピースフィルムゴールド2016年7月23日より全国の映画館で公開されました。

さっそく見てきました。

レビュー、というより感想や、ストーリーあらすじネタバレもがっつり書いていますので、これから見る予定の方はご注意を。

映画館に見に行くとワンピース777巻トランプが貰えました。

ワンピース777巻 トランプ

777巻には映画用の設定画やテゾーロの人生の設定などが。

トランプはこんな感じ。

ワンピースフィルムゴールド トランプ

 

 

 

 

ワンピースフィルムゴールドあらすじ

舞台はグランテゾーロに入るところからスタート。

グランテゾーロではギルドテゾーロやカリーナ達がショーを行っている。

グランテゾーロは全長10kmにもわたるもはや島の様な巨大な船
船の先頭を巨大な亀2匹で引いており、海流に左右されずに移動できる。

世界政府からも国として認められている。

金粉が降り注ぐ入口

そこに到着する麦わらの一味。

ドデカイ入口を通り中にある港に向かう。

入口に入った瞬間から金粉が降り注ぐグランテゾーロ。

 

港についた一味を迎えるバカラ。

VIP専用のコンシェルジュであるバカラに街を案内してもらう一味。
あちこちが金で出来ている為、ナミの泥棒心がうずいてしまうが、街中に映像電伝虫が配置されており、泥棒は難しい。

街には、海軍も在留。しかしグランテゾーロ内で海賊を取り締まることはないという政府の公認。

カジノのホテルには天竜人も泊まっている。

 

カジノで絶好調のルフィだが…

カジノにつき、バカラから2,000万ベリー分のチップを借りる一味。

額に驚くが、「勝って返してくれればいい」とバカラ。

勢いよくギャンブルに挑戦し、とんとん拍子に勝っていくルフィ。

ある程度勝ったところで、さらにレートの高いVIPゾーンに通される一味。

そこはシンプルな丁半(サイコロ2個ふって偶数か奇数か賭けるやつ)が行われていた。

レートば非常に高く、ここでバカラから3億ベリー分のチップを借りる事に。

戸惑う一同を背にいきなり全額ブチ込むルフィ。

 

結果は見事的中。

そこに現れるギルド・テゾーロ。

大勝負をしないか、と持ちかけ、ルフィが当てれば掛け金の10倍を払うと約束。

「もちろん負けても10倍よこせ、なんてことは言わない」とテゾーロ。

ルフィが持ち金全額を半にかける。

するとサイコロを振る時に手袋を外したバカラがルフィの方をタッチ。

結果は長。

バカラは触れた相手の運気を吸い取るラキラキの実の能力者。

勝った分すべてすった上に、貸した3億2,000万ベリー返せと言われる一味。

こんなインチキされて払うワケないだろうと立ち向かうルフィ達だが、ルフィは触られて運気が下がっており、極度の腹痛に襲われて動けず。

バカラの簡単な色仕掛けにかかったサンジもバナナの皮で足滑らして戦力にならず

 

ゴルゴルの実の能力

俺がやろう、とゾロがテゾーロに向かいますが、全身を金で覆われ身動きできなくなるゾロ。

テゾーロは、ゴルゴルの実の能力で一度触った金を自在に操ることが出来る。

グランテゾーロの入り口で降っていた金粉が体に染みついており、その金粉が全身を固めてしまう。

降っていた金粉はあらかじめテゾーロが力を込めておいたもの。

テゾーロが言う。

「貸した金を返してもらおうか。こいつの懸賞金で」

ルフィ達が借りたチップは総額3億2,000万ベリー。ゾロの懸賞金は3億2,000万ベリー。

最初からこれが狙いだったテゾーロ。

その場は劣勢の為、お金を用意すると言うナミ。

用意できなければゾロは公開処刑。

タイムリミットは翌日の12時。

カリーナと手を組み作戦決行

一旦その場を離れ、作戦を練ろうとする一味の前にカリーナが現れる。

カリーナはナミと知り合い。

昔マッドトレジャーのお宝を奪おうとした時にカチあい、カリーナはナミを囮に逃げ出した過去がある。
回想でちょっとだけマッドトレジャーも登場。ちゃんと特別出演で小栗旬さんが声優やってました。

そのカリーナから一緒にテゾーロのお金を奪おうと持ちかけられる。

テゾーロのカジノの最上階近くに5,000億ベリー保管してある金庫があり、カリーナはテゾーロの目を盗んで金庫の鍵を複製していた。

手を組むカリーナと麦わらの一味。

 

ルフィ、フランキーとその他の2組にわかれて作戦決行。

ルフィとフランキーは外壁をよじ登り、大時計から内部に侵入、映像電伝虫を止める作戦。

途中すべって落ちたりまた上がったり、を繰り返していた時に、レストランで食事している人達のシーンがあるのですが、アブサロムいました。
他にも隠しキャラみたいなの結構いるみたいです。ワンゼとか。

パンダマンとかヘラクレスンとかもいるそうですけど全くわかりませんでした。
茶トン(トキカケ)とか桃うさぎとか単行本のSBSで登場した人物も登場。凝ってる。

 

ナミやカリーナ組は内部から金庫を目指す。

その途中の映像電伝虫をルフィ達が止める感じ。

 

ルフィ達はホスト映像電伝虫(大きいおじいちゃん電伝虫)の元に到着、妨害電波を出す白電伝虫をこっそり取りつけて任務成功、のハズがルフィがあっさり敵に見つかる

警報が鳴り響き、そこにギルド・テゾーロが現れる。

ルフィは両手を金で固められ、フランキーと共にギルドテゾーロ地下まで落下させられる。

地下は金の砂漠

ギルドテゾーロの地下は、黄金で出来た建物が並ぶ砂漠の様な場所。
ギャンブルで負けた人間が落とされ、その家族が上で働かされるという仕組み。

金は溢れるほどあるが、食べものや水がなく返済出来なかった人間は死を待つのみといった状況。

お金に目が眩んだ人間が金に囲まれて死んでいく、というテゾーロの目的。趣味悪い。
ギャンブルに負けた人の子供が花を売りに来るシーンなどもあり、表と裏の感じはドレスローザっぽい

 

そこでルフィ達は伝説のギャンブラー、レイズマックスと出会う。

レイズは負けたことがないギャンブラーで今は革命軍に入っているが、グランテゾーロで初めてギャンブルに負けて地下に落とされていた。

超足が短くて進むのに時間がかかる人。

 

レイズから、テゾーロ対策を聞く。

テゾーロが触った金は、海水で洗い流す事が可能。

ここからさらに下にある海水の浄化施設まで行き、海水を浴びれば固められることなく戦えると言われ、地下の地下を目指す。

 

その頃ナミ達は、ルフィ達が作戦に失敗したため一度はその場から逃げるが、今度は天竜人に変装して金庫を目指す。

目から赤外線レーザー出している赤目フクロウのトラップなどをかいくぐり、金庫の前まで到着。

赤目フクロウの目から出るレーザーが生き物にあたると、赤目フクロウが反応して大声で鳴く。

みんな間一髪レーザーを交わすも、変装のせいで走りにくくなっているブルックがレーザーに当たってしまう

でも鳴かないフクロウ。

生き物じゃないと判定

この赤目フクロウの声優がコロッケさんでした。

いよいよ金庫に到着…?

金庫の前に到着し、カギで扉をあけるとそこはギルド・テゾーロがいるステージ。

カリーナはナミ達をだましていた。

ルフィ達の行動は全て監視されており、どこまで金庫に近づけるかの賭け対象となっていた。

 

ルフィとフランキーは海水の浄化施設に到着、金粉を洗い流すことに成功。

しかし洗い流している時にその場所の扉が全て閉まり、閉じ込められてしまう。

海水が流れ込んできて水責めみたいになる。

 

ナミ達もゴルゴルの金の触手みたいなものに巻かれて万事休す。

毎回ショーの最後に建物の上から噴出してグランテゾーロ全体に降り注ぐ、金の水が勢いよく噴き出す。

ところが突然その金の水が海水に変わる

海水が島全体に降り注ぎ、住人の金粉が洗い流され、自由の身に。

 

カリーナはナミ達を裏切ったのではなく、テゾーロを裏切っていた。

ナミ達と結託し、元々海水を街中、島中に降らせることが目的。

吹き出す海水に交じってルフィとフランキーもステージに到着。

フランキーは最初から海水の管と金の水の管を付け替えることが目的。

ルフィは何も知らされていなかった

 

 

ここから最終バトル。

テゾーロ一味は全員テゾーロが作った金のバトルスーツきてパワーアップ。

ウソップ、チョッパー、ブルックがバカラを

サンジ、ロビンがタナカさんを

ゾロがダイスを撃破。

 

テゾーロは金で出来た巨大テゾーロ型ロボットに乗り込みルフィと戦う。

お腹あたりに操縦席がある。

ルフィがギア4を出して撃破。

ところどころテゾーロの回想入りましたが、テゾーロも色々と可哀想な過去があったようです。

天竜人の奴隷だった過去があるテゾーロ、背中に押された焼印は大きな星のマークで隠しています。

指には金の指輪をはめていますが、左手の薬指にだけは何もしていません
理由は一切あかされていませんが、過去に愛したステラの事があるのではないでしょうか。

 

 

このバトルの最中で、天竜人の護衛でやってきたCP0が一般人などお構いなしに砲弾をグランテゾーロに打ち込む。

それを止めに革命軍登場。

ここでサボとルッチのバトル。

サボはメラメラの能力全開、ルッチも豹形体で応戦

拳がぶつかるシーンでルッチの手黒くなっていたように見えたので、覇気は使える様になったみたいです。

ただこのバトルは少しで終了。

 

 

テゾーロがぶっとばされて海軍の船に落下。

身柄を拘束されるテゾーロ。

と同時に島では謎のカウントダウンスタート。

カリーナがテゾーロが船を沈めるつもりだからみんな逃げて!と。

私は船を少しでも遠ざける、といいグランテゾーロに残る。
一味はサニー号に戻る。

100から始まったカウントダウンが0になると、打ちあがる花火。

船を沈める、というのはカリーナの嘘で、カリーナはグランテゾーロごと黄金を盗んでいくのでした。

カリーナは昔ナミを囮に逃げたのですが、本当はナミを救う為に裏切る芝居を打っていた。

ナミもそれに気づいていた。

 

海軍から麦わらの一味が逃げる所で終了。

 

フィルムゴールド芸能人声優

毎度毎度物議をかもすことの多い芸能人の声優起用。
今回も芸能人の方が起用されています。

カリーナ:満島ひかり

タナカさん:濱田岳

ダイス:ケンドーコバヤシ

バカラ:菜々緒

レイズマックス:北大路欣也

 

天竜人・カマエル聖:三村マサカズ

ケント・ビーフJr(カメ車レース):古田新太

赤目フクロウ:コロッケ

ジミー・マイヤーズ(カメ車レース):コロッケ

モーキン(ロングロング海賊団):ナダル

ダブルダウン(酒場の店主):竹中直人

ホワイトジャック(カメ車レース)竹中直人

アルバ(ゴルフ場のキャディ):西野七瀬(乃木坂46)

 

と結構たくさん出演されています。ちょい役みたいな人も多いですけど。
あんまり事前情報を入れずに見に行ったので、ちょい役の人たちはほぼわかりませんでした。

というか声聞いてすぐわかったのがダブルダウンの竹中直人さんくらい。

ゴルフ場のキャディとかどこで出てきたのかすら覚えてねえ…。

 

ちょい役で芸能人使うのは面白いと思いますが、主要人物に芸能人起用する場合は、しっかり技術的な物を判断材料にしてほしいですね。

 

テゾーロの過去

テゾーロは辛い過去を経て現在の金満で嫌な奴になってしまったようです。

映画館でもらえる777巻に尾田さん本人が色々と書いてます。

丁寧な絵コンテみたいな感じですが中々面白い。

 

  • チンピラやっている時にヒューマンショップで売られているステラに恋をする
  • ステラを買い取ろうと決意
  • ステラが悪事を嫌うため、真面目に3年間働く
  • もう少しで買える金額が貯まるところで天竜人がステラを買ってしまう
  • 激高したテゾーロは天竜人に襲い掛かり、囚われ奴隷にされる
  • フィッシャータイガーの奴隷解放事件で脱走
  • 何年かしてステラが死んだことを知る
  • 金が無かったから彼女を救えなかった、と思い金への執着が強くなる
  • ドフラミンゴがオークションに出したゴルゴルの実を色々やって強奪
  • ゴルゴルの実の能力で名を上げる
  • ドフラミンゴから狙われるけどその頃には強くなっている
  • ドフラミンゴは恨みを晴らすのをやめ、商売仲間として利用することに
  • そのドフラミンゴからのつながりで政府とのパイプをつくる
  • グランテゾーロのカジノで金を失い転落していく人の顔こそが俺にとってのショーだ!
  • そのショーの名は「GOLD STELLA SHOW」(ゴールドステラショー)

 

等々。

フィルムゴールド感想

全体的に非常によく出来ていたと思います。面白かった。

やっぱり原作者が力入れると劇場版でも面白くなりますね。

これで尾田さんが直接かかわった劇場版は3作目ですが、個人的には一番面白かったかもしれません。

前日譚のアニメ「ハートオブゴールド」では芸能人声優がひどいありさまでしたが、映画は問題なかったように思います。
ちょっとカリーナ役の満島ひかりさんが気になる時はありましたけど、それでも文句言いたくなるようなものでは無かったです。

ケンコバさんと濱田岳さん、菜々緒さんは役柄もあるんでしょうけど良かったんじゃないかと。
もしかしたらハートオブゴールドのオルガとアシエで物凄くハードルが下がっているだけかもしれませんが。

 

エンディングはただスタッフロール流れるだけでちょっとがっかり。

スタッフロール終わってから何もなかったのもちょっとがっかり。

 

エンディングはちょっとさみしいものがありましたけど、トータルで非常に楽しめました。

映画も無事に公開されたことですし、出来れば漫画の方を休載少な目で書いていってほしいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ