フィリーズレビュー2016レース後コメント

re-sugo

桜花賞トライアルフィリーズレビューは8番人気の伏兵ソルヴェイグが優勝。
2着に1番人気アットザシーサイド、3着に2番人気ゴールデンバローズ。

抽選を突破しての出走だったソルヴェイグが見事な勝利。
川田騎手は前日の中日新聞杯に続いて2日連続での重賞制覇となりました。

皐月賞でマカヒキの鞍上に決まったことといい上り調子ですね。

デムーロ効果もあって3番人気に推されたナタリーバローズは16着。
現状とりあえずデムーロとルメールは抑えておかないと怖いのが困りますね。

個人的に注目していたダイアナヘイローは4着。
昼ごろだったと思うのですが、一瞬1番人気になってて驚きました200万円ほど単勝にぶちこんだ方がいるとかいないとか…。

ポジションどり上手くいかずに後方からよく伸びてまいましたが権利は取れず。
キングヘイロー×グラスワンダーという渋い配合なんで頑張って欲しいです。

関西での競馬中継は競馬BEATという番組なんですが、鈴木由希子さんという競馬エイトの記者さんのパドック解説のコーナーがあります。
関西のメインレースのパドックを見てよく見えた馬の上位3頭を発表、あとはスタジオにいる方の本命馬のデキを聞く、というようなコーナーです。

今日のそのコーナーでの馬体診断の1位がソーディヴァインでした。
今までダートしか走ったことのない馬だったのでスタジオがざわめきましたが、勝ち馬からコンマ4秒差の5着

「ダート馬の固さは感じない、芝でもいける」的なコメントされてましたが、見る人が見るとわかるんですね。

ちょっと感動しました。

ちなみに、鈴木さんの阪神JFの時の馬体診断の1位はクードラパンでした。

フィリーズレビュー2016レース後コメント

1着 ソルヴェイグ(川田将雅騎手)
「新馬のときから、この馬のよさはわかっていました。いい結果を出せてよかったです。今日はいい枠が当たりましたし、人気馬(キャンディバローズ)を見ながら、直線で差し切れればと思っていました。本当にいい内容で勝ってくれました。抜け出してから少し戸惑っていましたが、追うとまた伸びてくれましたし、つかまることはないと思っていました」

(鮫島一歩調教師)
「内枠で良馬場、ジョッキーもいい感じで乗ってくれました。GIに出したいと思っていた馬で、勝ったのですから、最高の形で桜花賞に向かえます。今日の折り合いを見ると、距離は大丈夫だと思います」

2着 アットザシーサイド(福永祐一騎手)
「スタートはよかったのですが、忙しく感じました。さばくのに手こずりましたが、最後はいい脚でした。もっと長い距離に適性を感じましたし、次が楽しみになる内容でした」

3着 キャンディバローズ(武豊騎手)
「スタートもよかったですし、無理に抑えるよりはと思いました。楽なペースで行けましたし、押し切れると思いましたが……。惜しかったです」

4着 ダイアナヘイロー(国分優作騎手)
「思ったより、ゲートを出なかったので、リズム重視でためる形で乗りました。最後は外へ出し、ふくれてしまいましたが、よく伸びていました。もう少しうまく乗れていれば権利をとれたのですが、申し訳なかったです」

5着 ソーディヴァイン(佐藤友則騎手)
「がんばってくれました。3コーナー手前で少し行きたがっていたので、そこで我慢させられればもう少し粘れたかもしれません。何とか権利をとりたかったのですが」

8着 メイショウスイヅキ(池添謙一騎手)
「ちょっとハミを引っ張ると、頭を上げようとしていました。何とか馬の後ろで我慢させましたが、この枠では厳しいです」

16着 ナタリーバローズ(M.デムーロ騎手)
「3コーナーで他の馬とぶつかって、テンションが上がってしまいました。もっと走る馬ですが……」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_8322.html

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ