イースターって何ぞ!?月曜から夜更かし



テレビ感想文

月曜から夜更かしでやってたのですが、ハロウィーンの次はイースターを流行らせようとする動きがあるようです。

そのうちイースターの日に街で騒ぎ散らすんですかね…。
大阪に住んでいるのであまりハロウィーンの被害は蒙っていませんが、テレビやネットで見ている分にはなかなか鬱陶しいですねあれ。

終わった後のゴミとか凄いらしいですね。
ワールドカップとかだと終わった後ゴミ拾いするのに国内だとまき散らす変わった国民性

大阪弁だとええかっこうしい、みたいなことなんですかね。

マツコさんと村上さんはイースターで騒ぐの阻止するぞ!と息巻いておられました。
応援しています。

ちなみに私、無知で恥ずかしいのですがイースターってのを初めて耳にしました。
月曜から夜更かしの番組内でちらっと説明していましたがよくわからなかったので調べてみました。

イースターってなんぞ

イースターというのは、キリスト教にとって最も大切な日だそうです。
直訳すると「復活祭」。

クリスマスと同じく、キリスト教の信者はイースターの日にはお家でごちそうを食べます。
日本ではカップルのイベントとして定着していますが、他の国ではお家でゆっくり過ごすものの様です。

おもにイースターで食べられるのは卵料理。ゆで卵が出てくることも。

これは、キリスト教において卵が、生命の誕生を意味する重要なものとされているからです。

凄く重要なものとして位置付けているのにイースターの日には子供たちは卵を使った遊びをするのが一般的。
エッグハントやエッグロールと呼ばれる遊びで、エッグハントは家の中に隠した卵を探し当てる遊び。

むかーしやっていたダウンタウンの番組、「人気者で行こう!」で素人さんが自分の家に100万円隠してそれをココリコさんとか元警察の人とかが探すコーナーを思い出しました。

どうでもいいですね。

エッグロールはスプーンに乗せた卵を割らずに早く運べるか、という遊び。
運動会でお玉にテニスボールいれて運ぶあれみたいなもんですね。

このあたりに文化の違いを感じまず。
日本だと大事なもの(しかも食べ物)で遊んじゃダメ!ってなりそうですよね。

イースターっていつ?

イースターはクリスマスやハロウィーンと違い、開催日が毎年変わります

「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と定められている為、毎年多少日付がかわります
ただ、この決め方だと時差があるので場所によって春分の日にズレが出てくるため、春分の日は3月21日と固定するものとされています。

どのみちややこしい。

2016年は3月27日。
ちなみに2017年は4月16日、2018年は4月1日、2019年は4月21日ともう決まっています。

春分の日固定するなら、もうイースターの日も固定してしまえばいいのにね。

これは日本で流行るのでしょうか。
広告代理店はそのうち猛プッシュし始めそうですけど、相当頑張って毎年告知しないとみんなピンと来ない気がしますね。

クリスマス=カップルorリア充の日
ハロウィーン=仮装してバカ騒ぎ

みたいに騒ぐバカにもわかりやすいイメージ付ける必要がありますよね。

イースター=卵パーティ

ではちょっと弱いですよねー。
彼女いない人はクリスマスをネタにすることが出来ますが、卵アレルギーの人とかネタにしづらそう。

ハロウィーンとか仮装して騒いで収穫無く帰って来たらとんでもなく虚しくなりそうですけどどうなんですかね。

基本的にああいうバカ騒ぎは好きではありませんが、あんだけ外でワイワイ出来る日本ってのは平和な国なんだな、と実感出来るという点ではいいイベントかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ